Loading Icon Black

MONARCA EXPEDITION: World Record Vol-Bivouac Flight

Ben Jordan crosses USA with massive 2,835 km vol-bivouac expedition.

Inspired by the incredible migration of the Monarch butterfly, over the spring and summer of 2020, Ozone Team Pilot Benjamin Jordan became the first person to paraglide from Mexico to Canada, setting a new Vol-Biv World Distance Record (2835 KM) and completing the first ever un-powered paraglider journey across the United States.

From the scorched earth of southern Arizona, across the red rocks of Utah, above the towering peaks of Idaho and along the endless rockies of Montana, Jordan dedicated 150 unforgettable days to the completion of this extraordinary vision.

Monarchs are the world’s furthest migrating butterfly. Over four generations, they fly all the way from Mexico to Canada and back, completing the 7000 km round-trip each year. Exactly how they manage to find the exact same overwintering site that their ancestors overwintered on the previous year, remains a mystery to scientists to this very day.

Just like the Monarch, Benjamin’s remarkable journey was completed without using fuel or power of any kind, but by simply relying on his glider and understanding of the natural world.

For more on Ben’s adventure, follow us on Facebook and Instagram .

For track logs visit: www.monarcaexpedition.com

Congrats Ben and Cheers from all the OZONE team!

新記録:ラファがまたしてもやりました!!!

オゾンチームパイロットのラファエル・サラディニ(エンツオ3)は母国のブラジルで直線距離(宣言ゴール)の世界新記録を達成しました。彼のレポートです:

「10月15日―我々は毎日同じポイントを宣言してここに20日間居座っていますがそこそこの風と十分な湿気があったのはたったの2波でした。タシマは常に精神的な挑戦です。午前6:40にタシマ近郊の”エアロパスト(トーイングエリア)”から対地400mまでトーイングされました―2km風下に位置する昔の斜面から離陸していたリッジにやっと到達できる高度です。

予報はあまり良くなかったので、2つの主な目的をもって離陸しました:いくつかのショットを撮るためにチェイスカムを取り付けていたので、ラゴアノヴァの滑走路をチェックすることにしました。すこしばかりソアリングして7時ごろに大気中を予想もしていなかった11時間を超える旅を始めました。

ラゴアノヴァに到着する前に、ハードランディングした場合に驚くようなことが起きないように、振り子運動を起こしてチェイスカムをつかむ必要がありました。ラインをカットしてマウントをハーネスの中にしまいました。滑走路に到達したとき対地高度は250mで安全にランディングできるところを探しました。 しかし人生は時折予期しない驚きをもたらします。強いサイクルがそのまま雲底まで運んでくれ、私の考えはすっかり変わりました。できるだけ遠くに飛び、最終的に宣言ゴールの記録を破ることにしました。

2007年私が出した397kmの南アメリカ記録以来、単独で飛行することは全くありませんでした。チームフライトはブラジルの後背地を探索するための私のお気に入りの方法です。空と世界記録を友達と共有することは、私が今までに経験した中で最高の経験の1つです。しかし今回は別の方法で行うことにしました。一日中、再び単独で飛行することです。11時間以上深い静寂の中で瞑想します。大気の脈動との純粋なつながり。他に何も問題がないときは、現在の瞬間と次のサーマルだけです。

風は穏やかで、ブルーホールも多く、コンディションは素晴らしいものからは程遠いものでした。それを穴埋めする唯一の方法は、常にアクセルを全開して攻撃的な態度であり、チームが飛行するときよりもはるかに早い着陸するリスクに自分自身をさらすことでした。午後3:30までは上手くいきました。それ以降空はブルーに変わり、早く正確にナビゲートすることが非常に難しくなりました。

午後遅く、すでに疲れてくるとチームフライトが違いを生みます。特に空がブルーの時には。最後の2時間でいくつかのミスを犯し貴重なキロメーターを無駄にしてしまいました。しかしながら、530kmを宣言して飛行し、最終的に555kmに到達し、セアラの中心部の汚れた道路に着陸してなんとか宣言ゴールによる直線距離の世界記録を破ることが出来ました。現時点での記録は2019年にギ・アンダーソンとハリー・ブロクサムによる510.8kmです。FAIが 承認するかどうか見てみましょう。

確かに、それは私が人生で一人で経験した中で最高のパラグライダー体験でした。本当にうれしいです!!!555kmはパラグライディングの歴史で3番目に長いフライトです。現在の直線飛行世界記録は582km(トーイングによる)で2番目は564km(足で離陸)です。両方とも我々のチームによるもので 、それらの仲間になれることを私は本当に本当に本当に感謝しかつ光栄に思っています。」

