Loading Icon Black
GO

OZONE AT THE COUPE ICARE… AGAIN

September 17, 2018

This weekend we will be back in St Hilaire du Touvet, France, for the 45th annual Coupe Icare, and the 20th Anniversary of Ozone Gliders. Please come vist us at the OZONE stand to talk about our new... 続きを読む

オゾン・シャーブル・オープン2018

July 9, 2018

第13回オゾン・シャーブル・オープンは124名のパイロットが6つのクラスに分かれ、3タスクと練習タスクが成立して大成功に終わりました。今年のフライトシーズンの幕開けは4月から6月まで風が強く嵐模様で良い日が数日しかなく、低調なものでした。しかし大会前の目覚ましい週の後、6月30日には42kmの練習タスクでスタートし、良いコンディションに恵まれ55名がゴールしました。 競技委員長のジョッキー・サンダーソンの指揮のもと、続く4日間で3本の素晴らしいタスクが成立しました:シャーブルからショルジへの75km(45名がゴール)、シャーブルからラ・バティ・ヌーヴへの61km(54名がゴール)そしてシャーブルからヴェイヌへの40km(69名がゴール)。雲が発達したため火曜日と木曜日は厳しくなり、1日はタスクキャンセルとなり1日はその日自体がキャンセルとなりました。金曜日は不運にもちょっとしたミストラルが吹き、テイクオフに上がることさえ考えられないほど強風となりました。しかし、サン・ヴァンサン・レ・フォールでは理想的なコンディションで、パイロットらは1週間の激戦の後の本当のクールダウンのフライトを楽しみました。 今年は34人以上のルーキー(大会経験のない)がおり、この1週間で10数人の”ゴール初心者”や”自己ベスト達成者”が賞を受け取りました―すべてがルーキーではありません!しかしながらルーキーのトップはニュージーランドからのロス・ガラガーでデルタ2に乗りスポーツクラスで2位になりました。8か国から17人の女子が参戦しました―ほとんどは1年に何回も大会に出ています―がランキングに新しい名前も散見されます。クラス・トロフィーはドイツからのミリヤム・ヘンペルにいきました。 Xクラス(経験者のクラス)では、あるタスクでいくつかのフライングスタートがあり、他のタスクではゴールをミスするといったいくつかの混乱が生じました。教訓を学びました:計器を信じることとと正しくプログラムすることです!総合優勝はオゾンデルタ3に乗るマーク・グラハム(イギリス)でニコラ・メックリ(スイス)とアンディ・ブラウン(イギリス)が続きました。 SIVに関する話に加えてジョッキーはタスクに関していくつかの有益な状況報告を説明し、異なったルートを選択することで他のパイロットより良い結果を得られたことに焦点を当てました。その日のフライトのトラックログを使って説明し、後追いすることが常に最も効率が良いとは限らず、またファイナルグライドの判断によってゴールできるかしくじるかの別れとなること、特に選手の半分がゴールするようなときに、を示しました! 選手全員が大いに楽しみました。ほとんどの夕べには集まりが企画され、金曜の夜には多くの賞品が手渡されました。今年のグライダー獲得者はカール・フォスターで彼のスポーツグライダーをアップグレードすることができて有頂天になりました! 2018オゾン・シャーブル・オープンの詳細は、ここをクリック。 選手全員を称賛し、オゾンチーム全員から祝福します。来年またお会いしましょう! ... 続きを読む

RUSH 5 SWEEPS PODIUM IN ZILLERTAL

April 20, 2018

This weekend at the Zillertal Battle in Mayrhofen, Austria, where EN B wings were de rigeur, Simon Arnold took first overall flying the new Rush 5. He was joined on the podium by Heli Eichholzer and... 続きを読む

PWC BRAZIL 2018

April 12, 2018

The next Paragliding World Cup will take place in Baixo Guandu, Brazil from the 14th- 21st of April. The town of Baixo Guandu is an old favourite with the Paragliding World Cup, having held events... 続きを読む

11
ANGEL SQ PRO
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
920 grams (size 100)
Designed to maximize weight volume savings
Increased stability
Improved sink rate
Rapid inflation
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
The Angel SQ Pro is the same proven concept of the Angel SQ, made from even lighter materials. It was developed for hike and fly adventures like the Red Bull X-Alps, and for anyone looking to save weight in their pack without compromising on safety.
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
The Angel SQ Pro is a top-of-the-line option for pilots who want to carry a fast-opening, stable, and safe reserve parachute that packs in a low volume, and is ultra-lightweight.
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
For more on The Angel SQ pro Hit the LINK in BIO
6
“Today started off with 95% cloud cover and not much hope of a task.

