Loading Icon Black

更なるオゾンの勝利:US選手権およびインドネシア・オープン

June 29, 2011

2011年度US選手権の初戦で、ニック・グリースが7日間に渡る激しいレースの結果優勝しました。7日間の日程で7本の成立タスクは、稀ですが、オレゴン州ウッドラットは、大会期間中常に安定したレースコンディションを提供し続けました。 

オゾンチームパイロットであるニック・グリースによれば、大会に参加した他のトップパイロット達は、皆ビジネスがらみで、期間中常に、緊迫したレースであったとのことです。ニックは、総合2位となったジョシュ・コーンに肉薄され、唯一トップ5でオゾンに乗っていないマット・ファーマー・ビーチノアが3位となりました。マット・シニアとネイト・スケールが共にR10.2に乗りそれぞれ4位、5位となりました。

US選手権の総合結果はここで。

一方、太平洋の反対側ではインドネシア・オープンが中部スワラジのパルで開催されました。総合優勝は、R10.2に乗る、スイスのセバスチャン・ブーカンでした。おめでとうセバスチャン!全成績はここで