Loading Icon Black

エジプトのオゾンチーム

2018年4月にオゾンチームのパイロットや友人がギザの大ピラミッドを飛び回るためにエジプトを初めて訪れました。

その3年後、2021年12月にそのチームはエジプトに戻り、10日間にわたって、紅海、ルクソールそしてギザの大ピラミッドを飛行するという並外れた冒険をしました。

このイベントはエジプトスカイスポーツーエジプトのオゾンパワーの代理店により企画されました。最初に訪れた場所は、新しく建設された町エルガララの近くの紅海でした。そこではパイロットらは海辺に沿ってフライトし、海抜850mにある新しくかつ建設中のパラグライディング用テイクオフを訪れました。この場所は確実に大きなポテンシャルがあります!

次の場所は有名なルクソールでした。カルナック神殿とルクソールの寺院群の遺跡が近代都市内にあるため、”世界最大の野外博物館”としばしば呼ばれています。ナイル川の対岸には、王家の谷と王妃の谷の寺院や墓があります。3日間にわたってパイロットらはこれらすべての古代遺跡の上をフライトすることができました。

エミリア曰く:「毎年、世界中から何千人ものツーリストがこれらの遺跡を訪れるためにやってきます。私たちはそれらの上空を飛行するという素晴らしい機会を得ることができました!」

リア曰く:「見るべき最も美しい景色。私にとってはあまり知られていませんでしたが、ルクソールの街を飛び越えて寺院に行き、”スフィンクス通り”に沿ってカルナックに飛ぶことができました。」

ジョンソン:「これは正直なところ、エジプトツアーでの私のお気に入りの瞬間の1つでした。ピラミッドも寺院も、考古学に満ちた谷もありません。ルクソール近くのナイル川の岸部に沿ってクルーズしただけでした。その朝はかすんで霧がかかっていましたが、ちょっと見渡してみると建築物が私が育ったところとは全く異なっている大都市の間近を飛んでいることに気が付きました!」

次なる停車駅は―有名なギザの大ピラミッド群で、パイロットらは3日間にわたってフライトしました。気象条件は少し風が強かったですが、私たちはほとんど1日中飛ぶことができました。

マティアス曰く:「パラモーターで飛びながら多くを見ることができる、このような素晴らしい旅は貴重です、ピラミッドは信じられないほどです!それらの上空を飛ぶまではその大きさがどれだけのものであるかは分かりません。」

この3日間のハイライトは、間違いなくピラミッドの間近を夜に飛ぶことでした。

エミリア曰く:「私たちはギザのピラミッドを夜に飛んだ初めてのパイロットです。どれほどエキサイティングで特別な感覚であったかは言葉では表現できません。カイロの街の明かりを背景に、ライトアップされた巨大なピラミッド群を見ると、息を呑むような信じられないほど美しい光景です。」

このような素晴らしいイベントを企画してくれたエジプトスカイスポーツ、そしてあなた方のおもてなし全てと、それを実現するために払った特別な努力に感謝します!

オゾンチーム全員から感謝!

19-_MAT5613
316-_MAT7031
421-_MAT7936
713-_MAT9155
580-_MAT8754
563-_MAT8611

新しいトライオックス2

私たちは誇りをもって新しいトライオックス2を紹介いたします!

トライオックス2はオゾンの中で、特にトライク専用として完成されたものです。ソロおよびタンデム両用のトライクグライダーで、簡単なテイクオフと飛行特性のおかげでリクレーションからプロのパイロットまでの幅広いパイロットに適しています。

新しいトライオックス2の最も重要な機能は:
– 簡単で漸進的なテイクオフ
– 拡張されたトリムレンジによる高速で効率の良い巡航速度
– @5.25Gで625kg、@8Gで410kgまでの荷重試験
– ウイングレットとリフレックス翼型による驚くほどの安定性
– 素晴らしいハンドリングを提供するダブルティップステアリング

新しいトライックス2にオゾンはウイングレットを取り入れています。ウイングレットはロール安定を大幅に向上しスパイラル挙動も向上させます。グライダーの特性はしばしば対立する要素があり、最良の結果を達成するために妥協を余儀なくされていますが、ウイングレットを使用することで妥協を避け、”両方の長所”を提供しますー悪い結果を出さずにロール安定を向上させます。トライクの種類、形状、推力、馬力にかかわらず、トライオックスのロールは常に安定しています!

