Loading Icon Black
ジオⅢ

製品情報

これまでで最も軽く、安心感のあるジオ!

初代ジオは、軽量パラグライダーと言うクラスを再定義しました。EN Bクラスの真ん中に位置しながら納得できる性能、毎日フライトしたとしての耐久性を持つ軽量グライダーを望むパイロットは、ジオおよびジオ2を友としてきました。新しいジオ3は、その後継機ですが、さらに安心感と取り扱いやすさがあります。ジオ3は、我々がこれまで乗ってきたグライダーの中で最も安心感があり、扱いやすいオールラウンドの軽量グライダーです。また、MLサイズで4.1kgのジオ3は、最も軽いジオでもあります。

安心感、扱いやすさ、耐久性、汎用性を犠牲にしない軽量グライダーを望むパイロットへ贈る

  • 大成功を収めたバズZ3を元に開発されました。
  • ジオ3のキーワードは、扱いやすさ、安心感、安全性、正確さ、そしてEN Bクラスでの高性能です。
  • ポルシェ製36グラムクロスは、オゾンのグライダーモデルで6年間使用してきた実績により理想的な上面用クロスであると証明されました。このクロスは重量と耐久性の理想的なバランスを持つものです。
  • 下面に使用されるポルシェ製27グラムクロスは、ウルトラライドモデルで数年使用された理想的なクロスです。
  • 内部のリブ構造:最大の耐久性と長期間にわたる性能を考慮したハード仕上げの40グラムクロス。
  • リーディングエッジの補強にはナイロン製ロッドを使用。
  • 軽量ダイニーマライザー(250グラム軽量)と12mm幅のノーマルライザーからの選択可。
  • 耐久性を犠牲にせず、ジオ2より900グラム軽い。

オゾンの軽量グライダーの開発は、2001年のピークのリリースに始まり、2003年の最初のクロスアルプス、2005年のジオ、そして最近のウルトラライト、ジオ2、スイフトへと受け継がれてきました。ジオ3は、ジオシリーズの最新モデルです。

ジオ3は、旅行・冒険フライト用に軽量グライダーを検討している幅広いパイロット層を魅了します。EN Bクラスとしては高いレベルの受動的安全性と安心感がありますが、才能のある飛行時間の少ないパイロット並びに経験豊富なパイロットをも引き付ける滑空性能を持つしっかりとしたクロカングライダーでもあります。

ジオ3それともスイフト?

もしあなたが、軽量グライダーを検討していて、ジオ3とスイフトのどちらにしようか迷っているなら、我々のアドバイスは、両方を試乗することです。ジオ3は、より安心感のあるグライダーでスイフトは、より敏捷性があるグライダーです。滑空性能は、わずかにスイフトが勝っており、スイフトは、安心感や扱いやすさより正確なハンドリングと滑空性能を重視するパイロットに向いています。ジオ3は、大いなる安心感と苦労なしの軽量グライダーを望むパイロット向けにデザインされています。

飛行時間の少ないパイロットがジオ3に乗れば、数年に渡って上達することができ、経験の豊富なパイロットならば、乱れたサーマル内を長時間に渡って上昇したり壮大なクロカンフライトする際の扱いやすさを楽しむことでしょう。

ジオ3は、高レベルのコンパクト感とバランス感があり、動き過ぎることなく、適度な運動性と敏捷性を備えています。パイロットへのフィードバックは、徐々に強まるブレーク圧により和らげられ、パイロットからのフィードバックは、ハーネスを通してグライダーに伝えられ、サーマルでの上昇を容易なものにします。新しい翼型のピッチ安定によりジオ3は、はじかれることなくサーマルコアをとらえ、そのハンドリングは、滑ったり、旋回が戻ったりすることなく、サーマル内で正確に思い通りの位置にグライダーを置くことを可能にします。