The most important part of today’s 65 km task was a concentric circle around the best thermals in the plains avoiding the cloud development in the mountains. Those arriving in the middle later had the choice to either follow those going west or do something different and go east. They had already lost out on the lead out points, so it didn’t matter that they were against the wind, going slower, not getting as many lead out points. However, going east did seem to be the fastest route. By the time 149 pilots had gone through the concentric circle, all points of the compass had been tried and we had surprisingly good conditions in the second half of the day. What should have been a straight line to ESS even ended up with different route options”

The winner of task 8 was Ferdinand Vogel (GER) followed by Jurij Vidic (SLO) in second.
Ozone Team pilot, Meryl Delferriere @meryldelferriere (FRA) not only won his fifth task in the Women’s category but also finished in third place overall.

For full results visit: http://pgworlds2019.mk/live/results/

Two more days to go, Stay tuned for more on the PG World Championship.
Report courtesy of Ruth Jessop.
In the video: in transition with Pal Takáts @paltakats to whom we wish a speedy recovery
1
Ozone team pilot, Francis Reina @francis.reina , aka “El Niño”, took the win at the two most recent XC comps in Spain.
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
His first victory was the Spanish XC Championship in Zarza Capilla, a spectacular XC site with great conditions during the event. Francis won all three days with flights of 281, 174 and 171 kms respectively.
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
From there, El Niño continued to choose the right lines, winning the last stop of the Spanish Championship in Arangoiti. Due to bad weather the event was relocated to Castejón de Sos for the final tasks.
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
Francis reports:
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
“The conditions in Castejón were incredible, rising to 5000 meters in the Pyrenees and flying at a very high average speed. I won the first task in Arangoiti and the third task in Castejón and in the end I took the win again!”
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
Francisco is now in Macedonia representing the Spanish team, together with Ozone team pilots Felixin Rodriguez @feliximbol and Xevi Bonet @xevi.bonet. They are currently in third place, but only a few points behind the leaders.
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
Congrats Francis and Cheers from all the Ozone Team.

Photo by @xevi.bonet
6
"Today the task committee has been trying to split up the supergaggle and make a more challenging task.  Success!  A 130 km task with a massive exit cylinder allowed pilots to take the mountains on either side of the valley, take the flats, or choose a combination of the above.  Stable conditions, climbs rarely over 2,000m and 30+kmh of south wind on course, made for challenging flying.  Two thirds of the pilots landed before the half way mark, and zero pilots made goal.  5 pilots flew till task closed, and as of this writing it looks like Petra Silvova won the day.  Well done Petra!  Thanks for the challenge task committee!  We are past the half way mark in the comp, and I find myself filled with joyous anticipation of 4 more tasks in this amazing place with these spectacular pilots." Report courtesy of Ozone Team pilot, Mitch Riley @mitchintheair
For full results visit: http://pgworlds2019.mk/live/results/

Photo by Xevi Bonet @xevi.bonet
6
“With lovely blue skies and just a few clouds when we arrived on launch, an 89 km task was set taking the pilots initially into the mountains then out into the flats. Today’s objective was to split up the gaggle.

Many of the famous faces landed in the vacuum valley of no thermals around turn point one. Once they got out in the flats there was lift everywhere, strong cores and beautiful conditions. Areas of sink just before the end of speed claimed a further 15 pilots. It was a long tough day for many.

89 pilots made goal on a day which will have changed many of the scores but left Honorin Hamard head of the overalls, Méryl Delferriere leading lady and France top team.

The average speed of the fastest pilot round the course was 37km/h, an improvement of 1 km/h on yesterday’s task”

Task 2’s winner was Tilen Ceglar (SVN) followed by Julien Wirtz (FRA) in second and Gleb Sukhotskiy (RUS) in third. All flying Enzo 3s.