トライオックス2に関する詳細はここで。

オゾンパイロットがイタリア選手権で勝利!

イタリアのサンパオロディジェシ近くの小さな飛行場で最近開催されたパラモーターイタリア選手権に12人のパイロットが参加しました。受賞者の皆さんを祝福します!イタリアのトップパイロットらが伝統的大会にオゾングライダーを選択してくれたことを大変うれしく思います。

1位 パスクアレ・ビオンド – ヴァイパー4 

2位 サンドロ・パセリ  – ヴァイパー4 

3位 ラファエル・ベネッティ – ヴァイパー5 

4位 ジアンルカ・カステルッチ – スピードスター3 

次のブラジルで開催されるパラモーター世界選手権でイタリアチームが新しいヴァイパー5に乗るのを楽しみにしています。

オゾンチーム全員から祝福します。

ヴァイパー5:ビデオを見る

ヴァイパー5は最高レベルの効率、スピードそして性能を求める経験豊富なパイロット向けにデザインされた高性能PPGグライダーです。高性能PGおよびPPG開発プログラムから直接採用された最新の設計要素とテクノロジーを備えており、クロカンフライトや伝統的な競技に最適な、非常に滑らかでエキサイティングな翼となっています。

ヴァイパー5に関する詳細はここで。

 

バルトズがPF1ポーランドスラロームチャンピオンを勝ち取る!

アレックス・マテオスが勝利したユトロシン・スラロームカップの直後、他のオゾンチームパイロットの2人ーバルトズ・ノヴィッキとニコラス・オベールが次のスラローム大会ー8月の最終週にポーランドのプシコナで開催されたポーランドスラローム選手権、に参加しました。 

今年はポーランドのナショナルチームとローカルパイロットのほかにカタール、ギリシャ、スペインそしてフランスからの選手が参加しました。

悪い天気にも関わらず15タスクが競われました。ニコラスは大会前にたったの2日間テストフライトした新しいバージョンのフリーライド14で飛びました。バルトズはスタンダードのフリーライド14で飛びました。両パイロットは大会を通して好成績を上げ続け、オープンクラスで2位と3位になりました。バルトズはPF1クラスで全ポーランド選手の中でトップとなり2021年ポーランドスラロームチャンピオンのタイトルを獲得しました。

サイモン・ヴィンクラー(ポーランド)はフリーライド15で飛びPF1クラスで4位となりました。

参加したグライダーの90%がデュデックだったことを考慮すれば、オゾンのフリーライドが表彰台の2つを獲得したオゾンチームパイロットを誇りに思います!

オープンクラス (PF1):

1位 ナイフ・アルーバロシ(カタール)

2位 ニコラス・オベール(フランス)

3位 バルトズ・ノヴィッキ(ポーランド)

ポーランド選手権クラス (PF1):

1位 バルトズ・ノヴィッキ

2位 マルシン・ベルナ

3位 ルーカス・サルシンスキ

オゾンチーム全員から祝福します。

写真:シモン・カレタ

Nicolas Aubert
Nicolas Aubert
Bartosz Nowicki
Bartosz Nowicki

 

Alex Mateos wins Slalom Comps in Poland

During the first week of August Ozone Team pilots participated in the largest international slalom competition in 2021 – Jutrosin Cup.  40 pilots from 12 countries attended the event including best pilots in general ranking. During 5 days pilots flew 15 tasks. 

Alex Mateos (Freeride 14) was a strong leader throughout the competition, winning all tasks!  He obviously finished 1st defending his Slalom Champion title from Jutrosin 2020 (and all the others slalom competition in the past). 

Bartek Nowicki (Freeride 14) and another 4 pilots competed strongly with each other and swapped places several times until the last day when final runs decided about 2nd, 3rd and 4th position. Bartek finished 4rd. 

