Loading Icon Black
GO

PWC BRAZIL 2019

September 3, 2019

The Pico do Gaviao Paragliding World Cup will take place in Brazil from the 7th to the 14th of September. The enormously successful 2017 Pico do Gaviao World Cup confirmed Brazil as the land of seven-day competitions. In the words... 続きを読む

FAI PARAGLIDING WORLD CHAMPIONSHIP 2019

August 19, 2019

After ten days of intense racing, The 17th FAI Paragliding World Championship in Krushevo, Macedonia has come to an end. Ozone pilots swept the podium and top 8 spots. The New World Champion is Joachim Oberhauser, of Italy. Silver goes... 続きを読む

FRANCIS REINA WINS IN ZARZA CAPILLA AND CASTEJÓN DE SOS.

August 15, 2019

Ozone team pilot, Francisco Javier Reina, aka “El Niño”, took the win at the two most recent XC comps in Spain. His first victory was the Spanish XC Championship in Zarza Capilla, a spectacular XC site with great conditions during the... 続きを読む

2019 FAI PARAGLIDING WORLD CHAMPIONSHIP

August 4, 2019

The 16th FAI Paragliding World Championship will take place in Krushevo, Macedonia from the 5th-18th of August 2019. Situated at an altitude of 1350m, Krushevo is the highest town in the Balkans and a stunning location for this year’s World... 続きを読む

オゾンチームが2019フランスオープンで圧勝

July 18, 2019

2019フランスオープン:オゾンR&Dチームメンバーのルック・アルマンのレポート: 「フランスオープンは良い夏のコンディションの中、アラヴィ(アネシーの北)の美しい山脈で4本の良いタスクが成立した素晴らしい大会でした。ここは私にとってアルプスの中でも最も良いエリアの一つです。オゾンチームは非常に良い飛びをし、オノランが優勝して2年連続でフランスチャンピオンとなりました。私は2位となり、ジュリアン・ヴィルツが3位と続きました。女子クラスでは聖子が女子クラスで圧倒していただけではなく総合でも4位になりました。トップ13人がエンツオ3に乗っていました。これはこの機体が今でもコンペ機のベンチマークであることを示しているようです。」 全成績は ここ をクリック。 写真提供:カリーヌ・デゥプラー [ngg src="galleries" ids="105" display="pro_sidescroll"]... 続きを読む

シェラン全米オープン2019

July 17, 2019

シェランで行われた全米パラグライディング選手権の最終戦が終了しました。 オゾンチームパイロットのニック・グリースのレポートです: 「ワシントン州のシェランは世界のフラットランド主体のパラ大会会場としてトップの一つです!今年の全米選手権の最終戦は、ワシントン州のこの部分で開催され、パイロットたちは美しい山々、数百万年前の氷河の爆発がカナダからワシントンを通ってオレゴンまでに爪痕を残した川と連なる湖が小麦畑を切り分ける途方もないフラットランドを飛ぶことになりました。1930年代のアメリカで最も優れた工学的成果の1つであるグランドクーリーダムを収容するクーリー市のような歴史的な街を通り過ぎます。グランドクーリダムは、米国ワシントン州のコロンビア川にあるコンクリート重力ダムで、水力発電と灌漑用水の供給を目的として建設されました。 パラグライダーのレースはヨットのレースに似ています。この大会では150人の選手が1時間のウインドー中にテイクオフしスタートに有利な位置を占めようとします。その後毎日、40から100マイルに及ぶ広範なコースを平均速度毎時20から40マイルで2から5時間レースをします。最初にゴールした選手は1000点をゲットし、その日の勝者に遅れてゴールした選手は1秒に付き1点減点されます。4日ごとに運の要素を排除するために1日を落とし、7日後に得点が合計され勝者が決まります!それは世界で最も素晴らしいスポーツコンテストの一つとも言える現実の空中チェスの栄光あるゲームです。そしてナイロンとロープにぶら下がって空中をレースできる時代に生きているという事実は常にこれらの大会によって祝福されます! 今年私はしがみついて2位を獲得しました!このような厳しいレベルの大会でこのような結果を残せて大喜びで興奮しています。また5日間のレースの後文句なく1位となったドニゼット・レモス を心から祝福します! 来年はチェランでワールドカップが開催されることを願っています!!!!」 最終結果: 総合 1.ドニゼット・レモス(ブラジル/エンツオ3) 2.ニコラス・グリース (アメリカ/エンツオ3)3.オーエン・シューメーカー(アメリカ/エンツオ3) 女子 1.ビアンカ・ハインリッヒ (アメリカ/ゼノ)2.パトリシア・ガルシア・レトナ(アメリカ/ゼノ)3.リンゼイ・マタッシュ スポーツ 1.ケリー・ミルクル (アメリカ/デルタ3)2.ダスティン・パチュラ3.リンゼイ/マタッシュ 全成績は ここをクリック。 オゾンチーム全員から祝福します。 写真提供:ニック・グリースおよびマット・ヘンジ [ngg src="galleries" ids="104" display="pro_sidescroll"]... 続きを読む

