Loading Icon Black

2016イベリア・オープン

July 6, 2016

イベリア・オープンそしてスペイン選手権の2戦目がスペインのピエドライタで閉幕しました。オゾンチームパイロットであり総合優勝したチェヴィ・ボネのレポートです:

「ピエドライタは大会期間中毎日、安定したコンディションを提供し7本のタスクが成立し800km以上を飛ぶことが出来ました。

初日にはシエラ・デ・グレドスを回る169kmの意欲的なタスクが組まれました。7時間にわたってフライトしたのち強い向かい風と弱いサーマルに阻まれゴール手前数mにランディングさせられました。

2日目は難しいパイロンであったグレドスの国営ホテルを含む102kmの三角コースで9人がゴールしました。

3日目は予報が荒れ模様であったので、短めで短時間の87kmタスクを組み多くの選手がゴールしました。

4日目は強風の中160kmのタスクがスタートしましたが、アヴィラから先は好転してまたしても幸運な9人がゴールしました。

5日目は簡単なルートの115kmでガーグルのほとんどがゴールしました。

6日目はアヴィラ往復の118kmでしたがヴィジャトロの丘で強風につかまり、たった6人がゴールできただけでした。
最終日はピエドライタ谷に沿った短めの84kmでしたが平野部で手こずり16人がゴールしました。

7日間の競技が終了し私は1位になり、若いフランス人パイロットのテオ・ブーヴァーとフランシス・レイナが続きました。皆エンツオ2に乗っていました。

全成績はここで

全選手におめでとう、チーム全員から祝福します!