Loading Icon Black
GO

MARCELLA UCHOA FLIES 411KM, SETTING THREE NEW WORLD RECORDS.

November 7, 2018

Brazilian pilot, Marcela Ochoa has just set three new distance records with a single flight: Straight Distance, Straight Distance to a declared goal and Free Distance using up to three turnpoints... Read More

VESO OVCHAROV SETS NEW INFINITY TUMBLING WORLD RECORD

September 22, 2018

On September 20th, our friend Veso Ovcharov set a new Infinity Tumbling World Record in the North of Bulgaria. He was flying his OZONE SESSION 17m. With the help of a hot air balloon, Veso reached an... Read More

ジム・マリソンの夢のフライト

July 22, 2018

イギリスのフライトシーズンは初日から素晴らしいコンディションを提供しており、多くの自己ベストと共にいくつかの記録が達成されています。 6月22日には我々の古い友人でオゾンチームパイロットであるジム・マリソンが何年も夢見てきたフライトを達成しました:南イングランドのソレントを横切り、彼が育ち飛ぶことを覚えた(オゾンが存在する以前に)ワイト島までの。90年代何人かのパイロットがこの島まで飛びましたがそれは島の西端で海峡はたったの1kmでした。ジムは7kmも海上を飛びました。メインランドを離れたときは高度3500フィート(約1000m)で追い風でしたが海風が強まり急激に高度を落とし、やっとのことで高度180mを残してたどり着き、彼の実家上空でお祝いをしました。 ジムはゼノに乗っていました。 トラックログはここで 反対側まで水にぬれずに到達出来ておめでとう! チーム全員から祝福します。... Read More

講習の丘から本物の丘へ

July 16, 2018

より良いパイロットになるために我々はしばしば我々のインストラクターの 知恵に頼っています。彼らが分け与えてくれる知識は我々をより遠くへと導いてくれます。ジョシア・スエルはアメリカのアーカンサスの自宅の近郊で100+マイルのフライトをしました。この壮大なフライトの締めくくりとして彼は彼の師匠であるブリットン・ショーと空中で遭遇し力を合わせました。ジョシアのレポートです: 「2018年7月4日、私はジャスパー近くのアーカンサスのグランドキャニオンからオゾンバズZ5でテイクオフし、記録となる164kmのクロカンを達成しました。 20kmほど飛んだところでポンカ近くの美しいバファロー川渓谷で高度が低くなってしまいました。これほど美しいところならランディングしても満足でしたが、サーマルを捉え雲底まで上げきることができました。クラウドストリートに沿ってユーリカ・スプリング(80km)まで飛び、ゼノに乗る私の師匠であるブリットン・ショー と一緒になりました。そこからは我々はともに助け合いながら山脈から離れて平野に出ていきました。我々は実際ミズーリの州境を横切りました。4時間49分の後、我々はミズーリのジョプリン近くにランディングしました。101マイルになります!」 トラックログはここをクリック。  オゾンチーム全員から賞賛と祝福を送ります。... Read More

12
The Coeur de Savoie Paragliding World Cup will take place from the 25th of May until the 1st of June 2019.
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
The Coeur de Savoie venue brings together some of best and most well known flying venues in all of France. Nearby Annecy and St Hilaire are legendary in the free flying world. The mountains of the Bauges, the Belledonne and the Chartreuse are full of rocky ridges and thermal churning spines, perfect for paragliding.
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
The pilots flying in this competition have a phenomenal amount of knowledge of how this area works, quite simply because it’s one of their favourite playgrounds. Some of the pilots in this competition were flying here before the others were even born, however the young blood should not be underestimated. Young or old, male or female, nothing is certain about who will win Coeur de Savoie 2019!
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
All of the top ten from the 2014 Coeur de Savoie will be competing once again. Eight out of the top ten from 2017 and the top 3 ladies will battle it out once more. Nine out of the top ten, including the first lady, from the recent Super Final in Baixo Guandu are taking part.
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
Eighteen pilots taking part have already won a World Cup, four have won the Super Final, six have been World or European Champion.
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
Keep up with all the action on the PWCA app (which includes photos of the pilots), read the live Commentary, and follow the pilots on the tracking to see who the high flyers in this amazing competition will be.
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
Stay tuned for more.