2019 シャーブル:5タスクが成立!

July 9, 2019

第14回オゾンシャーブルオープンが”温かい気候”での素晴らしい一週間のフライトを以て終了しました。ストームのため早々にストップされたタスクがいくつかありましたが、5本のタスクが成立しました。例年のように、これまで大会でゴールしたことがなく、ここシャーブルでゴールしたと言う”初ゴール者”がたくさん出ました。沢山の賞がありました!すべての勝者にはアクセサリーが満載されたオゾンリュックサックが贈られました。そして2019年の抽選当選者はラッセル・ウイリングスで好きなオゾンのグライダーが与えられます!バンドのマグネティックダストは南フランスでの素晴らしいフライトとたのしい一週間を締めくくり、最終日の夜がふけるまで演奏をしてくれました。 オゾングライダーを当てたのは ラッセル・ウイリングス--総合 1. ヴェッセル・デュ・プルーイ(オゾンアルピナ3)2. リチャード・ミーク(オゾンアルピナ) 3. コリン・ラスバン(オゾンデルタ3) ファンクラス1. アリ・アmシュー(ノヴァイオン3)2. ロージー・アイルランド(アドヴァンスイプシロン8)3. イザベラ・ロー(オゾンジオ5)リクレーションクラス1. ジェローン・カウブ(ノヴァメンター6)2. ユーリー・ストリーフカーク(オゾンラッシュ5)3. スニス・ラオ(オゾンラッシュ5)スポーツクラス 1. ヴェッセル・デュ・プルーイ(オゾンアルピナ3)2. コリン・ラスバン(オゾンデルタ3)3. マグナス・オルソン(ニヴィウクアーティック4)Xクラス 1. リチャード・ミーク(オゾンアルピナ)2. マーク・グラハム(オゾンデルタ3)3. マリオ・ホームストロム(BGDキュア)ルーキー 1. エロイ・デ・コーニング(オゾンデルタ3)2. ジョー・レッドモンド(BGDキュア)3. ベンジャミン・アイルランド(アドヴァンスイオタ2)女子1. エスター・ディーリセン(オゾンスイフト4)2. カナン・タク(ジンスプリント)3. アリ・マシュー(ノヴァイオン3) 優勝チームデール・コンドルチーム: リチャード・ミーク(オゾンアルピナ)オリヴィエ・ベイトリソン(ノヴァメンター5)ロージー・ダーウッド(オゾンラッシュ5)ピーター・ダーウッド(ノヴァメンター5) Thanks to Martijn Van Dijk for the photos. [ngg src="galleries" ids="103" display="pro_sidescroll"]... 続きを読む

OZONE CHABRE OPEN 2019

July 2, 2019

The 14th Ozone Chabre Open has begun!  Task setting, briefings and de-briefings are being led by the inimitable Jocky Sanderson. Jocky’s skill and experience in cross country flying, SIV, safety and training, his enthusiasm to help pilots improve and his... 続きを読む