Loading Icon Black
GO

THE OZONE WALL CALENDAR 2020

October 31, 2019

The Ozone Wall Calendar is back for 2020. The 12 month format hangs in size A3. Get your monthly dose of airborne inspiration – it’s the perfect gift for your flying friends and loved ones. Available now from your local... 続きを読む

Roadster 3 Video

May 26, 2019

Check out the latest Ozone paramotor video featuring the Roadster 3... 続きを読む

New SPARK 2

May 26, 2019

We are happy to announce that new Spark 2 is now available to order. Spark 2 is a paramotor wing designed specifically for schools and beginner pilots. With an intelligent use of materials chosen for their specific function, the Spark... 続きを読む

New Tandem wing – MagMax 2

May 14, 2019

We are happy to announce that new MagMax 2 is now available to order. The MagMax 2 is designed for professional tandem pilots. This all new design includes significant upgrades in durability, comfort, and ease, with massive improvements in the... 続きを読む

4
“On top of the World 🌎” .
By @jacques._.erasmus
7
Nico Aubert @nicoaubert10 takes is for a ride during the Spanish Slalom Open celebrated in Bornos. Nico finished second flying his Freeride 14.
1
Big Congratulations to the Ozone Team for taking the podium of Spanish Slalom Open Championships which took place last few days in Bornos, Spain. This was one of the biggest slalom competitions of the season with 49 pilots competing from 9 different countries with 7 tasks flown.
Alex Mateos @mateosalexandre won flying the Freeride 14 followed by Nicolas Auberts @nicoaubert10 , also flying the Freeride 14 in 2nd place overall. Alex says: “Everything went well, the training of this year paid off. I wish we could have flown more tasks but the results are there, so I'm very happy!” The big surprise came from new Ozone Team pilot Bartek Nowicki who finished 3rd overall.
After flying Dudek for many years, polish pilot Bartek decided to change to the Ozone Freeride this season. It is a completely different wing to fly, requiring a different technique and style and despite a minimum of training he managed to win the Polish Slalom Championships earlier this year. Thank you Bartek.
Marie Mateos - the only girl amongst the top level pilots displayed her class once again, leaving behind many pilots who can only dream of getting to her level!
Maries says: “This is the first time for me that I am so close to the podium in slalom competition. I am very happy with this result, especially with 7 valid tasks where I finished 4 times in the 3rd position. Nevertheless, I think with more training I can get the podium next time”. Go for it Marie! @marie_mateos
Photos: Piotr Gelo

Nicolas wins Andalucian Paramotor Race 482 km

March 7, 2019

Andalucian Paramotor Race 2019 organized by Mario de Eolox  took place on 9 – 10 February. 28 best pilots from Spain intended to fly a long cross country of 482 km from Huelva to Almeria.  All pilots had a ground... 続きを読む

Dream the Dream You Want to Live!

January 28, 2019

Dream the Dream You Want to Live!! Enjoy the latest production of our friends from Aviator PPG! There is not age for dreaming. There is not age for flying. See you out there ... 続きを読む

次なるレベルの冒険 ブラジルでのXC1600km

December 13, 2018

今年の初め、ケスター・ハイネス(オゾン・フリーライド)とダニエル・ロドリゲス(オゾン・ロードスター3)の2人のパイロットが2019イカロス・トロフィーレースのルートをデザインする目的で10日間に及ぶクロカンフライトを企画しました。3台の4輪駆動車によるグランドクルーのサポート受け総距離1600kmを飛びました。ケスターはそれを簡単に”次なるレベルの冒険”と表現しました。 ケスターのレポート: 「ダニエルと私はイカロス・トロフィーに参加するパイロットがもって行くであろうと考えられる全ての装備を持ってミッションを開始しました。すごく重い!サポートなしを想定し全てをもって行くことにしました―レースクラスのように―がグランドクルーと落ち合う場所を予め決めておきました(アドベンチャークラスのように)。 最初の数日は、景色、地形そして燃料に関しては穏やかなウオームアップでした。そしていくつかの丘を後にするとパンタナルになります―世界で最も大きな熱帯性湿原地帯。ここは別世界に突入した感じになるところです。 未開で困難な場所の上空を飛ぶことがどんな感じであるか、全く想像もできません!景色が隔絶していることを表現するとしたら、我々はしばしば2時間ほど飛んだが、サポートの車には14時間の道程になった!私の頭は常にどうやってここでトロフィーを運営するかを考えていたが、それ以外に否定することのできない重要なことは、パラモーターがこの驚くべき場所を探索するための最善の方法であるということでした。 たった数百km内側にはいると、大いなる自由と隔絶さを感じることになります。時折農場を通り過ぎる以外は未開の地が広がりほとんどが地上で隣り合わせになったら楽しくない野生動物であふれています! パンタナルを横切るいくつかのルートではグランドクルーのサポートが全く得られないことを知っていました。このルートがベストだと私が言うときは両パイロットのことを考えてのことです。生きてそこから出るにはほとんどミスを犯すことはできないというさらなるプレッシャーを分かって、生き延びるために必要なもの全てを機体に積んで行くと言う自給自足は素晴らしい感覚でした! パンタナルを抜け出し農場のあるよりなじみのある地域に入ると、ゴールのセレモニーを執り行うベニト―へと向かいました。これも完全なる衝撃でした。ラッソの大会の真っ最中だったのです。カーボーイとカーガールがそこいらじゅうにあふれ、大音響の音楽そして壮大なパーティー!... パンタナルはまごうことなき”次なるレベルの冒険”です。 オゾンチーム全員から祝福します。... 続きを読む

オゾンチームがスラローム世界チャンピオンに

November 7, 2018

第3回パラモータースラローム世界選手権がエジプトはカイロ近くのファヨウム州の美しいカラン湖で開催されました。7日間にわたり13か国からの50人のパイロットが戦いました。最初の3日間は風が強かったにも関わらず、主催者のスカイスポーツエジプトとホセ・オルテガ競技委員長はベストパイロットによる最終タスクまでに10本以上ものタスクを成功裏に終えることができました。 暑い天候と常に変化する風のコンディションはパイロットおよび主催者にとって難しいもので多くのパイロットがミスを犯したりエンジントラブルに見舞われ着水する羽目に陥りました。 オゾンチームは世界でベストなスラロームパイロットがチームに存在することを誇りに思います。 アレックス・マテオス(フランス)はフリーライド14に乗り、1位となり世界チャンピオンのタイトルを獲得しました。 ニコラ・オベール(フランス)-ヴァイパー4 14に乗り2位 マリー・マテオス(フランス)-フリーライド14に乗り女子1位で世界チャンピオン、総合でも6位 ボリス・ティセバレ(フランス)-ヴァイパー4 15に乗り1人乗りトライククラスで3位 全てのパイロットに彼らの素晴らしいパフォーマンスと結果を称賛します。 チーム全員から祝福します。 Hot weather and constantly changing wind conditions were not easy for the pilots and organisers with many pilots making mistakes or experiencing engine difficulties and ending in the water. Watching final... 続きを読む