The only female pilot Marie Mateos finished on the 10th position flying her Freeride 14. 

Szymon Winkler finished 3rd in PL1 (single trike) category flying the Freeride 15. 

Bartek Nowicki reports: “It was very long, tiring but fantastic competition!  I am very happy to be at the top of the World ranking but definitely a little bit disappointed that I missed the podium! Obviously, I made too many mistakes during the competition so I have something to improve in next competition! I would like to thank the competition organizer for the beautiful event and my fans for their support!” 

Alex Mateos says: “I am very happy to win all the tasks! But I can see that competitors are getting closer! The level of the pilot improved as well as the organization of the slalom events”

Congratulations from all the Ozone Team

photos: Szymon Kaleta

 

Ozone pilots win French Championships flying the new Viper 5

Famous paramotor couple and Ozone Team pilots, Alex and Marie Mateos won 2021 French (Classic) Championships 2021.  Alex Mateos finished 1st in overall classification and this is his 10th World Champion Title in a row.  Marie was 2nd and this is her 4th year on a podium. 

Another member of the French National team – Boris Tysebaert – won the 1st place and the French Champion title in single trikes class (PL1). Nicolas Aubert was 6th in general classification. All pilots were flying the new Viper 5. 

Alex and Marie report: “Receiving new wings only two weeks before the competition was a real challenge! But Viper 5 proves to be a perfect competition weapon! It’s features such as high efficiency, wide range of speed, great stability and precise handling are exactly what we need to win classic competition”

Alex says: “The Viper 5 is great fun in precision landing thanks to its amazing long flair! High top speed and stability really helped in all navigation tasks”

Weather conditions were difficult so the competition director had to run many shorts tasks during very few flyable days to get the Championships valid! Total 10 tasks were scored. This year event was visited by top pilots from Spain and Italy. 

Full results here

Congratulations and Cheers from all the Ozone Team 

Photos by  Armelle ANTOINE et Erwan GAREL

Podium PF1
Podium PL1
Marie Mateos

Bartek Nowicki 2nd in The Spanish Slalom Championships

Slalom World Championships 2021 has been cancelled but in 2021 season there are a few events where top pilot from many countries have a chance to meet and compete. Bornos is one of the top locations where back in June took place The Spanish Open Championships. The event gathered over 20 pilots from Spain, Qatar, Poland, Holland, France and Greece. 

Bartek repots: Bornos event gave us an opportunity to train and test new equipment. Unfortunately, top French pilots were absent, except Nicolas Aubert.  The big surprised were pilots from Qatar who train a lot every year in Bornos to be able to fly at really high level.   During one week of competition we had strong winds, which allowed to score only 5 tasks.  I was very happy to finished on the 2nd position flying a completely new gear and beat my team mate Nicolas Aubert and Greek pilot Dimitris Koliakos who was 3rd

I am looking forward to the next round in Jutrosin in Poland! 

Congratulations from all the Ozone Team 

Ric Womersley Wins British Championships!

2021 British Open Paramotor Championships took place in Winglands Airfield,  Lincolnshire on 8th – 10th July 

13 Pilots competed in the championship class with a further 7 more competing in the discovery class designed as a stepping stone into competition.

Ric Womersley won the 2021 Champion title flying the Speedster 3 

Ric reports: “The British Open Paramotor Championships follows an endurance format where tasks are briefed at the start of the competition and then we have flying windows throughout to complete as many of these tasks as possible. 

We had a total of 14 hours of flying windows plus a limited fuel FAI triangle task, 4 spot landings and 4 skittle landings. 

With 16 hours of competition flying over 3 days, this was definitely the most flying I have done in any one competition. Flying throughout the day in some very active skies the Speedster 3 performed impeccably. Its speed and stability allowed me to focus on completing as many tasks as possible, covering over 600 km during the competition. The Speedster’s precise handling and incredible glide meant I hit every spot and scored on all of the skittle landing tasks which also won me the precision trophy” 

Congratulations from all Ozone Team! 

photos: Neil Forster