Loading Icon Black

AEREAS (AERIALS) by Sylvestre Campe

Aereas (Aerials) is a series of films produced by Ozone team pilot Sylvestre Campe for Brazilian TV channel Canal Off. Sylvestre, together with another Ozone team pilot Kester Haynes are traveling in search of the most extraordinary and challenging places to fly a paramotor. Each episode is a real story with its up and downs as nothing has been staged. The films show pure paramotor adventures and incredible flights, which simply inspire to fly more, travel more, and explore more. I hope you enjoy it. Each episode is 20 min long in English and Portuguese.

In Episode 1 Sylvestre and Kester travel together to the Philippines to fly over Mount Pinatubo, Vulcano notorious for its eruption in 1991, the second-largest terrestrial eruption of the 20th century. Sylvestre lands out due to motor cut!

We are planning to publish one episode per week on IGTV, Ozone Power Fb page and Ozone Paragliders Vimeo Channel.

Alex Huxham wins 380 km race flying Roadster 3

UK pilot Alex Huxham won Icarus X Trophy flying his new Roadster 3 24. He has been flying only over 10 months being trained by SkySchool UK. “I have managed to clock well over 130 flights in that time” – he says. The race took place from 21st to 22nd June. The route was 240 miles (386 km) long, it was a triangle starting and finishing in Somerset, passing through Devon where he stayed overnight, across Dorset and Wiltshire. There were 27 pilots competing.

Here is how describes his first big and successful cross country adventure: “I wanted to combine my passion for flying and the need due to getting older to complete something out of my comfort zone and challenging. I was in the Race category, unsupported the entire time. I had to walk to get fuel with my Paramotor, a long gruelling walk, climbing over fences and barriers to get there and back. Took off at 4:36 pm, landed 8:47 pm to camp overnight, left again at 5:11am, landed at 8:18 am before landing at the finish line at 9:08 am. My equipment consisted of my Parajet Maverick paramotor with extra large fuel tank and my 24 m Roadster 3. I managed an average fuel consumption of 4.5 liter per hour fully trimmed out and speedbar for the duration of the flying.

A positive attitude, the right equipment and sheer determination. I got up early, I left as soon as I could, and when I landed, I ran around and got setup again. My Roadster 3 launches impeccably allowing me to get in the air fast with all the extra weight and make the whole experience so much easier. I never once or for a second doubted its ability to perform and remain stable allowing me to forget about the wing while flying and concentrate on hydration, food, course and altitude adjustments. The Roadster 3 is a versatile wing, trims in and neutral and it performs very responsively, trims out and the speed and stability this wing provides is unreal. My average speed was 39 m/h (62 km/h) over the course, with a sustained top speed of 47 m/h – 76 km/h”

Congratulations to Alex! It must have been an amazing adventure!

Cheers, from all the OZONE Team

Kester Haynes joins Ozone Team

OZONE is excited to announce that Kester Haynes has joined our team.

Kester Haynes is from UK and he has been flying since 2008. He works full time at Parajet / Gilo Industries, which produce paramotors, jet boards, Sky Car. He is their main test pilots, instructor, design and development engineer.

Kester loves adventure paramotor flying and he takes every opportunity to be a part of a paramotor expeditions anywhere in the World. He already completed many long distance cross country flights to remote places such as Brazilian Pantal and flown near erupting volcano Etna in Sicily. Kester says: “I have a passion for travel and adventure with various means of transport which include paragliders, paramotors, motorbikes, 4×4’s, jet boards. Even outside of work I still find myself designing and developing various flying machines and looking for the next expedition opportunity”

Together with Brazilian cinematographer Sylvestre Campe they travel around the World with paramotors producing adventurist TV series for Canal Off. They already visited Australia, Philippines, Cambodia, France, Italy, Sicily, Oman, Hawai, Namibia.
Kester Haynes occasionally works with Bear Grylls as his personal instructor, advisor or a tandem pilot.
Asked what flying means for you Kester says: “Flying has become a really important part of my life, giving me the opportunity to see the world from a different perspective, often reaching remote parts only accessible by flight, meeting like minded people and making friends everywhere. I also love how it enables me to explore another style of flying, doing some manoeuvres to get the adrenaline pumping and being completely focused in that moment. There’s always room to improve and huge scope to challenge yourself.”