注意深く洗練された翼型と完璧にバランスされたセールテンションが、活発な大気中での性能の鍵となる要素です。ジオ3は、乱気流中およびアクセルを使った時の申し分ない安定性を持つ非常に剛性の高いグライダーです。新しいラインプランは、総ライン抵抗をジオ2から12%も削減し、我々の休みない軽量グライダーテクノロジーの研究によりグライダー重量をさらに減らすことが可能になりました。ジオ3は、ジオ2に比べ1kg近く軽くなっており、この重量軽減は、立ち上げのしやすさ、離陸のしやすさ、空中でのよりおとなしい挙動、改善されるハンドリングと安全性と言った多くの利点をもたらしています。もちろん持ち運ぶ際もより軽くなります。どのカテゴリーのグライダーにおいてもより軽いことはベターです

ジオ3は、スタンダード(12mm幅のテープでできた)およびライトライザー(細いダイニーマでできた、250グラム軽い)のどちらかのライザーを選択することができます。多くのパイロットは、安心感と扱いやすさからノーマルライザーを選択しています。

ジオ3は、軽量グライダーを必要とし年間フライト時間がおよそ30-50時間のパイロットならびにEN A/Bクラスで受動的安全性、安心感、そして楽しいハンドリングを望むより経験豊富なパイロットに理想的なグライダーです。

オプションカラー

ジオⅢ Colour Options

同梱品

OZONE offers a range of backpack choices when you order your wing. To change the type of backpack that will come with your wing, please speak with your OZONE Dealer.

オゾンのグライダーには次のアクセサリーが同梱されています::

You may choose to add something to your order, such as: Saucisse Bag (video) (concertina packing bag), Easy Bag (quick stuff sack), or OZONE Clothing and Accessories.

仕様

XS S MS ML L
No of cells 45 45 45 45 45
Area Proj. 19.12 20.75 22.22 23.50 25.23
Area Flat 22.2 24.1 25.8 27.3 29.3
Span Proj. 8.47 8.82 9.13 9.39 9.73
Span Flat 10.69 11.14 11.52 11.85 12.28
AR Proj. 3.75 3.75 3.75 3.75 3.75
AR Flat 5.15 5.15 5.15 5.15 5.15
Glider Weight 3.95* 4.1* 4.25* 4.4* 4.75*
Root Choord 2.63 2.74 2.83 2.92 3.03
In flight weight Range 55-70 65-85 75-95 85-105 95-115
LTF A B B B B

素材

  • 上面: スカイテックス 36 クラシック
  • 下面: スカイテックス 27 クラシック
  • リブ / ダイアゴナル: スカイテックス 40 ハード
  • アッパーライン: エーデルリッド製 8000U-090/070
  • ミドルライン: ライロス製 DSL140/70
  • ボトムライン: エーデルリッド製 7343-230/190

ダウンロード

デザイナーコメント

設計概要

ジオ3は、EN Bクラスの高い安心感のある軽量グライダーを作り出すのに理想的なベースとなるバズZ3を元に開発されました。

EN Bクラスにおける高いレベルの安心感、安全性、正確さと性能がジオ3に要求された使命です。

新しい特徴

ジオ3の下面は、ポルシェ27グラムクロスを採用し、機体重量を大きく軽減しパッキングサイズも小さくなりました。27グラムクロスを下面に使用した場合の耐久性は大変良く、スイフトその他のモデルで実証されています。

上面に採用されているポルシェの36グラムクロスは、我々の軽量グライダーでの6年の実績が示すように理想的なクロスです。このクロスは、重量と耐久性の理想的なバランスから上面全部に採用されています

内部のリブはZ3同様、ポルシェの40グラムハード仕上げを採用しています。あまり荷重のかからない、ラインが取り付けられていないリブのみが27グラムのハード仕上げに変更されています。

新しくナイロン製のロッドがリーディングエッジの補強用としてダクロンから変更されています。デルタやその他の高性能機と同じスタイルのリーディングエッジの補強は軽く耐久に優れています。

オプションのライトライザーは、10mm幅のダイニーマーでできており、ラインの取り付けはリンクライト・コネクターで行います(スイフトのライトライザーと同様)。ライトライザーにするとスタンダードライザーと比べて250グラム軽くなります。

ジオ3の総重量は、耐久性及び安全性を全く犠牲にすることなく、MLサイズでジオ2から900グラム軽くなっています。