トラックログはここをクリック。
ラファおめでとう。オゾンチーム全員から祝福します。

孤独の星カーボーイ:テキサスで501km

セバスチャン・カイルーは2020年6月7日、M7に乗りテキサスで501kmを飛び、初めてのアメリカ合衆国における500km越えフライトを達成すると言う金星を射止めました。

Cross Country Magazineの編集長であるエド・アーウイングとのインタビューをお楽しみください。下の写真をクリック。

シャルル・カゾーがPGのスピード新記録を達成

オゾンチームパイロットのシャルル・カゾー(フランス)が2020年8月24日、コル・デュ・バンシェ(フランス)で彼自身の25kmトライアングルスピード記録を破る46.9km/hを出し、新しい世界新記録を達成しました。

彼のレポート:

「ディゼンティスの1週間にわたるワールドカップから戻ってきたばかりで目を覚まし、子供らと朝食を食べ、庭を数歩歩いて空を見上げました:爽やかな空気、乾燥した草、鳥たちはすでにサーマルソアリングをし始めており、上空は東北東の風、リッジの東側には雲はほとんど無し。フーン…良い日になりそうな…とても良さそうだ。家族全員の予定は?子供たちは昨日のハイキングのため家でゆっくりしたい。本当?と言うことはこの大気を試すためにちょっと時間が取れるってこと。テイクオフはここからたったの10分の場所。

予報をもう少し注意深くチェック、計画には少し風が強いかも…でもトライしてみるか!計画は何?25kmのFAIトライアングルのスピードレース!何だって?そう、それだ!

数年前、私は私自身を向上させるための特別な練習をスタートさせました;アクセルの使い方、心の限界を押し広げる、この特別な瞬間に集中し、リラックスしそして効率的になる。コンペでフルスピードで飛ぶファイナルグライドはフライトのほんの数分でしかありませんが私はあまり得意ではないことに気が付きました。最高のパイロットと戦えるように、練習に時間をかけました。上手くいくようです!25kmは大変短く毎秒が平均スピードに影響してきます。特に気を付けなければならないのは、FAIの記録ルールによれば500m以下でなければならないスタート地点とアライバル地点の高度差です。速く飛ぶには加速し高度を失いますが、一方この最大高度差を考慮しなければなりません。私のホームエリアは地形と気象的には悪くないと思います。

2006年に最初の”25kmFAIトライアングルスピード”世界記録を達成し、2010年にオゾンR10で更新しました。その後プロトタイプがコンペから消えたため最高スピードが遅くなり、ここ数年限界を超えるのに適した気象条件を見つけるのが結構難しくなってきました。

現在に戻ると、私は火が付き準備が出来ています!必要書類をFAIに送信し、GPSでタスクを設定し、準備万端、バラストをいっぱいにし、エンツオ3とエグゾシートはいつでも飛び立てます!オーストラリア、テキサス、ブラジルでのいくつかの記録挑戦を経験しているので、この記録挑戦のルーチーンには慣れており、ホームではいたって簡単でした!テイクオフ、崖近辺の最初のサーマル、ちょっと計画には強いかも、北東10~15km/h、リフト3~4m/s。気にしないで、この競技場で何ができるかやってみよう!特に対地300~400mでフライトしていたにせよ、リッジ上でサーマルとアゲインストに向かってBライザーとアクセルを多用しなければならないかなり厳しいコンディションでした。私はこの日のタスクの正しい対処法を持ち、そのような挑戦に立ち向かう準備ができていました! 一線を越えて結果を確認するのはとてもいい気分です!スピード新記録…

エアリンクスアカデミーのチームメートである福岡聖子・ナヴィルに感謝します。彼女はいつも安全トレーニング、フルスピードトレーニング、詳細な報告で私のスキルを向上させるように私を促してくれます。このタスクに私を集中させるべくアドバイスをしてくれた1日コーチングに感謝します。

もっと速くできるような適切な気象条件あるいはもっと良い場所での来るべき日を心待ちにしています!」

これほどの速いフライトおめでとうシャルル。オゾンチーム全員から祝福します。

記録の詳細はここをクリック。

FAIによるシャルルへのインタビューはここをクリック。

18 YEAR OLD CAIO BUZZARELLO SETS NEW RECORD IN BRAZIL.

Caio Henrique Buzzarello has set a new record flying his Enzo 3 in the South of Brazil.

He shares:

“Montes Claros – Minas Gerais is the man stage at the moment for the biggest flights in Brazil! A privileged region with great potential for flights over 350 km and an incredible flight average.

We just caught a beautiful day, blue sky, where the convergence lines ended up being the best options for lift.

It took us 7h and 48 minutes, for 352.2 km of distance, establishing the new record of Mineiro and the center-south of Brazil!

Add to this flight my companions and friends, and it will stay in memory forever!”

For the flight track, Click HERE. 

Congrats and cheers from All the Ozone Team.

