Loading Icon Black

コロンビア、ロルダニリョでのワールドカップ、2022年2月6~13日

February 2, 2022

ワールドカップは2011年に最初にロルダニリョに挑戦し、28か国からのパイロットが競い合いました。その大会は大成功をおさめ、その後2013年と2018年にスーパーファイナルがこの地で開催されました。私たちは2022年に、33か国からのパイロットと、これまでに見た中で最高技術のパイロットで戻ってくることになります。

当時から、ロルダニリョは、その信頼性、後方支援の容易さ、サーマル品質、教科書通りの飛行条件、そして最も重要である人々のおかげで、世界で最高の競技会場の1つになりました。

コロンビアの人々は10年以上にわたって両手を広げてパイロットを歓迎してきました。時々、パイロットがオートバイ、トラクター、さらにはロバの後ろに乗ってロルダニリョに戻ってくるのを見かけることも珍しくありません!!

ワールドカップは1週間後に始まり、多くのトップパイロットがトレーニングのためにすでに現地入りしています。

ロルダニリョは、海抜925mのバジェデルカウカの谷にある伝統的なコロンビアの町です。テイクオフのオーグアパネラは町の869m上に位置し、美しい景色と日陰となる木々があります。パイロットは雲底が3000m以上に達する毎秒5~6mの強いサーマルを見つけることが期待できます。バジェデルカウカはどこでも良くサーマルが働き、パイロットが選択できるさまざまなルート、谷、谷のどちら側、または山を飛ぶかなど、非常に興味深いタスクを提供します。ランディングゾーンは広大でどこにでもあるのでパイロットがこれまでに想像したこともない低高度でのお助けサーマルを見つけることを可能にします。

ロルダニリョは、ワールドカップサーキットのトップパイロットの多くが故郷とみなして戻ってきています。ここに居を置きコースを飛び込んだり、スター選手がちりばめられたセレクションリストにきらめきを加えています。パイロットの質について言えることは;レターが”CF”ではセレクトされるには十分ではないということです!

オノラン・アマーは間違いなく注目すべきパイロットであり、オゾンゼノ2の最初の製品モデルに乗り、翼を広げます!ワールドカップのウェブサイト、pwca.org ならびにワールドカップライブアプリ: https://live.pwca.org で楽しさとお祭り騒ぎをフォローしてください。

文章提供:ルス・ジェソップ
差新提供:ウルリック・ジェソップ