Loading Icon Black

ANTOINE GIRARD’S MASSIVE VOL-BIV

ANTOINE GIRARD’S MASSIVE VOL-BIV

Antoine Girard and Martin Beaujouan-Berger have concluded their epic journey in South America. Their 1600km adventure took some unexpected turns through the Andes.

In Antoine’s words:

“The initial objective was to achieve 2700 km of bivouac flight including 1700 km of exploration.
We realized 1600km of which 700km completely new. We tried to fly and walk the rest of the 900km, but it was not possible to do it only in bivouac flight… We used the bus a lot. It’s the game of exploration, we don’t know in advance what we are going to find. In the south, a consistently stable atmosphere due to the luxuriant vegetation hindered us. Walking was almost impossible, for example we took 3 days to advance only 50km. To the north is a permanent coastal breeze between the ocean and the Altiplano which is too strong… but we managed to climb on foot and fly volcanoes like the 5672m Ubinas, near Arequipa, Peru.
On the other hand all the central part of the Cordillera flew perfectly! A wild environment in a mountainous desert. No paraglider had everdared to venture there because of the lack of civilization. The main difficulty was finding water. We had to fly with 10 liters of reserve water each, and 10 days of food.
In any case, we are proud to have opened the first 600 km flight route in the heart of the Andes”

Cheers and congrats from all the Ozone Team”

Raul Penso summits “El Pico Bolivar”.

Ozone team pilot, Raúl Penso, soared beyond the summit of the highest mountain in Venezuela, El Pico Bolivar.

Raul grew up in a small town in the Venezuelan Andes, at the base of this massive mountain. Since the beginning he had dreamed of reaching the summit of El Bolivar by air, and after more than two decades of flying in his beautiful hometown, Merida, he has made his dream come true.

In his words:

“It took me almost two hours to reach the summit of “El Bolivar” after taking off from Loma de Los Angeles. The flight wasn’t easy in the beginning, the thermals were quite weak. Once I reached “El Paramo”, I was able to fly through out the inversion finding strong cores that allowed me to climb up and reach the sunny face of El Bolivar. From there I jumped to its south face where I ran into the meteorological wind from the flatlands which helped me to reach an altitude of 5.143 AMSL and fly comfortably above the highest summit of Venezuela.

It was a special moment, after 23 years waiting for this opportunity… the only thing I was able to yell to the air was: INCREDIBLE !!!!!!!!

How beautiful is my Merida and my Venezuela”

Raul is the first pilot to reach, and fly above, the highest summit in Venezuela, El Pico Bolivar (4978 m). He was flying his Enzo 3.

Congrats and cheers from all the Ozone Team!

ANTOINE GIRARD’S SOUTH AMERICA UPDATE (3)

Antoine Girard and Martin Beaujouan have arrived in Iquique. Their latest report shows the level of commitment that this South American mission has required:

“We just arrived in Iquique, the flying Mecca of Chile. We crossed 750km of rocky dunes, the first time it has been crossed unsupported. In total now we have completed 1500km of vol-bov on this route. This section was much harder than expected, the strong southerly wind was incapacitating. Flying backward was common every day. Thermal flying in these conditions pushed our nerves and piloting abilities to the limit. The local pilots are waiting for “flyable” conditions to use the XC wings. We are hoping for easier conditions!

We still have 200km to Arica before heading back to the big mountains of Peru. For this part we need a safety boat on the ocean, and the perfect wind, because there is no landing place except the water…”

Follow Antoine and Martin’s progress along their South American bivouac flight HERE.

ANTOINE GIRARD’S SOUTH AMERICA UPDATE (2)

We just received the latest update from Antoine Girard and Martin Beaujouan. The guys have flown above untouched Andean terrain to continue with their 2500km South American bivouac flight.

Antoine reports:

“We have just achieved 800km of fly-biv in the Andes. 650km of which were never flown before. We crossed through passes higher than 4000m.
Our highest cloudbase was 5200m, at a temperature of -3°C. Flying conditions are hard with stability in the morning, very strong valley wind (50kmh) as high as 1500m from the ground.
The most complicated was the water management in this desert. We had to bring 10 lt of water each to survive 3 days. Stunning flights in moon like landscape. It was a total success for this exploration.

We are now on the Pacific coast to fly the next 1000km of dunes in fly-biv. It has been done once before. Exploration will be on again on the north of Arica.”

Follow Antoine and Martin’s progress along their South American bivouac flight HERE.

Stefano and Emi Set New Tandem Distance Record in New Zealand.

Stefano Gigli came to New Zealand five years ago. His first stop was Raglan, where he immediately fell in love with the Kiwi lifestyle. Since that first visit, Stefano has called New Zealand home. Last summer he began flying the Swift 41 and noticed its XC potential right away, which inspired him to go for distance in New Zealand.

Ozone Power manager, Emilia Plak, is a regular visitor to New Zealand, and when she returned this year Stefano immediately scooped her up as his passenger and set off into no-man’s-land. Stefano and Emi took off from Wanaka and flew what could be the longest tandem flight ever achieved in New Zealand.

