Loading Icon Black

第17回FAIパラグライディング世界選手権、トュクマン、アルゼンチン、11月2~12日

November 1, 2021

1991年、ロビー・ウイット―ルは史上初のパラグライディング世界チャンピオンに輝きました。

したがって、ここアルゼンチンで30年の世界選手権を祝うことができることを嬉しく思います。ほんの数週間前でさえ、誰もそれが開催できるとは思っていなかったので、この大会は特に特別です。競技委員長のセルジオ・ブジャザと実行委員長のマティアス・フォルティニは当時達成不可能と感じられた任務を主催してパラグライディングの歴史書に名を残しました。

大会は11月2日に始まります。競技日は最大10日あり、表彰式は11月23日に行われます。

大会はブエノスアイレスの北西1,250kmに位置するアルゼンチン北部のサンミゲル・トュクマンの町の近郊で開催されます。パイロットは、平野がアンデスの丘陵地帯と出会う場所であるロマボラの高さ1350mのジャングルの尾根から離陸します。 パイロットは、正面の平らな農地、つる性の植物で覆われた斜面、北の乾燥した平らな土地の上を飛行します。

FAIパラグライディング世界選手権は2年ごとに開催され、国別および個人のタイトルが与えられます。

各国のチームは最大5人(1人の女子を含む)のパイロットから編成されベスト2の得点で競われます。各国チームのメンバーに選ばれなかった選手でも、FAIの参加資格に合致すれば参加することは可能です。

この世界選手権は、多くの新進気鋭の新しいパイロットが彼らの代表チームでの地位を証明するチャンスになるでしょう。37か国からの150人のパイロットが参戦します。

南米の3つのチームは、表彰台の候補として際立っています。アルゼンチンは非常に熱い選手と多くの地元の知識を持ち明らかな本命です。ブラジルとコロンビアも、非常に最新調子の良いパイロットが多数いるフルチームを擁立しています。

ヨーロッパからはオーストリア、チェコ、ハンガリー、ポーランドそしてスイスが男子4人、女子1人のフルチームで参戦しています。彼らは最近ヨーロッパで再スタートした多くのワールドカップに参戦しています。

小さいながらも完璧に形成されたチームがたくさんあり、北マケドニアとセルビアは一見の価値がある2つと言えます。

アジアからは日本チームが参戦し、もっとメダルを望んでいます。韓国はこれまでのところ、ここにたどり着くまでにほとんどの時間:それぞれ120時間、を空中で過ごしてすべてのメダルを獲得しました。望むべくは、航空機の変更後、彼らの次の停車地はチームの表彰台になることでしょう。

米国からのパイロットは、最もキャンセルされたフライトの記録を保持しています。次の2週間のフライトはすべて予定どおりに離陸することは約束されています。

The French team are a favourite, but Loma Bola is very different to the Alpine conditions many of their team players are used to. Team Germany have an essential ingredient; some of the most experienced pilots and veterans of this competition. A team competition often relies on tactics and knowledge of how to work as team players, rather than just individuals.

On an individual basis, some of the favourites taking part: 2018 European Champion, Theo Warden; 2017 World Champion, Pierre Remy; 2016 European and 2015 World Champion Honorin Hamard; 2014 European Champion Torsten Siegel; 2012 European Champion Yassen Savov. 

Keen to get a good overall ranking and a place on the ladies’ podium will be Seiko Fukuoka-Neville, former ladies’ European and World Champion; former ladies’ World Champion, Klaudia Bulgakow; and former ladies’ European and World Champion, Petra Slivova.

The 2020 Pan-American Champion, Rafael Saladini, from Brazil, and Shauin Kao from Argentina, are also favourites along with Keiko Hiraki, the 2012 Asian Champion.

As far as the scoring is concerned, each pilot’s score is comprised of three parts: Distance points, Time points and Lead outpoints. Each day is scored out of a maximum of 1000 points. 

For more, You can visit: https://airtribune.com/17th-world-paragliding-championship-tucuman-argent/blog

Stay tuned!

Text Courtesy of Ruth Jessop

Photo Courtesy of Veso Ovcharov