Loading Icon Black
GO

FELIX WINS AT HOME

July 3, 2019

After winning the first stop of the Spanish League in Algodonales, Ozone team pilot Felix Rodriguez continues to dominate the national league by winning the second event in his home state, Castilla de... 続きを読む

Russ Finishes Top 10 at PWC Ager with the Mantra R07

March 31, 2019

Final results are in! Russ finished a very respectable 9th place, good job Russ! The R07 is working well and it's great to see such a new wing doing so well on the PWC. The Mantra R07 is Ozone's... 続きを読む

聖子がPWCを粉砕

August 17, 2015

先ごろスイスのディセンティスで開催されていたワールドカップで、オゾンチームパイロットの福岡聖子ナヴィルが、パラグライダー大会の歴史において女子選手として恐らく最も優れた成績を残しました。女子2位に1000点近くの差をつけた聖子は、スピードでのハンディをものともせず大部分の男子選手を打ち負かし総合で20位となりました。 オゾンパイロットは総合のトップ10に6人入り、地元のクリーゲル・マウワーに僅差でエンツオ2に乗るステファン・ヴィスが2位になりました。地元のスイス選手はいつものように上手く飛び、上位4位までを独占しました。大会は、あらゆる点で、驚くほど美しい景色の素晴らしいものでした! 総合結果と女子の結果です。 ではまた、チーム全員より。... 続きを読む

オゾンパイロットが表彰台を独占、トップ10に9人

April 8, 2015

熱戦が繰り広げられたバッサノで開催されたトレフェオ・モンテグラッパにおいてオゾンENZO2に乗るパイロットが表彰台を独占し、トップ10に9人が入りました。全成績はここでPDFファイルでご覧いただけます。 ルック・アーマンによれば、「大会は素晴らしい春のコンディションに恵まれすごかった。ヨーロッパのベストパイロットが殆ど参加する中、3本の高速で猛烈なタスクが行われた。」 女子優勝の福岡聖子、男子優勝のウルリッヒ・プリンツ、おめでとう!チームから祝福します!... 続きを読む

0
This weekend we will be back in St Hilaire du Touvet, France, for the 46th annual Coupe Icare and the 20th Anniversary of Ozone Gliders.
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
Please come visit us at the OZONE stand to talk about new products for 2020 and beyond. We’ll be announcing some new stuff for next year, and catching up with friends.
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
For more on our new products arriving imminently Hit the Link in BIO
4
"To be rock bottom... spiritually, mentally, physically. You have a lot of time to reflect on what your life is about, who you are, who the people around you are. It humbles you. Massively...”
A glimpse into Jezza Williams’s journey @makingtrax.co.nz, as he takes to the sky on his quest to make adventure sports accessible to everyone. ⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
A film by @we_are_explorers

Watch the full film "LIMITLESS" Hit the LINK in BIO
1
PWCA’s Ruth Jessop reports on task 3 of the World Cup in Pico do Gaviao, Brazil: “With another day of blue skies and sunshine, a 104.5 km task was set taking the pilots on a tour around the plains, returning to goal near Andradas.

Today had everything, great conditions, lift, convergence, sink, some super strong thermals, but at the same time, it was not too turbulent or bumpy. Flying with 50 vultures at the last turn point was the high point for many.
Unfortunately, overall race leader, Chigwon Won (Enzo 3), set off too early on his final glide so had to stop and climb. His late arrival in goal changed the overall leaders, giving three pilots in first place, making it still very much anyone’s race.

But for the youngest pilot in the race, Noah Locatelli (Zeno), leading out on the way to goal for a whole minute was, for any 17-year-old wanna be World Champion, a dream come true.

The goal field was a very busy place for four minutes as the top fifty all arrived within minutes of each other.

At the end of a lovely cross-country flight, with stunning scenery, 92 pilots made goal.
Average speed of the fastest pilot around the course was 32km/h”

Task 4 is a 100 Km Race to goal with many pilots already in goal. Report coming soon, stay tuned.

For full results visit: PWCA.org

Image by @simon_pellissier
1
TRY FLIPPING YOUR PHONE
Perspective ;)... 🇳🇴 -
Rider: @jamie_lee_speedflyer
Photo: @malachitempleton
6
“To kick off the Pico Do Gaviao 2019 Paragliding World Cup, a 70km task, zigzagging south west across the rolling hills, was set.

As soon as everyone got into the air, the first day nerves were blown away by the great thermals which, if anything, were a bit stronger than expected. The cycles were short and the ceiling was high, which made reading the clouds really important. There was very little wind until the last part of the race. In summary, perfect paragliding conditions.