In Stefano’s words:

“The valley breezes and the sea breezes from the east and west characterize this southern region and it is not always easy to make good flights or get to goal. The weather changes constantly and when you fly you must always keep in mind the possibility of bivouacking somewhere. Last December we had four days of wonderful weather to fly and we had a lot of fun. With the SwiftMax we were able to increase the average speed in the transitions and its glide performance allowed us to make efficient transitions.
When piloting the Swiftmax, it feels as if you are piloting a sport-intermediate wing – it gives you the same feelings and the same XC confidence. It’s really precise in the controls and climbs fast in thermals. Tandem flying for me is the maximum realization of sharing this wonderful sport. Our Last XC tandem flight could be a new FAI triangle tandem record (75.53 Km)”

For Stefano and Emi’s track click here.

Congrats and cheers from the Ozone team!

ニック・ネイネンの自宅での200km三角飛行

ニック・ネイネンは飛び始めて以降ニュージーランドのサザンレイク近辺の山々を探検してきました。彼の最新の200km三角コースの試み(国内新記録として十分)で自宅から延びる道路にランディングしました。彼のレポート:

前日雪が降ってテイクオフで雲が上がるのを4時間以上待った後、グレノーチでトップアウトしスポットの有効期間が過ぎていたのに気づくまで奥地を調子よく飛んでいました!斜面にランディングしてインターネットに接続して失望するような数時間を過ごして夜のとばりがおり、翌朝、つま先が寒くなって雲底で起きました。10時にはもう飛んでいました。景色の良いアーンスロー川を少しさかのぼって穏やかではない南東風の中雲が渦を巻いているところで急速に溶け出す氷河をチェック(1か月にわたる記録的な熱波の後に雪が降り、秋の終わりのようでした)しました。数百フィート上昇して約5500フィートの雲底につき、上昇風を嗅ぎまわってアルフレッド山を上がったり下がったりしてからビーンズ川へとできるだけわきへ移動しながらダート谷に沿って移動しました。それは理論上、FAI三角のサイズを増大させるものでしたがそのような結果にはなりませんでした―しかしながらアルフレッドへの動きは最終的には有効なものとなりました。ダートには何度も来ているので隅々まで知るようになっていますが、そこはニュージーランドで最も景色の良い谷だと思います。私は5500フィート以上に上がれてはおらず最初のちょっとした試練はカスケードサドルを通り抜けることでした。氷河の間で忍耐強く高度を稼いで何とか通り抜けることができました。もしハイカーがいたら頭をひょいと下げたことでしょう。マツキツキ谷では山頂を飛越すのに必要な高度を獲得することができました―一方同じ谷の少し下がったところでニュージーランドパラグライディングオープンの最終タスクがスタートしていました(しかしタスクは平野方向に飛ぶものでした)。コースからはからずも外れていたが続行しました。この三角コースが達成されるかかなり疑問ではありましたが行くしかないと思っていました。次の峠を越えショットオーバー貯水池へ抜けるころにはシーラス雲が幾分動きを遅くしていましたが、そこは良く働くのでサーマルの心配はほとんど必要ではありませんでした。グレノーチーを見下ろす斜面に傾きかけた日差しの注ぐリチャードソン近傍にたどり着くと行けそうだと確信しました―グレノーチーからクイーンズタウン向かう道路の曲がり角にあるクリッチトン山で頑張らなければならなくまでは。ほとんど諦めかけましたが”いちかばちか”でいくしかないと決断しましたが、ほとんど何もありませんでした。高度を失ってダメージコントロールに移行し、夕方遅くの最後のリフトのかけらのすべてを使いました。ありがたいことに追い風が移動を助け、金色の日差しを受ける小尾根の穏やかなリフトを乗り継ぎながら驚くほどのグライドができました。日没後にランディングすることになり私は三角コースを閉めるかおふくろの牧草地に降りるかの選択を迫られましたが、家からたった15分の距離でした。あまり幸運とは言えない日に10時間以上も飛んでよくやったと感じていました―グライダー乗りの友人は多くの者が今日は戻ってこれなかったと言っており、またパラグライダーパイロットの友人は、今日は”まさに最低だった”と言いました。もちろん大事なことは適切な時に適切な場所にいること(アクセス道路がないことで制限を受けないことも助けになります!)です。オゾンのZアルプスの性能にも助けられました―どのようにして距離を伸ばすか?行きたい方向に向かい、必要な時だけ旋回し、尖っているところ通るルートを計画することです!

ニックのトラックログはここで 

ではまた、チーム全員から!

あなたの裏庭に降ります!