Cheers, from all the OZONE Team

Namibia Expedition 2019

In May 2019 a group of pilots organized a paramotor expedition to Namibia. Among them were Ozone team pilot Kester Haynes, Ozone friend and Brazilian cinematographer Sylvestre Campe and Ozone Power representative in Brazil Daniel Rodrigues. They flew 85 km in 10 days being followed by 4×4 track with camping equipment.

Daniel reports: “To begin with, I would like to say that it was one of the most amazing experiences I had in life! We started on the Skeleton coast, a fishing village with houses without walls, without wires and electric poles on the streets – a city designed perfectly for paramotor pilots! The morning scenery was amazing, cold and ghostly mist, several wrecks and skeletons along the way… After a few hours flying in this magnificent place, we entered the gigantic desert and felt that cold in the belly! A change of temperature, a yellowish color and the feeling of endless space and freedom, what a stunning scenery! We were moving fast with a good tail wind to a gigantic volcanic crater, where we find our support team with several tents already mounted, a perfect to camp. We camp in places, which looked like scenarios of space movies, every night the sky was so clear we could see millions stars, planets and even the galaxy.
Engines and wings behaved once again too well, not causing any landing without planning on remote areas or hungry lions!

It was really a unique, collective and individual life experience, I recommend and I’ll be back. I arrived full of expectations, out crying of happiness and that feeling of having lived an odd moment in my life! I made 25 flights, total 885,5 kilometers in 20 hours!”
We are truly blast by all those beautiful photos from their trip!
Cheers, form all the Ozone Team

6000 mile Adventure

Earlier this year, French American pilot Jean Francois Chabaud flew 6000 miles paramotor tour across America! This is by far the longest distance ever attempted and achieved by paramotor!

He was flying Ozone Roadster 3 in size 22m and supported by ground crew along the route.

Jean reports:

“Total forty days of flying: San Diego, California to Arizona, New Mexico, Texas, Louisiana, Mississippi, Alabama, Florida then Mexico.

Distance flown: 6,150 miles and only driving 60 miles in US and 200 miles in Mexico.

Launched and landing at the same spot 98% of the time.

My The longest flying day was 8.5 h! The biggest and fastest distance was over 1,000 miles distance flown in just four days!

This epic adventure had its highs and lows, literally… from sea level to 9,600 ft
(2926 m)!

My top speed was approximately 81.4 mph (131 kmh) above Mobile, Alabama.

I had about 40 deflations, including six major deflations but the great Ozone Roadster 3 saved my life many times as it’s such a good and safe xc wing.
This Roadster 3 wing is brilliant, fun to fly!”

If you want to meet Jean and chat about his epic adventure, he will be attending some events in Europe this year, like Parafest in UK (July) and Coupe Icare in September in France. Congratulations to Jean. We are looking forward to see his next adventure!

Cheers from all Ozone Team

次なるレベルの冒険 ブラジルでのXC1600km

今年の初め、ケスター・ハイネス(オゾン・フリーライド)とダニエル・ロドリゲス(オゾン・ロードスター3)の2人のパイロットが2019イカロス・トロフィーレースのルートをデザインする目的で10日間に及ぶクロカンフライトを企画しました。3台の4輪駆動車によるグランドクルーのサポート受け総距離1600kmを飛びました。ケスターはそれを簡単に”次なるレベルの冒険”と表現しました。

ケスターのレポート:

「ダニエルと私はイカロス・トロフィーに参加するパイロットがもって行くであろうと考えられる全ての装備を持ってミッションを開始しました。すごく重い!サポートなしを想定し全てをもって行くことにしました―レースクラスのように―がグランドクルーと落ち合う場所を予め決めておきました(アドベンチャークラスのように)。

最初の数日は、景色、地形そして燃料に関しては穏やかなウオームアップでした。そしていくつかの丘を後にするとパンタナルになります―世界で最も大きな熱帯性湿原地帯。ここは別世界に突入した感じになるところです。 未開で困難な場所の上空を飛ぶことがどんな感じであるか、全く想像もできません!景色が隔絶していることを表現するとしたら、我々はしばしば2時間ほど飛んだが、サポートの車には14時間の道程になった!私の頭は常にどうやってここでトロフィーを運営するかを考えていたが、それ以外に否定することのできない重要なことは、パラモーターがこの驚くべき場所を探索するための最善の方法であるということでした。

たった数百km内側にはいると、大いなる自由と隔絶さを感じることになります。時折農場を通り過ぎる以外は未開の地が広がりほとんどが地上で隣り合わせになったら楽しくない野生動物であふれています!

