Loading Icon Black
GO

OXYGEN 2 AND OXYGEN 2+: SAFETY NOTICE

June 7, 2019

Concerning all Oxygen 2 and Oxygen 2+ harnesses. It has been reported that during a static deployment there were difficulties removing the handle from the Velcro attachment, making it impossible to... 続きを読む

オジウム2安全警告:2018年10月9日

October 9, 2018

オジウム2のレスキューパラシュートインナーに関する不具合により、オジウム2ハーネスの所有者に対処が求められました。もしあなたがオジウム2を所有しているならば、この安全警告をご覧ください。... 続きを読む

オジウム2に関する安全警告

April 2, 2018

2018年3月以前に製造されたすべてのオジウム2はレスキューブライダルスリーブにちょっとした簡単な修正を施す必要があります。もしあなたがオジウム2を所有しているならばこの安全警告および修正の仕方を読んでください。質問等は輸入代理店にお問い合わせください。... 続きを読む

あなたのハーネスをセッティング

January 30, 2018

パイロットとして我々はハーネスに何時間も座っていることになります。あなたのハーネスセッティングをチューニングすることは観察、快適性、ハンドリング、安全性そして性能を改善します。 エアリンク・オンライン・アカデミー:聖子とシャルルが彼ら自身のハーネスをどのようにしているかを説明しています。 座って彼らの助言を楽しんで! (フランス語の字幕はCCをクリック) YoutubeHD:550,309,Su5wQGVi1OA... 続きを読む

0
This weekend we will be back in St Hilaire du Touvet, France, for the 46th annual Coupe Icare and the 20th Anniversary of Ozone Gliders.
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
Please come visit us at the OZONE stand to talk about new products for 2020 and beyond. We’ll be announcing some new stuff for next year, and catching up with friends.
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
For more on our new products arriving imminently Hit the Link in BIO
4
"To be rock bottom... spiritually, mentally, physically. You have a lot of time to reflect on what your life is about, who you are, who the people around you are. It humbles you. Massively...”
A glimpse into Jezza Williams’s journey @makingtrax.co.nz, as he takes to the sky on his quest to make adventure sports accessible to everyone. ⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
A film by @we_are_explorers

Watch the full film "LIMITLESS" Hit the LINK in BIO
1
PWCA’s Ruth Jessop reports on task 3 of the World Cup in Pico do Gaviao, Brazil: “With another day of blue skies and sunshine, a 104.5 km task was set taking the pilots on a tour around the plains, returning to goal near Andradas.

Today had everything, great conditions, lift, convergence, sink, some super strong thermals, but at the same time, it was not too turbulent or bumpy. Flying with 50 vultures at the last turn point was the high point for many.
Unfortunately, overall race leader, Chigwon Won (Enzo 3), set off too early on his final glide so had to stop and climb. His late arrival in goal changed the overall leaders, giving three pilots in first place, making it still very much anyone’s race.

But for the youngest pilot in the race, Noah Locatelli (Zeno), leading out on the way to goal for a whole minute was, for any 17-year-old wanna be World Champion, a dream come true.

The goal field was a very busy place for four minutes as the top fifty all arrived within minutes of each other.

At the end of a lovely cross-country flight, with stunning scenery, 92 pilots made goal.
Average speed of the fastest pilot around the course was 32km/h”

Task 4 is a 100 Km Race to goal with many pilots already in goal. Report coming soon, stay tuned.

For full results visit: PWCA.org

Image by @simon_pellissier
1
TRY FLIPPING YOUR PHONE
Perspective ;)... 🇳🇴 -
Rider: @jamie_lee_speedflyer
Photo: @malachitempleton
6
“To kick off the Pico Do Gaviao 2019 Paragliding World Cup, a 70km task, zigzagging south west across the rolling hills, was set.

As soon as everyone got into the air, the first day nerves were blown away by the great thermals which, if anything, were a bit stronger than expected. The cycles were short and the ceiling was high, which made reading the clouds really important. There was very little wind until the last part of the race. In summary, perfect paragliding conditions.

From the beginning, there were different route options which divided the gaggles up. The end part of the race was nail biting as the lead gaggle got low and stuck and were overhauled by those behind.

