Loading Icon Black
GO

オジウム2安全警告:2018年10月9日

October 9, 2018

オジウム2のレスキューパラシュートインナーに関する不具合により、オジウム2ハーネスの所有者に対処が求められました。もしあなたがオジウム2を所有しているならば、この安全警告をご覧ください。... Read More

オジウム2に関する安全警告

April 2, 2018

2018年3月以前に製造されたすべてのオジウム2はレスキューブライダルスリーブにちょっとした簡単な修正を施す必要があります。もしあなたがオジウム2を所有しているならばこの安全警告および修正の仕方を読んでください。質問等は輸入代理店にお問い合わせください。... Read More

あなたのハーネスをセッティング

January 30, 2018

パイロットとして我々はハーネスに何時間も座っていることになります。あなたのハーネスセッティングをチューニングすることは観察、快適性、ハンドリング、安全性そして性能を改善します。 エアリンク・オンライン・アカデミー:聖子とシャルルが彼ら自身のハーネスをどのようにしているかを説明しています。 座って彼らの助言を楽しんで! (フランス語の字幕はCCをクリック) YoutubeHD:550,309,Su5wQGVi1OA... Read More

エグゾシートハーネスに関する安全警告が出ました

October 20, 2017

エグゾシートハーネスを使用している全パイロットに対して: エグゾシートハーネスに関する安全警告をこのページで確認してください。... Read More

12
The Coeur de Savoie Paragliding World Cup will take place from the 25th of May until the 1st of June 2019.
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
The Coeur de Savoie venue brings together some of best and most well known flying venues in all of France. Nearby Annecy and St Hilaire are legendary in the free flying world. The mountains of the Bauges, the Belledonne and the Chartreuse are full of rocky ridges and thermal churning spines, perfect for paragliding.
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
The pilots flying in this competition have a phenomenal amount of knowledge of how this area works, quite simply because it’s one of their favourite playgrounds. Some of the pilots in this competition were flying here before the others were even born, however the young blood should not be underestimated. Young or old, male or female, nothing is certain about who will win Coeur de Savoie 2019!
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
All of the top ten from the 2014 Coeur de Savoie will be competing once again. Eight out of the top ten from 2017 and the top 3 ladies will battle it out once more. Nine out of the top ten, including the first lady, from the recent Super Final in Baixo Guandu are taking part.
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
Eighteen pilots taking part have already won a World Cup, four have won the Super Final, six have been World or European Champion.
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
Keep up with all the action on the PWCA app (which includes photos of the pilots), read the live Commentary, and follow the pilots on the tracking to see who the high flyers in this amazing competition will be.
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
Stay tuned for more.

Photos courtesy of PWCA.org
4
2019 X-Alps pilots, Cody Mittanck and Gavin McClurg, took their fresh Zeolites for an amazing flight in the state of Nevada.
@codymittanck @gavinmcclurg
Cody reports: "I just got back from another spring trip to Nevada with the X-Alps Team USA boys, Gavin and Willi. We did a recon trip there last summer and had some great exploratory flights. This year we knew a bit more about what to expect and the conditions we needed for a big one. According to the models, Central Nevada tends to show some of the best flying conditions so we lined up a launch to take advantage of that area. On this particular day the models showed perfect conditions for a record flight -- light surface winds, strong winds aloft, strong lift, clouds, and low CAPE. During the first half of the flight we nearly landed on each glide. The lift was extremely broken and the clouds were sparse. We hung in with the frustrating conditions because the alternative was landing in the middle of nowhere with the potential of dust devils and long walks out. With a slow average speed we pressed on crossing over long desolate basins and barren mountain ranges. It is beautiful in it's simplicity out there, yet wild, dangerous, and intimidating. The last half of the flight conditions dramatically improved. Cloud streets began forming and tailwinds pushed us 90 kph on glides. Base rose to 16k and froze camera batteries and fingers. By the end of the day we flew 305 Km. The place has much more potential, but unlike some other lines in the western US, it's not going to give it up easily.

