Loading Icon Black

オーストリア選手権で壮大なコンディション

June 10, 2014

オーストリア選手権において、選手たちはこれまでの大会でも最も大きなタスクを飛び、安定した良い条件を楽しみました。4日間の大会で150kmを超えるFAIトライアングル2本を含む500km以上のフライトをしました。このような条件の下では真のパラグライダーの素質と真のパイロット技術が輝きを見せることになります。

オゾンパイロットが総合トップ15位までに14人入り、大会を圧倒しました。オゾンパイロットが総合、オーストリア選手権、女子そしてスポーツクラスでトップとなりました。

オゾンチームパイロットのアレックス・シャルバーが総合1位、クリストフ・エダーが2位そして生存する伝説の人アーミン・エダーが3位となりました。

イヴォンヌ・ダテがM6に乗り女子クラスを制しました。

スポーツクラスでは、ステファン・ブランドルナーがM6を試乗しながら(今、彼の機体を売りに出しています)勝利しました。2位にはLM5に乗るフィリップ・ハーグが入りました。

綜合結果は: http://www.paragleiter.org/wp-content/uploads/2014/06/austrian-open.html

全成績は: http://www.paragleiter.org/

みんなおめでとう。条件がそれほど良かったことに満足するとともにそこにいなかったのがとても残念だ!