107 pilots made goal within 1 hour and 7 minutes of each other”
Task 1 winners: Korean pilot Chingwon Won (Enzo 3), local pilot Marcella Uchoa (Enzo 3) @marcellauchoa and the Ozone Team.
For full results visit PWCA.org

Stay tuned for more.

Report courtesy of Ruth Jessop
Image by @xavlaporte
4
Fresh Canvas... -
Pilot: @manuelsiegrist
Photo by @sebschlegel
Location: Switzerland 🇨🇭 Glider: Zeno
4
“It was my first time flying down this particular tree trench, definitely plan to return and refine”
By @bridger_henriksen
13
The new GEO 6 is the lightweight version of the Buzz Z6. It delivers high amounts of passive safety in a lightweight adventure wing with True Performance throughout the entire speed range.
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
Modern construction techniques and a clever use of materials have saved 350 grams of weight compared to its predecessor, and all of the performance gains made in the Z6 project have been directly passed on.
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
20% Less Line Drag
Refined Shark Nose Profile
G-String Leading Edge
Double 3D Shaping
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
For more on the GEO 6 Hit the LINK in BIO
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
Video by @karlstezlick

エグゾシートハーネスに関する安全警告が出ました

October 20, 2017

エグゾシートハーネスを使用している全パイロットに対して: エグゾシートハーネスに関する安全警告をこのページで確認してください。... 続きを読む

オジウムハーネス:安全警告

June 8, 2017

この安全警告は全てのオジウムハーネスに関するものです(新しいオジウム2には関係ありません)。 レスキュー引き出しのシミュレーションで破損したケースの報告を受けています。全てのオジウムハーネスのレスキュートグルが製造過程で破損している可能性があります。もし破損があった場合、レスキュー引き出し過程でピンが破壊し、トグルを引き抜いたとしてもレスキューコンテナーが閉じたままになってしまいます。破損は目視できない内部で起きているため、念のため全てのトグルを交換することにしました。 必要な処置:レスキュートグルの強制的交換 全てのオジウムハーネスのレスキュートグルは次回使用する前に交換されなければなりません。オジウムハーネスを購入したディーラーに連絡して交換用トグルを要求してください。交換用(良品)トグルは、ブルー色のバータック縫製がされて明確に判別できます。もしあなたのトグルにブルーのバータック縫製がされているなら、それは良品ですので使用されて全く問題はありません。もしブルーのバータック縫製がされていないなら、交換しなければなりません。右側の写真を確認してください。 交換用トグルに関する質問はファルホークインターナショナル(有)あるいは直接我々にご連絡ください。... 続きを読む

オーストリアルパンのバックルに関して

February 18, 2016

オゾンハーネスのいくつかで使用されているコブラバックルのメーカーからこのバックルに関する安全警告が発表されました。メーカーのオーストリアルパンはこの警告は製造されたバックルのほんのわずか、200万個に1個、に影響があるとのことです。ここで見られるpdfガイド(英文)に従ってあなたのオゾンハーネスのバックルを検査してください。 万が一このガイドに詳述された問題を発見した場合は、そのハーネスは使用しないでください。直ちに、バックルの写真を撮り、ハーネスの製造番号を控えオゾン代理店に連絡してください。... 続きを読む

フォーザハーネスのレスキューコンテナー・クローズループに関する安全勧告

January 8, 2016

重要な安全勧告 以下の製造番号を持つ2015年に製造された全てのフォーザハーネスに関して: Forza-(サイズ)-Q-31A-(???)からForza-(サイズ)-Q-49E-(???)まで フォーザハーネスのレスキューコンテナーを締めるループが破損する事例がいくつか報告されています。その全ての事例でコンテナーを締めるループの片方が完全に破損しました。フォーザ―のレスキューコンテナーはダブルケーブルデザインであるため、これによってすぐさまレスキューが期せずして開傘することはありませんが、フォーザハーネスで次回飛ぶ前にオゾンディーラーあるいは資格のある専門家による適切なチェックを受けることを強く勧告します。 適切なチェック方法に関しては、安全勧告のページを確認するかフォーザ安全勧告PDFファイルをダウンロードしてください。... 続きを読む