Loading Icon Black

オゾンパイロットがXアルプスの準備に入りました

March 14, 2013

2013年Xアルプスのルートが開示され、世界中のオゾンパイロット達は世界で最も過酷なアドベンチャーレースであると認識されているこのレースに向けて既にトレーニングを開始しました。2年ごとに開催されるこのイベントは、今年は、競技者がアルプスの非常に難しい場所を何箇所か通過するようなターンポイントが設けられ全工程で1000kmを超えるさらに長く、よりテクニカルで複雑なものとなっています。

2013年は、オゾンのチ―フデザイナー兼テストパイロットであるダヴ・ダゴーが彼自身の設計による特別な軽量グライダーに乗り2位となった最初のXアルプスから10年目となります。それ以来軽量装備およびビバークフライトによるアドベンチャーに対するオンの情熱は、Xアルプスのパイロット達およびヒマラヤ、アメリカ西部、南アメリカ、アフリカの最も荒涼とした場所で距離ならびに高度記録を打ち立てた恐れを知らない多くの冒険家をサポートさせてきました。ダヴのXアルプスでの活躍に加え、ルック・アーモンの今では有名になったサポート無しの単独でのヒマラヤでの1000kmに渡るビバークフライトそしてフレッド・ピエリによる中央アジアでのビバークフライト・アドベンチャーが我々の軽量革新に対する原動力となりました。

クリーゲル・マウワーがオゾンXアルプス・チームパイロットの先頭に立ち理想的なXアルプス用装備一式(グライダー、ハーネス、ザック)の開発に力を貸してくれているので、今年のレ-スには非常に興奮しています。じきにオゾンに乗るパイロットおよび我々が何を提供するかの詳しいリストを掲載します。どうか注意をそらさないでいてください。今年のコースをパイロットがどう飛ぶか追いかけるのが楽しみです!関係者全員に幸運を祈ります。また今年も安全で楽しいイベントになることを期待しています。