Loading Icon Black

フットランチによる新オーストラリア距離記録(非公認)

チェ・ゴーラスが彼とジェイソン・ターナーがそれぞれデルタ2とアルピナ2に乗りフットランチによる新オーストラリア距離記録を出したと連絡してきました。チェ曰く:

「私は、先日友人のジェイソン・ターナーと共にフットランチによる新しいオーストラリア距離記録(非公認)を出しました。私はデルタ2に、ジェイソンはアルピナ2に乗っていました。我々は、マニラのボラ山から356km飛び、長いこと存在していたゴドフリーのエリア記録並びにオーストラリア記録を塗り替えました。フライトは私が優勝したXCキャンプ中に行われたもので、コンペグライダーを相手に飛んだことを考慮すれば結構いけてると思います。都合が良いことにハーネスにビールを忍ばせていこうと決めた最初のフライトで、300+kmフライトし、ランディング後に一緒に楽しめたことです!

我々のログはここで:

http://www.xcontest.org/world/en/flights/detail:Che/5.2.2015/00:04
http://www.xcontest.org/world/en/flights/detail:Dusty/5.2.2015/00:15

チーム全員はチェとジェイソンを祝福します!

オゾン・シャーブル・オープンは8分で締切に!

第10回オゾン・シャーブルは2015年6月26日から7月3日にかけて開催されますが、エントリー受付は驚くべきことに終了しました。

エントリーをしてくれた全パイロットに感謝します...エントリー受付開始から20分で130人が申し込みをしエントリー費を払ったのはパラグライダー大会としては記録ではないでしょうか!あるパイロット曰く、「信じられない。まるでU2のコンサートのチケットを買うようだ!」。今年参加できなくなった選手にはあやまります。参加希望は本当に驚くべきでした。競技するしないにかかわらずエリアを訪れるよう勧めます。クロカン技術を習得するには素晴らしいエリアです。詳しくはflylaragne.com をご覧ください。

ではまた、そこでお会いできることを楽しみにしています。

コロンビア、ロルダニジョ 2015オープンFAIカテ2

コロンビアのロルダニジョで開催されていた2015オープンFAIカテ2大会が7タスクが成立し閉幕しました。エンツオ2に乗るパイロットがオープンクラスの上位11位までを独占し、女子クラスでも優勝しました。全てのパイロット、特に女子優勝となったクラウディア・ブルガコフおよび女子2位となったイヴォンヌ・ダテ(M6)、男子上位3人、ペーター・ヴィパリナ、ジェイミー・メッセンジャー、ヤレド・アンダーセン、そしてスポーツクラスでデルタ2に乗り優勝したクバ・スト、アルピナ2に乗り3位に入ったグレン・モーレンスを祝福します。

皆さんによる素晴らしいレースで、見ていて面白かったです。チーム全員から祝福します!

全成績はここで: AirTribune.

オゾンパイロットが第14回FAI世界選手権で勝利

我々は新しいチャンピオン、オノラン・アマー、福岡聖子そしてドイツチームに絶大なる祝福を送ります!

変化するコンディションのもと恐ろしく速いペースで10本のタスクが成立したロルダニジョは、ほとんどのパイロットがこれまでの中で最も良かった世界選手権であると認めるものとなりました。新世界チャンピオンとなったオゾンパイロットであるオノランと聖子にたいへん喜んでいます!良くやった!

最終タスクが始まる前にはトップ10の差は数ポイントで、タイトル争いは熾烈を極めましたが、オノランは冷静さと点差をキープし総合優勝を勝ち取りました。彼は殆どミスをせず常に良い飛びをし、時に思い切った飛びをして2タスクで勝利してタイトルを手に入れました。ブラボー、オノラン!

