Loading Icon Black

イタリアを自転車で回り飛ぶ:火山ツアー

January 18, 2016

トビー・ブック、ヨッヘン・シュヴァイツアーとフェリックス・ヴォルクはヨーロッパでの最も活発な火山でフライトするために自転車で走り回っています。フェリックスのコメントです:

アイデア:移動に飛行機、ケーブルカー、車を使わずに環境に優しいパラグライダーでの冒険。我々の足とサーマルだけ。時には海を渡るために船は使う。我々の荷物:テント、寝袋、カメラ装備の入った重いバッグ、ウルトラライト3機、オゾとFライトハーネス。我々はドイツに訪れる冬から逃れるためドイツ、ババリアの本拠地を後に自転車で南へと向かった。

ゴール:イタリア中をサイクリングし、ヨーロッパでもっとも活発な火山に登ってそこから飛ぶ(ヴェスヴィオ山、ストロンボリ山、エトナ山)。

スタート:11月12日。ナポリ近くのヴェスヴィオは、フライトするために1晩火口で過ごさなければならなかったが、ちょっとしたウオームアップであった。強い北風は止むことなく活動を続けるストロンボリ山のごう音の鳴り響く火口上空へと導いた。上空からの景観は悪魔的だ。シシリアに12月頭に到着した。その時エトナ山(3352m)は2週間以上活発な活動を見せていた。登山は禁止されていたが、登頂しメインの火口の端からテイクオフした。30分間にわたる滑空は、漆黒の超現実的な地形上空の素晴らしいフライトであった。我々が地上に足を降ろした5分後に壮大な山は再び噴火した。正に我々がテイクオフした火口から、厚い雲の黒い柱が上空に延びていた。地獄からそのまま出現したような巨大な”何か”を見つめること以外になす術がなかった。そこに30分前にいたと考えただけでぞっとした。話す者も冗談を言う者もいなかった。この瞬間、我々のプロジェクトの成功のばか騒ぎはつつましやかな沈黙に変わった。

―フェリックス・ヴォルク 

写真と物語は: INSTAGRAM.