For full results visit: http://pgworlds2019.mk/live/results/

Text courtesy of FAI World Paragliding Championship
Photo by Stephan Kruger @mrflycapetown

オゾンシャーブルオープン2018

January 15, 2018

2018年オゾンシャーブルオープンの参加申し込み受付は1月21日(日)の午後7時から開始されます。楽しく、コンペフライトの勉強ができる1週間のイベントに参加する準備をしていてください。 またしても競技委員長は誰もまねのできないジョッキー・サンダーソンです。沢山の賞品があります! 詳細は大会HPで:www.flylaragne.com... 続きを読む

ワールドカップ2017スーパーファイナル

January 5, 2018

パラグライダーワールドカップ・スーパーファイナルは1月9日から20日の日程でコロンビアのロルダニーヨで開催されます。 ロルダニーヨ周辺の地形は、両側に山脈が連なる広い谷で、このレースには理想的です。谷の両側がフライト可能でいろいろと変化に富んだタスクが可能です。 スーパーファイナルにはこの1年間に開催されたワールドカップの各ラウンドのトップランキングパイロットとこれまでのスーパーファイナルの勝者とレジェンドが一堂に会します。 これはこれまでで最もランクの高い大会の一つになります。これまでの総合チャンピオン18人と女子チャンピオン12人が参加します。 「良い役者と素晴らしい舞台が揃い、世界でも最高のパラグライディングイベントです。」とワールドカップの技術責任者でスコアラーであるウルリック・ジェソップが言っています。 ワールドカップは現在アンドロイドおよびアップルで利用可能な新しいワールドカップアプリでタブレットやスマホで簡単にみることができます (PWCAで検索してください)。解説には”サーマルについて”と言う毎日コンペフライトについて経験豊富なパイロットからのちょっとしたアドバイスが掲載されます。またワールドカップの25周年を記念して解説にはこれまでの四半世紀におけるコンペフライトの事実、数字および逸話も掲載されます。PWCA.orgをチェックしてください。 こうご期待。... 続きを読む

セッションがリリースされましたービデオ

December 5, 2017

ビッチョ・カレラは新しいセッションでイタリアで開催されたアクロ世界選手権で表彰台に、そして先ごろレユニオン島で開催されたマスターアクロ大会に参加しました。現在このすっかり新しいデザインは2サイズがリリースされています:16および17㎡。18㎡も近くリリースされる予定です。 4つの特徴的なカラー、それぞれオゾンチームメンバー、ビッチョ、フェリックス、パル、ヘルナンが選んだものがラインアップされています。 新しいセッションに関する詳細はここをクリックしてください。 フライトを楽しんでください! Vimeo:550,309,245846583... 続きを読む

セッション

November 29, 2017

セッションは現代のアクロスターの最も若い世代とこのスポーツにおけるもっとも深い経験を持つベテランとの真剣な共同作業の成果です。それは全く新しいデザインでオゾンのアクログライダーの新たなる方向性を象徴するものです。  若き大物であるヴィクトル”ビチョ”カレラが飛び2017年世界選手権で表彰台に上ったセッションは、国際大会の最高レベルにおいてその能力が証明されましたが、その最高レベルの優秀さは扱いやすさに直接起因しています。我々のセッションに対する主たる使命は、ダイナミックでかつ近年のあらゆるマヌーバーをこなすことができるアクセスしやすい機体を作り出すことでした。 我々のチームからのコメント: ーフェリックス・ロドリゲス(20年以上アクロフライトをしており、元アクロ世界チャンピオンでSATの共同創設者) 「セッションはこれまで数年間、温めてきたグライダーです。ルックと私はこの新しい設計概念を実現するために大変な努力をし、その結果があらゆるマヌーバーを簡単にこなしながらも非常にダイナミックでもあるこのグライダーです。そして最も重要なところは:飛ぶのが楽しいことです。この翼は大いなる前への一歩を象徴するもので、あなた方がこのデザインの容易さ、楽しさそしてパワーが素晴らしい翼をもたらしていることに同意することでしょう。」 ーパル・タカツ(前世界チャンピオンでワールドカップ優勝者、JustAcro.comの創業者) 「セッションはマシーンですーそして新世代チャンピオンのマシーンです。近年のアクロパイロットがこのスポーツを次のレベルに押し上げることを可能にする機体です。」 ーヘルナン・ピトッコ(レッドブルチームパイロットでアクロの先駆者、国内およびワールドカップの複数回タイトルホルダー) 「セッションは非常に楽しいハンドリングで、なおかつダイナミックで力強い。ダイナミックなマヌーバー中のグライダーコントロールは本当に安心感があります。パワーとコントロールの完ぺきなバランスです。」 ービッチョ・カレラ(準アクロ世界チャンピオンで若き大物) 「セッションは素晴らしい感覚です!あらゆるトリックを完ぺきな精度でつなぐことができます。この翼で地面あるいは水面近くを飛ぶことは何の不安もありません。これまでで最も素晴らしいフリーフライトおよびコンペでの相棒であることは確実です。」 セッションは現在、最寄りのオゾンディーラーから手に入れることができます。 セッションに関するさらなる情報は、間もなく到着します。こうご期待。... 続きを読む