From the beginning, there were different route options which divided the gaggles up. The end part of the race was nail biting as the lead gaggle got low and stuck and were overhauled by those behind.

107 pilots made goal within 1 hour and 7 minutes of each other”
Task 1 winners: Korean pilot Chingwon Won (Enzo 3), local pilot Marcella Uchoa (Enzo 3) @marcellauchoa and the Ozone Team.
For full results visit PWCA.org

Stay tuned for more.

Report courtesy of Ruth Jessop
Image by @xavlaporte
4
Fresh Canvas... -
Pilot: @manuelsiegrist
Photo by @sebschlegel
Location: Switzerland 🇨🇭 Glider: Zeno
4
“It was my first time flying down this particular tree trench, definitely plan to return and refine”
By @bridger_henriksen
13
The new GEO 6 is the lightweight version of the Buzz Z6. It delivers high amounts of passive safety in a lightweight adventure wing with True Performance throughout the entire speed range.
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
Modern construction techniques and a clever use of materials have saved 350 grams of weight compared to its predecessor, and all of the performance gains made in the Z6 project have been directly passed on.
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
20% Less Line Drag
Refined Shark Nose Profile
G-String Leading Edge
Double 3D Shaping
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
For more on the GEO 6 Hit the LINK in BIO
⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀
Video by @karlstezlick

ゼロのカラーオーダー

March 19, 2015

ゼロのカラーオーダーが可能になりました。最新のカラーオーダーデザインページでどのようなカラーをあなたがデザインするかを楽しみにしています。デザインされたカラーはフェースブックに載せたり、メールで友人たちとシェアしたり、実際に作ってみたいと思ったら最寄りのオゾンディーラーで注文することも出来ます。... 続きを読む

ヴァイパー3のビデオ

March 5, 2015

新しいヴァイパー3は効率と正確さの素晴らしい融合です。この最高のグライダーおよび空中からのショットに焦点を当てたオゾンチームによる最新のビデオをご覧ください: Vimeo:470,300,121272317... 続きを読む

オーストラリアの2015ブライト&コリオン・オープンのレポート

February 28, 2015

Fly Ozone Australiaにいる我々の友人から先ごろ終了したブライトおよびコリオン・オープン大会の詳しいレポートが送られてきました: 「2年ごとにブライトとコリオン・オープンは連続して開催され二つのエリアで2週に渡って充実したレースが繰り広げられます。今年は、レ-スに適さない天候とコンディションのために三日失っただけで、ブライトで5本、コリオンでも5本タスクが成立しました。 両エリアは強いサーマルコンディションがあり全てのパイロットを短時間でテイクオフさせることが出来ます。1タスクを除いてすべてはレースでした。ブライトではギャレス・カーター、ゲオフ・ウオン、ブライアン・ウエブそしてコリオンではギャレス・カーター、ゲオフ・ウオンそしてワリー・アルシディアコノからなるタスク・コミッティーが難しく技術を試すタスクを設定し、オーストラリアにおけるベストなフライトエリアの二つにおける素晴らしいレースを提供しました。 ブライト・オープンではオゾンM6に乗るフィンランドのユーニ・マコーネンがギャレス・カーターを2位に退け4連覇を阻みオープンクラスで1位となりました。エンツオ2に乗るイワン・アニシモフは3位になりました。上位10人にのうち5人がオゾングライダーに乗っていました。 カリ・ロバーソンが総合22位で女子1位となり、オゾンLM5に乗る韓国のウー・ヤン・ジャンが2位、そしてアメリカのメレディス・マロクサイが3位、デルタ2に乗るオーストラリアのカースティン・シートが4位となりました。 ファン、スポーツ、シリアルの各クラスではラッシュ4、デルタ2、アルピナ2、マントラM6が好成績を残しています。 Fly Ozone Australiaは大会期間中ショップ並びに修理工場を提供し、パイロットが翌日のタスクに参加できるように、大変忙しくラインやグライダーの修理をし装備品の補修を行っていました―地元のオナガイヌワシはバーでびっくりした瞬間や物語のきっかけを提供しました :) 大会結果はここで: Bright Open 2015 results Corryong Open 2015 results レポートをありがとう!選手全員を祝福します。 ではまた、チーム全員より。... 続きを読む

2015オゾンPGカタログ

February 12, 2015

2015オゾンカタログをオンラインで4か国語で見るかPDFファイルでダウンロードすることが出来ます。HPのダウンロードページに行くか、直接ここをクリックしてください。 我々のお気に入りの写真ならびに更新された製品情報をお楽しみください。 ではまたチーム全員より!... 続きを読む