Photos courtesy of PWCA.org

夏の幕開けとなる新イギリス記録

July 3, 2018

我々の友人であるヒュー・ミラー、ルーク・ニコル、ギ・アンダーソン(エンツオ3)とグラハム・スティール(ゼノ)は驚くべき246kmのイギリス宣言目的地記録を達成しました。彼らは6月28日、シャ-ペンホー(高さ65m!)からテイクオフしオックスフォード、グラストンベリを飛越しディーヴォンまで飛びました。 ヒューのレポートです: 「それは壮大なフライトでした。最初の2時間の雲底は2000フィート(600m)で徐々に上がり始め、もしわれわれがもっと早くスタートしていたらコーンウオールまで伸びていたと思われるコンバージェンスラインでは5,500フィート(1700m)で漂うようになりました。」 このフライトの数日前の6月22日にマーク・ワッツとヒュー・ミラーはデヴィルズダイクからバスターを超えたところまでの120kmのアウトアンドリターン、これも新イギリス記録です、をしイギリスの夏を開幕したところでした。マークとヒューはエンツオ3に乗っていました。 新イギリス宣言目的地飛行のトラックはここで。 新イギリスアウトアンドリターン記録のトラックはここで。 全オゾンチームから祝福と称賛をします。 写真はヒュー・ミラーの好意による... Read More

新トルコ女子オープン距離記録

June 21, 2018

春は提供し続けています。今回はトルコです。カンス・アタビーは新しいデルタ3に乗り、トルコ女子オープン距離記録を塗り替えたところです。彼女は最高高度3,432m、4:07時間をかけて146.9km飛びました。 カンスは典型的なXCルートに沿って、アタチュルクダム湖近くのユーフラテス川を横切って古代アナトリアの都市であるシャンルウルファにランディングしました。トラックログはここで。 オゾンチーム全員から祝福します... Read More

ポルトガルからスペインへ

June 19, 2018

6月13日、ポルトガル人パイロットのカルロス・ロペス(ゼノ)、ユーセビオ・ソアレス(エンツオ3)そしてペドロ・ネヴェス(ゼノ)はシーズン初とも言える良い日を利用し力を合わせてポルトガルのガルドンハの山からスペインのフラットまで飛行しました。 7時間以上のフライトで日没少し前にポルトガル艦隊は280km先にランディングしました。途中あまり多くの雲はありませんでしたが、一貫したコンディションとチームワークで乗り切りました。 カルロスとユーセビオはブラジルのキシャダを良く訪れており、両人とも 賞賛に値する複数の400km超のフライトをしています。 レポートを送ってくれたヌノ・ヴィルジリオに感謝します。フライトトラックは:カルロス、ペドロそしてユーセビオをご覧ください。 オゾンチーム全員から祝福します。... Read More

デブ・チュードリが新しいインド記録を達成

May 20, 2018

ヒマラヤフライトの専門家でもあるデブ・チュードリが彼の裏庭で新しいインド距離記録を打ち立てました。このフライトはまた、アジアで最大の扁平三角フライトでもありました。 デブ曰く: 「毎年4月20日頃になると我々の数人はビールに集合し1週間ほど飛んで新しい距離記録を出そうとしています。それは単に数字ではありますがモチベーションともなり、年間通してのベストコンディション(幸運に恵まれれば)でできるだけ飛んで距離を延ばす格好の言い訳ともなります。 今年、私にとってのその日は4月23日でした。テイクオフに8時頃到着し、準備を始めました。残念なことに私の罪深いパートナーであるフレディ・バッハは当日ちょっとした問題を抱えていました。テイクオフオフへの登りで彼のキャメルバッグがすっかり漏れてしまいレスキューを水浸しにして、リパックなどをしなければならなくなってしまったのです。そこで私はその日一人きりとなり9:15頃にテイクオフすることになりました。始めのうちコンディションは弱かったですが、20kmほど進んだあたりから良くなり、行けそうな感じになってきました。平均速度を出すために頑張っていましたが数時間経過したところで、たとえコンディションが抜群とは言えないまでもすべてが完ぺきにはまり始め、私のルートはうまくいき、トリガーとなるところに行けば必ずリフトがあり、どこでもスタックすることはありませんでした。あるポイントで空が大きく開けましたがビールでのフライトの良いところはメインの山脈から離れたラインも取れることで、完ぺきにうまくいきました。フライトの最後は日が傾いて雲により日射が遮られ、ちょっと大変で、フライトを締めくくるためにリッジで粘らなければなりませんでしたが何とか成功し、本当に記憶に残るフライトになりました。」 デブはゼノに乗っていました。彼のトラックはここをクリック。 オゾンチーム全員から祝福しおめでとうを送ります。... Read More