Photos courtesy of Caio Buzzarello

HORACIO LLORENS AND FELIX RODRIGUEZ SET A NEW DISTANCE RECORD IN THE PYRENEES.

Cousins Horacio Llorens and Felix Rodriguez Fernandez have just landed from a week long bivy mission in Spain.

On Saturday, June 27th, after spending a full day on the ground due to strong winds, they launched from Alanos and flew 227 km to set a new Pyrenees distance record.

In their words:

“Our goal was simply to enjoy the beautiful Pyrenees, and fly as a team. During the first three days we flew 180 km to the west, where the crest of the Pyrenees ends.

On the fourth day, we were forced to take the day off due to strong wind. The big surprise came on day five when, with decent conditions (nothing special), we were able to fly 227 km for a new distance record in the Pyrenees… we flew back to the east following the predominant wind flow and in a single day we surpassed the full route of the first three days. It was UNREAL!!!!

After that incredible flight, conditions deteriorated. So we decided to stop for now and put our energy into our next vol-bivouac mission. Stay tuned to find out where and when this will be!”

Horacio was flying his Zeolite and Felix his Z-Alps. Both of them flew with the Ozium 2.

For flight track Click HERE

Congrats guys for such a great adventure and a new record for the family!

Cheers from the all the Ozone team.

SEBASTIEN KAYROUZ SETS A NEW US RECORD ON HIS MANTRA 7

Congrats to Sebastien Kayrouz, who set a new US Paragliding record in Texas flying his Mantra 7. On June 7th, Sebastien launched from a small hill near Camp Wood and flew a straight-line distance of 503 km.

He flew for 9 hours 45 minutes with an average speed of 52.5 kmh and a maximum altitude of 2,707 m. This might be the longest flight ever done on a 3-liner.

Previous to Sebastien’s flight, the longest paragliding flight in the US was 463km, set by Ozone R&D team member Luc Armant on 2 July 2014.

Sebastien sent us this message after his flight:

“The strong wind made the conditions challenging but the M7 took on everything the day threw at us like a champ and delivered when I needed it to deliver. I loved the M7 before, and I love it even more now. Thank you Ozone.”

Amazing flight Sebastien! Cheers from all the Ozone Team.

For flight track Click HERE

NEW SWEDISH RECORD – 223 km

On May 6th, Gillis Bengtsson set a new Swedish distance record on his ZENO. He took off from Ålleberg, a small mountain (90 m) in the Swedish flatlands. He landed, after 6 hours, close to the city of Kalmar.

Gillis is one of the most active paragliding pilots in Sweden. In his early paragliding career he practiced a lot of ground handling and soared a lot on small slopes and even castles. 

He has been focused on distance flying for the last few years, and it’s great to see that all his earlier practice and consistency is now paying off.

Congrats and cheers from all the Ozone Team!

For the flight track-log click here

Brigitte Kurbel sets new world record

Brigitte Kurbel (GER) set a new women’s world record in Free Distance around a triangle course on her Zeno.   After a long walk to launch in Grente (ITA), she spent more than 11 hours in the air to achieve an amazing 269 Km flight. For the flight track, click here. 

Brigitte flew six triangles this year, making her the winner of the World XC contest 2019 (women). She flew her Zeno for all but one, for which she piloted the new M7 for a “test-flight” of 231.44 km.

Ramona Eckert (GER) placed second in the XC contest flying her Alpina 3. In Third place was Gabriela Jacober-Wüest (CH) on her Swift 5.

Congrats, and cheers from all the Ozone Team. Thanks for flying OZONE

記録づくめの1週間

先週、素晴らしいコンディションのブラジルでパラグライディング史上最も長いXCフライトがいくつか生まれました。 

10月9日、オゾンチームパイロットの福岡聖子が、10月4日にヤエル・マルゲリシュの出した442kmを破り460kmを飛んで新しい女子記録を達成しました。聖子はチームメイトのシャルル・カゾーとフェリックス・ロドリゲスと一緒に飛んでいました。3人ともエンツオ3に乗っていました。

10月10日、地元の教祖ともいえるラファエル・サラディニ(エンツオ3)、マルセロ・プリエトそしてラファエル・デ・モラエスバロスが582kmを飛び、これまた新しい世界記録を達成しました。

同じ日、メキシコ人パイロットのアレックス・ロヤルテはゼノに乗り、パツのハングテイクオフから離陸し、素晴らしい509kmを飛びました。

10月12日、聖子は少し距離を伸ばし、離陸地点から472km飛びました。

一方、スイス人パイロットのヤエル・マルゲリッシュ(エンツオ3)は驚くべき553kmを飛び記録を伸ばし、500kmを超えた最初の女子パイロットとなりそうです。

間違いなく記憶にとどめる1週間です!全パイロットにオゾンチーム全員から祝福と声援を送ります。

これら全ての長距離フライトが続かんことを!