計画はシンプルです:アルプス全長を単独でフライトしアドリア海で泳ぐことです。ディディエ・ファーブルの足跡をたどってアントワンヌ・ボワズリエはその道程でできるだけ多くの山岳地方の人々と経験を共有することをゴールとして大規模なアルペン・ビバーク冒険をスタートさせます。アントワンヌのビバークフライトの体験は風に任せて山岳のハイクと長いXCフライトを行ったり来たりすることですが、特に人との遭遇による冒険です。彼のゴールは食事と寝床を地元の人たちに頼ることです―しかしながら他人からの援助は常にたやすくはなく、フランスのサンチレール・トゥーヴェからアドリア海までの750kmの道程には多くの挑戦が待ち受けていることでしょう。

アントワンヌの冒険に関するさらなる情報はここをクリック。

アントワンヌ・ジラールが南米へ向かう

オゾンチームパイロットであるアントワンヌ・ジラールと友人であるマルタン・ボージュアンは新たな冒険のために南アメリカに向けて向かっているところです。彼らの計画は60日間をかけて大部分がアンデス山脈となる3000kmをビバークフライトで縦断することです。彼らは2月1日にチリのマラカフエジョ国立保護区から旅をスタートさせようとしています。

アントワンヌの遠征をサテライト追跡システムでフォローするにはここをクリック。

幸運を祈る。ではまたオゾンチーム全員から。

さらなる情報にこうご期待。

アントワーヌ・ジラールがオゾンチームに加わる

オゾンはアントワーヌ・ジラールを我々のチームメンバーとして歓迎します。アントワーヌは、8157mの高度世界記録を打ち立てたりパキスタンのブロードピーク(8051m)上空を飛び越えたり、ニュージーランドの南島を単独ビバークフライトで1200kmを飛んだりとフリーフライトで可能と思われる限界を押し広げてきた明確なビジョンを持ったパイロットです。彼は3つのレッド゙ブルXアルプスレースに参戦し、2013年に3位、2015年に4位になっています。

2017年の春、アントワーヌと彼に友人であるジュリアン・デュセールは彼らの2つの情熱を合わせて、前人未到のランタン・リルング(7227m)壁をせめるミッションとしました。彼曰く:

「私は自給自足のパラグライディングによるいくつかの冒険で1200kmまで飛んだ経験があります。ニュージーランドおよびパキスタンの山岳での経験によりそれが達成可能であることを私は確信しました。ジュリアンと私の二人はともにアルプスにおける長距離フライトパイロットですが、ヒマラヤで飛ぶとなったら彼は私を信じなければなりません。我々は計画を極限まで押しすすめ、カトマンドゥーからパラ及び山岳装備全てを担いで徒歩で出発し、山頂に到達してから同じ方法で出発地点に戻ってくることにましした;外からの助けを一切頼まず完全自給自足で。我々の計画は食糧備蓄のためにキャンジン・ゴンパにベースキャンプを設営することでした。出発地点とテイクオフは首都から15kmの位置にありました。そこから我々のパラグライダーは我々の装備を2,3日でベースキャンプまで運んでくれました。

我々は山頂までは到達できませんでしたが、このタイプの山岳アプローチは浮き浮きするものです。シャルバッカム(6680m)では1時間ハイクアップして1時間の飛行で5800mの信じられないような場所に着陸しました。徒歩による典型的なアプローチであれば、おそらく可もなく不可もないような登りの複雑な地形を通って少なくも2日は掛かったでしょう。同じ日に山頂へ登庁することもできたと思われましたがそれは我々の目的ではありませんでした。高度順化のために6200mで寝ることを欲していたのです。まさにその時にパラグライダーと登山とを結びつけることが如何に正しいことであるかを実感しました。ヒマラヤでの登山はしばしば厳しいアプローチが要求されます。パラグライダーを使えば同じ距離を2時間でカバーすることができ、同じ日に山頂から戻ってくることができます!こうすれば同じ旅程でいくつかのピークに登頂することも可能です!

最終的に、この新しい山岳アプローチを通してたくさんの探検とやることが生まれます!まったく新しい試練を発見するようなものです。」

我々はアントワーヌの今後の冒険をサポートするのを心待ちにしています。

ではまた、チーム全員より。

Return to the nest

Nick Neynens returns to the place where he found his wings, only to discover a “Lost World”. In his words:

“I learnt to fly in Canungra ten years ago. I’ve been spoilt since then with big mountains in New Zealand and around the world, but lately I’ve been hearing about the great flying going on in Australia, with Jan ripping it up in his new Zeno flying “around the world”, a route around prehistoric ridges covered in jungle. So I got away from work between shifts. On the last day the weather was the best, and I had a big triangle in mind after trying something similar the day before. My mate Andy arrived an hour late so I got flying early – no friends on a day like this – and nearly bombed out. Typical Canungra! But I got going into the good stuff and followed an amazing ridge – the caldera – 40km to the south. From here I turned back into the guts before crossing to the west, pushing out for a 100km FAI triangle, and then without wasting any time pushing back home. Andy had flown south to Kyogle and asked me to pick up his van, so he could pick up his daughter from kindy in time.. I was also concerned about getting back to the airport! With a 20km/h headwind I scraped back into Beechmont at 2:37pm, packed my wing at xalps speed with a quick hello to my old friends on launch (including Phil who I learnt with) and raced off to get Andy with fifteen minutes to spare to pick up burgers and a beer. The same night I was flying back to Sydney ready for my early morning start at work. Great little trip, and I can’t believe how little this area is flown.. everyone seems to do the run of the mill “Hinchies, chicken sheds, Beau-ee, Boonah T”, when this epic “Lost World” is just waiting for the adventurous to visit”