パンタナルを横切るいくつかのルートではグランドクルーのサポートが全く得られないことを知っていました。このルートがベストだと私が言うときは両パイロットのことを考えてのことです。生きてそこから出るにはほとんどミスを犯すことはできないというさらなるプレッシャーを分かって、生き延びるために必要なもの全てを機体に積んで行くと言う自給自足は素晴らしい感覚でした!

パンタナルを抜け出し農場のあるよりなじみのある地域に入ると、ゴールのセレモニーを執り行うベニト―へと向かいました。これも完全なる衝撃でした。ラッソの大会の真っ最中だったのです。カーボーイとカーガールがそこいらじゅうにあふれ、大音響の音楽そして壮大なパーティー!...

パンタナルはまごうことなき”次なるレベルの冒険”です。

オゾンチーム全員から祝福します。

オゾンパイロットらがギザの大ピラミッド上空を飛ぶ


4月の最終週にスカイスポーツ―エジプトのオゾンパワー代理店―がギザのピラミッド上空をパラモーターで飛ぶというイベントを主催し、10か国(アメリカ合衆国、メキシコ、英国、ポーランド、スペイン、キプロス、ドイツ、オマーン、ブラジル、サウディアラビア)から35人のパイロットを招待しました

3つあるピラミッドの中で最も古く大きいものがギザの大ピラミッドで、クフ王のピラミッドあるいはケオプスのピラミッドとして知られています。世界の七不思議の中で最も古く、大きく損傷していない唯一のものです。

イベントがスタートする前日の強い嵐によるいくつかの技術的問題と資材調達の遅延はありましたが全パイロットは6日間連続して毎朝フライトすることができました。

エミリア・プラック(ポーランド)のレポート:「エジプトのギザのピラミッドを飛ぶことは最高で”一生に一度”の経験でした。我々はピラミッドからたった500mの場所からテイクオフしピラミッドのすぐ脇を飛ぶことができました!これだけ多くの世界中のパラモーター仲間と一緒に飛ぶことができ幸せです。」 

チャッド・バスチャン(アメリカ合衆国):「ご招待をありがとう!これは極めて素晴らしい場所を飛ぶ一生に一度の機会となりました。思いもかけぬ喜びは世界中のパイロット達で、新しい仲間が増えじきに訪れる新しい場所ができました!これを許可してくれたエジプトの機関、これを企画したスカイスポーツおよびオゾンに心から感謝しています。許可を得るのは容易なことではなかったと確信しています。決して忘れることはありません!」

アンドレアス・コルプ(ドイツ):「オフィスに座って窓から外を夢見る…それから再び写真に目を移すとそれが夢ではなく現実であったことを理解します。私の目とオピニオンはより大きく見開かれ、この印象を長いこと保ち続けることと思います。知り合うことができたすべての良き人々に感謝します。新たな経験で私の人生を豊かなものにしてくれました。」

ソフォクリス・ソフォクレオス(キプロス):「カイロへ行きギザのピラミッドを訪れることはそれだけで驚くほどの経験です。世界の七不思議のひとつの上空を飛ぶ機会を得ることは目も眩むほどです!ただ単にそこにいるというエネルギーと感情は信じられないほどですが最も重要なことには世界中のこれだけ多くの有名なパイロットに会える ことがこの旅をさらに素晴らしいものとしました。この素晴らしい経験を与えてくれたオゾンとスカイスポーツに感謝します。」

オゾンチーム全員から祝福します

IRELAND TO AFRICA BY PARAMOTOR

Oisín Creagh flew his paramotor from Ireland to Africa in August / September 2016, to raise awareness and funds for an African charity.

His expedition has earned him a nomination for an award with Ireland’s Outsider magazine – the winners will be announced on 2 February 2016.

The Irishman, who was dubbed ‘lawnmower man’ by Irish newspapers, planned and executed the 3,000km paramotor journey in order to try and raise €12,000 for the International development aid organisation, Gorta-Self Help Africa, whose mission is to help end hunger and poverty in rural Africa.

