Loading Icon Black

タッカー・ゴットが4日間で2017イカロス・トロフィーで勝利

October 23, 2017

イカロス・トロフィーはパラモーターパイロットが長距離を誰のサポート受けずに飛ぶ世界で最も過酷なエアレースとして知られています。このレースは私達の中でもやってみようと思うものはそれほど多くはいないほど本当に挑戦的なものです。

2017年イカロス・トロフィーは9月24日に数名のパイロットがポルソン(モンタナ)から飛び立ち、約1100ノーチカルマイルの長いルートを飛んでメスキート(ネヴァダ)に 着陸するものでした。

若いアメリカ人パイロットのタッカー・ゴットが他の選手をはるかに凌駕して優勝しました。彼はオゾンのフリーライド19に乗り、たったの4日間で1200マイルのルートを飛びました。タッカーは全フライトをビデオ録画し一連のショートビデオに編集し、彼の驚くべき経験をより広範な大衆と分かち合えるようにしています。

タッカー・ゴットのレポートです:「イカロス・トロフィーはその初めからずっと達成したいと思っていた冒険レースでした。今年のレースはモンタン州のポルソンからスタートし、ネヴァダ州のメスキートで終了するものでした。総延長がおよそ1200マイルに延びるコースにはモニュメントバレーに必須のチェックポイントが設けられていました。私はレースをできる限り安全にかつ私の能力を最大限駆使してレースを完了することがゴールでした。レースの終盤になって私が通り過ぎた様々な驚くような景色と私が遭遇した素晴らしい経験に感動しました。19mフリーライドは100超マイルの区間を完了させるだけの効率があり、ひどく狭いランディングからでも簡単に離陸させてもくれました。総合的にイカロス・トロフィーは人生を変えるような経験でサポートなしの単独クロスカントリーの世界へと目を開かせてくれました。」

イカロス・トロフィーのビデオを見るにはタッカー・ゴットのユーチューブチャンネルを訪れてください。

タッカー・ゴットはアヴィエイターPPGから供給されたオゾンフリーライド19mに乗っていました。

全ての地上での写真提供は:ソフィー・ボールズウオース