Loading Icon Black

マシュー・ルアネがスラローム記録を打ち破りました

June 10, 2007

6月14日、マシュー・ルアネが非公認コースでのトライアルでこれまでの記録を驚くべき45秒に短縮しました。彼の48.2秒の記録はFAIオブザーバーが現場にいて計測し記録として認定しましたが、大会中でないとの理由で未だに公認されていません。

 

「日本式スラローム」はパラモーターでの操縦技術の最高のテストであると思われます。パイロットはスラローム用のポールをタッチしながらコースをできるだけ速く回らなければなりません。ポールの高さはたったの2mでパイロットは常に低空飛行をしなければなりません。技術力テストの最難関です。

 

オゾン・ヴァイパー18mを使用しマシューはラモン・モリヤの持つ記録56.95秒を驚異的49.5秒で破りました。しかも再トライでさらに記録更新を狙い、48.2秒に短縮することに成功しました。おめでとうマシュー!

 

我々はこの記録がしばらくは破られないと考えています。また、このマシューの記録を破るための他のパイロットの挑戦結果を楽しみにしています。

 

これほどの記録を打ち立てるにはとても機敏で高速性能の良いグライダーが不可決です。マシューはこの記録はヴァイパーでなければ達成できなかったであろう、またヴァイパーのトリムならびにアクセル時の高い安定性のおかげで高速で低空飛行をするのに全くの不安がなかったと言っています。

 

ヴァイパーは最高のスピードと性能を必要とするパイロット向けに2サイズがラインアップされており、耐空証明を取得した中級レベルのリフレックス翼で最大の速度と性能を欲するパイロットに理想的なロードスターは3サイズがラインアップされています。