A big part of this mission was to fly the Zeolite and give it a proper test before taking it to the X-Alps. I've been flying the Z-Alps the last couple of XC seasons and I immediately felt right at home under the Zeolite. At one point I was 50 meters off the deck trying to work an extremely rowdy desert thermal and the Zeolite never even took a tip collapse. Unbelievable that a 2-liner can be this light and still be so easy to fly”

Congrats and Cheers from all the Ozone team.

Photo by Johan Brütting

オジウムハーネス:安全警告

June 8, 2017

この安全警告は全てのオジウムハーネスに関するものです(新しいオジウム2には関係ありません)。 レスキュー引き出しのシミュレーションで破損したケースの報告を受けています。全てのオジウムハーネスのレスキュートグルが製造過程で破損している可能性があります。もし破損があった場合、レスキュー引き出し過程でピンが破壊し、トグルを引き抜いたとしてもレスキューコンテナーが閉じたままになってしまいます。破損は目視できない内部で起きているため、念のため全てのトグルを交換することにしました。 必要な処置:レスキュートグルの強制的交換 全てのオジウムハーネスのレスキュートグルは次回使用する前に交換されなければなりません。オジウムハーネスを購入したディーラーに連絡して交換用トグルを要求してください。交換用(良品)トグルは、ブルー色のバータック縫製がされて明確に判別できます。もしあなたのトグルにブルーのバータック縫製がされているなら、それは良品ですので使用されて全く問題はありません。もしブルーのバータック縫製がされていないなら、交換しなければなりません。右側の写真を確認してください。 交換用トグルに関する質問はファルホークインターナショナル(有)あるいは直接我々にご連絡ください。... Read More

オーストリアルパンのバックルに関して

February 18, 2016

オゾンハーネスのいくつかで使用されているコブラバックルのメーカーからこのバックルに関する安全警告が発表されました。メーカーのオーストリアルパンはこの警告は製造されたバックルのほんのわずか、200万個に1個、に影響があるとのことです。ここで見られるpdfガイド(英文)に従ってあなたのオゾンハーネスのバックルを検査してください。 万が一このガイドに詳述された問題を発見した場合は、そのハーネスは使用しないでください。直ちに、バックルの写真を撮り、ハーネスの製造番号を控えオゾン代理店に連絡してください。... Read More

フォーザハーネスのレスキューコンテナー・クローズループに関する安全勧告

January 8, 2016

重要な安全勧告 以下の製造番号を持つ2015年に製造された全てのフォーザハーネスに関して: Forza-(サイズ)-Q-31A-(???)からForza-(サイズ)-Q-49E-(???)まで フォーザハーネスのレスキューコンテナーを締めるループが破損する事例がいくつか報告されています。その全ての事例でコンテナーを締めるループの片方が完全に破損しました。フォーザ―のレスキューコンテナーはダブルケーブルデザインであるため、これによってすぐさまレスキューが期せずして開傘することはありませんが、フォーザハーネスで次回飛ぶ前にオゾンディーラーあるいは資格のある専門家による適切なチェックを受けることを強く勧告します。 適切なチェック方法に関しては、安全勧告のページを確認するかフォーザ安全勧告PDFファイルをダウンロードしてください。... Read More

ドイツのLTFに関する重要な通達

June 18, 2015

ここ数年に渡り、はっきりとせず誤った情報が流布したため、LTFに関してドイツ人パイロットは誤解させられて来ました。我々が知っての通り、LTFパラグライダー認証は官僚主義的形式項目を追加し、ひいてはパイロットへの財政負担を増やす一方、グライダーの安全性には寄与するものではありません。 ドイツ運輸省は、ドイツ人パイロットは、EU内のどの国の公認された機関により発行された認証を取得している限り、LTF認証を取得しているグライダーを乗る必要はないことを確認しました。 このドイツ運輸省の見解の結果、通常のEN規準によりテストされフランス関係当局から認知されているモジョ5やアトム3などのグライダーはドイツ人パイロットへの販売並びに使用が許され、ドイツのスクールにおいても使用が許されていることになります。新しいモジョ5およびアトム3はこれらのクラスとしては最高のものでドイツ人及びスクールがヨーロッパの他の国のパイロット同様簡単に使えることを嬉しく思います。... Read More