Loading Icon Black

ミッチ・ライリーがモナルカ2019で勝利

January 24, 2019

オゾンパイロットがメキシコのヴァジェ・デ・ブラヴォで開催されていた第15回モナルカ・パラグライディング・オープンを総なめ。

総合優勝のミッチ・ライリーのレポート:

「メキシコのヴァジェ・デ・ブラヴォは第15回モナルカパラグライディングオープンの開催地となりました。一週間を通して幅広いタスクとコンディションで飛びました。大会最終日の昨日、私は30点差で1位で、神経を落ち着かせ、プレッシャーを抑え、ただ単に楽しもうと努力していました。そしてそれはヴァジェエリアを回る92kmのタスクで素晴らしくうまくいきました。最初の1時間のレースは非常に速く、先頭のガーグルは強いリフトを速く上げてトランジットに移行しました。しかしモナルカに行く途中で、影が出始め、どんなに弱くても得られるリフトは利用し、上昇とグライドを最適化するモードになりました。最終日に栄光を探していたパイロットはコンバージェンスの端を突っ切り、絶望的になっていました。私はコンバージェンスに戻って、見つけられるどんなにわずかなリフトも捕まえ、ESSに向かって長いグライドに入りました。上手くいきました!日が遅くなるに合わせてスローモードに切り替えることでその日トップでゴールに入ることができ、大会での優勝を確実なものとしました。ハロルド・ウイルヘルム(2位、エンツオ3)、マシュー・ビーチノア(3位、ゼノ)、ビアンカ・ハインリッヒ(女子1位、ゼノ)そしてガンナー・サエブ(スポーツ1位)おめでとう。アラス・デ・ホンブレおよびニッキー・モスは進化する政治状況を上手く処理し、ガソリンが危機的状況であるにも関わらず、ヴァンに燃料を補給するという素晴らしい仕事をしました

全成績はここで。

オゾンチーム全員から祝福します。