Loading Icon Black

アンチG

March 16, 2011

 

これまでに急旋回で、意識がなくなったことがありますか?あるいは、それほどのスパイラルダイブに入れる勇気がありませんでしたか?急過ぎる旋回をしたか、不十分であったかにかかわらず、アンチGがあなたの生活を変えます―良い方向へ。

簡単に言うと、アンチGは、スパイラルダイブ中のG荷重を軽減する装置です。シンプルで簡単に使え、特に高アスペクトの機体には有効です。アンチGは、あなたがスパイラルに入れたい側にあるハーネスのメインライザー取り付け部に固定します。ドラグシュートを開傘し、いつものようにスパイラルを開始します。スパイラルダイブに入れることはできますが、少ないG荷重で大きな沈下をより少ない旋回で達成することができます。多くのパイロットはアンチGを使うことでG荷重が40%も軽減されることを実感するでしょう。

アンチGを使用することで、G荷重が軽減され、より状況の把握ができる状態でより沈下の大きいスパイラルダイブに入れることができます。また、G荷重の軽減は、キャノピーおよびラインへの負荷が少なくなることにもなります。水平飛行中にアンチGを開傘したとしても、トリム速度では、ハーネスに顕著な動揺やヨ―方向の力はかかりません*。ドラグシュートが開いた状態で、いつも通りスパイラルしランディングすることができます。

我々は、この装置を全てのコンペパイロットへ勧めます;いくつかのグライダー(特にマントラおよびマントラRシリーズ)は効率がとても高いので、過度のG荷重をかけずに効率良くスパイラルダイブで高度を下げるのは困難です。アンチGは、R11のようなグライダーでさえも、少ないG荷重で急激な沈下を可能にします。

*アンチGは、通常よりも短い距離で着陸するために使用するものではありません。スパイラル中のG荷重を軽減するためにのみ使用することを想定しています。