Oisín left Ireland on 24 August, making the 38km crossing of the Irish Sea to Scotland – the first of three open-water crossings – and going on to fly 300km in two flights on his first day. It was just over three weeks before he set foot in Africa, landing at Ceuta on the northeastern tip of Morocco on 19 September after crossing the Straits of Gibraltar. Sadly, the permit to fly in Morocco that he had applied for arrived too late, hence the final destination of Ceuta, which is Spanish owned.
Oisín flew an Ozone Spyder 26, and Air Conception Nitro 200 motor.
Here is what Oisin says about his trip: “Both [the Spyder and Nitro 200] performed remarkably …I would not have flown the English Channel and the Straits of Gibraltar without boat support, unless I had huge confidence in the combination of this motor and the Ozone Spyder wing…. “
You can find out more about Oisín’s mission, including extracts from television interviews, on Facebook.com/flyafrica.ie

Congratulations from all Ozone Team.

パル・タカツが富士山上空を飛ぶ

パル・タカツは飛行機から降りるやモーターを始動させ太平洋の海岸から飛び立ち日本の富士山までフライトしました。

「日本に着いて24時間もたたずにひどい時差ボケにも関わらず、何とか富士山(3776m)上空を飛ぶことが出来ました!!!それは正に驚きで、夢の実現でした!太平洋の海岸からテイクオフし55km飛行し、高度4200m迄上がり、再び太平洋の海岸にランディングしました!」

パル・タカツの最新の冒険に関しては:http://paltakats.com/blog/paramotor-overfly-mount-fuji

エミリア・プラクの島間飛び

常に冒険と挑戦を追い求めるオゾンチームパイロットのエミリア・プラクはスペインのメノルカ島からマヨルカ等への海上フライトを考えていた。9月下旬の土曜日の朝、メノルカのチュタデラからテイクオフし、1.5時間後68km離れたマヨルカのアルクディア港に着陸した。彼女はスラローム19に乗り、新しいロードスター2-26に乗るパイロットと一緒であった。

エミリアによると:

「バレアス諸島は私の家からフェリーで1晩のところにあります。私たちはあまり計画を立てていませんでした。天候がほぼOKと見なされてメノルカ行きのフェリーに乗りました。我々を伴走するボートは用意していませんでしたが、可能な限りの安全器具:GPS、アイフォン、アガマ水難救助システム、ライフジャケット、ウエットスーツ、ナイフ、発煙筒、懐中電灯そして...中国製のエアーベッドを装備していました。

「週末にはメノルカ島からマヨルカ島には多くのボートがいるだろう。」と私の友人は、この計画の打ち合わせをしているときに言いました。しかし実際にはボートは全くいませんでした!幸運にもマヨルカに緊急連絡先がありました。当日は視界が悪かったにも拘わらずフライトは驚くほど順調にいきました。テイクオフして30分後にはメノルカ島は見えなくなりました。我々は燃費と速度の良い妥協点にトリマーをセットして平均速度45km/hでフライトしました。急ぐ必要はありません。我々は共に、できるだけ速く島に到着できるようにフルスピードで飛ぶよりか、リラックスしフライトを楽しむことを選択しました。最大高度は100m、そして最小高度は...1mでした。それは低いのは承知しています。しかし私たちは、高高度で寒く何も見えないよりはあらゆる危険があるかもしれないが海上フライトらしさを優先しました。大いなる青い海原、大きな魚、翼と翼をくっつけあう鳥そして1時間にわたって一緒に飛ぶ仲間、これらは信じられないほどです!68kmを約1.5時間で飛び、消費した燃料はたったの6リッターでした。その後の数日間の天気はマヨルカ島からイビザ島へ飛ぶには十分良くはありませんでした。何とかマヨルカとイビザで2本フライトをして家に戻りました。マヨルカからイビザへのフライトは次回へお預けです。

私にとってこの冒険は素晴らしいものですが、私が水上フライトを勧めているわけでは無いことをご理解ください。水上をパラモーターで飛ぶことは危険です。もしそうする場合には、内在するすべての危険を理解しあらゆる安全装備を用意し、ライフジャケットを着用し、アガマシステムを購入し、友人に連絡しボートでの救助の用意をさせてください。」 

パラモーター:PAP PA125

グライダー:ロードスター2 26、スラローム19

飛行時間:1.5時間

消費燃料:各5リッター

飛行距離:68km

平均速度:45km/h 

全ての数値は概算によるものです。