Loading Icon Black

レッドブル・クロスアルプス:アイダンとジュリアンが再度挑戦!

July 18, 2009

オゾンパイロットは、オゾンのデザイナーでチーフテストパイロットであったダヴ・ダゴーが彼自身の作による、軽量のプロトに乗り2位になった2003年の最初のクロスアルプスからずっと挑戦し続けています。ダヴの大会での成功と軽量高性能機への情熱がジオの開発へと繋がり、それからウルトラライト、そして最新のスイフトへと継続されています。このように、オゾンは当初から軽量のパラグライダー装備の開発の最先端を走っており、ウルトラライトは、今でも登録認証を取得した、世界で最も軽いグライダーです。 

今年、クロスアルプスのベテランパイロットでオゾンチームパイロットでもあるアイダン・トアセとジュリアン・ヴィルツは19日にザルツブルグのスタートゲートを通り抜けモナコへ向かいます。2007年には、アイダン、ジュリアン共に、トップ10に入賞するという、かなりの好成績に終わり、今年の活躍を期待しています。2007年の詳細は、以下のアドレスを参照してください。 2007 Ozone X-Alps Site here.

ジュリアンは、ウルトラライトの素材を使用したマントラR09、XSサイズを、そしてアイダンは同じくウルトラライトの素材を使用した4.3キロの軽量マントラM3を選択しました。ジュリアンの4.6キロのマントラR09は、アクセル全開で時速70キロでクルーズします。このスピードは、きっとモナコへの所要時間を大いに助けることでしょう。 

アイダンとジュリアンは共に素晴らしいブログを持っています。ジュリアンのブログ(フランス語が分からない方は画像を見るだけでも満足されることでしょう)は、 http://julienwirtz.blogspot.com/  ジュリアンには、友人のエイドリアン・ヴィシエがサポートについています。

アイダンは今度も子供向けチャリティ基金、インターナショナル・プランを募集しています。彼のブログは:  http://flyingtoast.co.uk/  アイダンには、今年友人のチャーリー・メリットがサポートについています。

我々は、アイダンとジュリアンにアルプス越えの818キロにわたる冒険での幸運を祈ると共に、グライダーを楽しむことが出来るよう素晴らしい天気に恵まれることを祈っています。アイダンとジュリアンのライブ軌跡を確認するには、 レッドブル・クロスアルプスのサイト へ飛んでください。そこでは、選手の日記が掲載されています。

チーム全員から幸運と成功を祈っています!