Loading Icon Black

オゾンパイロットがスラロームで勝利

April 9, 2013

P { margin-bottom: 0.21cm; }新しいスラロームは、2013年コンペシーズンの始まりにおいて既にいくつかの勝利を収めています。

エクスポ・モンテグラッパでは、いくつかの他のメーカーに乗るチームパイロットがいましたが、大部分のパイロットはオゾンに乗っていました。FAI 8の字スラロームタスクが行われました。アレックス・マテオス(ヴァイパー18)およびオーレリエン・ガナイ(スラローム21)は目覚ましい30秒および32秒、ランキングで次となるパイロットに5,6秒の差をつけてタスクをこなしました。おめでとう、2人とも良くやった。これから始まるフランス選手権の良いトレーニングなったことと推察します。

イタリアPPG選手権の最初のリーグが4月の第1週に開催されました。その大会についてラファエル・ベネッティは、「どんどんタスクがテクニカルになり、パイロットの技術も上がり、最高の装備を使用するようになって、やっと、イタリアでも大会のレベルが他のヨーロッパ諸国と徐々に並ぶようになってきた。」と話しています。大会での表彰台には3人のスラロームに乗るパイロットが立ちました。優勝はサンドロ・パセリ(7度のイタリアチャンピオン)でまたしても一歩抜きん出ていることを証明しました。

イタリア選手権の結果;

1位 サンドロ・パセリ(オゾン・スラローム21)

2位 ラファエル・ベネッティ(オゾン・スラローム19)

3位 ウオルター・カモッツイ(オゾン・スラローム21)

ではまた、チーム全員より。