聖子は大会を通して速く堅実に良い飛びをして安定してリードを保ちました。女子表彰台の残るスポットは最後の最後まで混戦で、最終タスクでジャンプアップしたオゾンパイロットの平木啓子とニコル・フェデラがそれぞれ2位と3位になりました。厳しい戦いを良く戦いました。

国別ではスロベニアとスペインを下したドイツが最強チームとなりました―みなさんおめでとう。

表彰台に乗ったオゾンパイロット達よ、でかした。世界選手権で勝利したグライダーとなったことを誇りに思っています。また、オゾンに乗ることを選択したすべての選手に感謝します。我々は最先端のグライダーを開発し、我々の友人がそれで飛ぶこと以上に好きなことはありません―それが我々の情熱で、我々がしていることです―しかしあなた方の情熱とこのスポーツへの傾倒が我々を突き動かしているのです。ありがとう。

新オーストラリア距離記録

我々に友人であるガース・カマックが今現在非公認の距離記録について知らせてきました:

「やー,みんな。

昨日良い条件に当たり、今のところ非公認のオーストラリア記録となる391kmを飛びました。我々は、ちょっとした強い条件で風に乗ってどこまでも飛んで行けると最近信頼され始めているデニリキンでトーイングをしていました。国際的なスタッフとスイス、スロベニア、ドイツ、アメリカそしてオーストラリアと言ったパイロット達が、努力し、お互い助け合いながら飛び上がり戻ってくることを繰り返していました。

トラックログはここで見ることが出来ます。

私はマントラM6、エンジェルを詰めたエグゾシートに乗り、大満足です。

ここ2か月ほど条件の良い日が続き、結構な距離を飛びました。このM6は素晴らしいグライダーで、この調子でいけば、あと数か月で吹き流しとしてしか役に立たないかもしれません!

ガース」

たくさんの距離を飛んでおめでとう。チーム全員から祝福するよ!

2015年オゾン・カレンダーが到着

オゾン12か月カレンダーが、各月に最新の写真と文章を掲載して、今年もリリースされます。A3サイズの厚手の紙に光沢仕上げをされた美しい写真を毎月見ることができます。最寄りのオゾンディーラーで購入可能です。

ではまた、チーム全員より!

シャルルは記録の出る場所へ戻ろうとしています

我々の友人でチームパイロットでもあるシャルル・カゾーは不治の病にかかっている子供たちに機会を提供している慈善団体、Reves.frへの募金活動を計画しています。詳しくはシャルルの募金活動HPを訪れてください。彼の目的達成のためにパラグライディング界からの援助を呼び掛けています。

テキサスの不毛地帯を彼が次に訪れた時の結果を楽しみにしています!

ではまた、チーム全員より。

アリー・パレンチアが2014エクアドルプレPWCで勝利、トップ5はエンツオ2

エンツオ2に乗るベネズエラ人のアリ・パレンチアは先週、港町であるグアヤキルで開催された2014エクアドルプレPWCでチャンピオンになりました。16か国から70人のパイロットが参集しました。パレンチアは厳しい7日間の大会で5,633点を積み上げ金メダルを獲得しました。同じくエンツオ2に乗るコロンビア人のジュリアン・カレノ(5,545点)およびギエルモ・サラザール(5,345点)がそれぞれ2位と3位になりました。トップ5として4位にはスペインのフランシスコ・レイナが、5位にはコロンビアのダニエル・モンテヨがはいりました。

「変化の多い気象条件であらゆるスタイルのフライトをテストされる非常に厳しい大会でした。このスポーツは大変な集中力を要求されるので、持久力と粘り強さのおかげでタイトルを獲得できたと思っています。」とパレンチアは言っています。

総合成績はここで見ることが出来ます。

新しいオゾンのトラベル・パックーV30

V30はオゾンのトラベル・パックの全面的な改訂版です。パソコンポケットを内蔵し、必要な電子部品、充電器、メモリーカード、携帯用ハードディスク、その他のアクセサリーを安全に持ち運べるほど大きい割にかさばりません。メッシュ製のファスナー付きポケットや小さめのベルクロファスナー付きポケットを内部に装備した2つの大きな荷室、サイドに付けられた伸縮性のペットボトル用ポケット、ファスナー付きポケット、正面にはアクセスしやすいファスナー付きポケットがあります。長い空港でのトランジット待ちあるいは日常の運搬にも楽なシンプルながらも快適な肩ベルト。ブラックにブルーのファスナーとオゾン・ブルーにブラックのファスナーの2種類が最寄りのオゾンディーラーで購入可能です。

我々同様このパックで冒険旅行を楽しまれることを期待しています。

ではまた、チーム全員より!