Loading Icon Black

A PEEK AT THE ZEOLITE

The 2019 X-Alps equipment setup weighs in at under 5.5kg for wing, XC harness, and reserve. The Zeolite itself is just 2.85 kg. It is designed for use in the X-Alps race environment, which means small and unimproved launches, technical top-landings, small & restricted LZs, and strong alpine conditions.

From the R&D Team: “Forget everything you think you know about the compromises in 2-Line paraglider designs. The Zeolite is easy to launch, easy to land in small/restricted LZs, and has the most comfortable B-handle control we have experienced. This is a new breed of 2-Line design.”

We’ll post more info on this exciting new gear in the coming weeks, and we wish all of the athletes in this year’s race the best of luck.

Thanks to Manuel Nuebel for the review.

UK SEASON BEGINS!

While the PWC crew was gearing up in Brazil, Wayne Seeley & friends were chasing the first XC window of the year in the UK.

Wayne reports:

“The UK season finally kicked off. On March 24th, the forecast was good with a 1500m base predicted and a nice NW wind . A few of us launched our Zenos from Selsley common in the Cotswolds, Tom Cole and Ollie Clothier both made 100+km flights and me and Graham Steel made our declared goal of 155km finally landing at 162k after 5 hrs. A great start to the year!!!”

For Wayne’s flight click here

Congrats guys for such a good start. Cheers from all the Ozone Team.

2018 SUPERFINAL: BAIXO GUANDU, BRAZIL

The 2018 SuperFinal held in the jurassic landscape of Baixo Guandu, Brazil has come to an end.

The last day of competition was another day of sunshine and strong thermals. A 99km task took the pilots on a triangle through the region.

A mere seven points separated the first two pilots after 8 tasks, and there were 172 points between the top ten. It was a day for staying in the gaggle. It was a fast race at full speed between thermals, all the way round.

In the end was French Pilot and current World Champion Pierre REMY who took the win followed by his compatriot Julien Wirtz. In third place was our own R&D team member, Russell Ogden, who added another podium to his impressive career in XC Competition.

In the women’s category, it was OZONE team pilot Meryl Delferriere, from France, who took the win and finished seventh overall. In second place was Yael Margelisch(CHE) followed by Kari Ellis (AUS) in third. All winners flew Enzo 3s, with 8 out of the top 10 overall on OZONE.

Thanks to OZONE team pilot, Cody Mittanck, for the daily reports we have been sharing on our social media. Here is his final insight from the capstone of the 2018 comp season:

“We couldn’t have asked for a better day to cap an incredible week. Conditions were on from the starting gun and never let up. The pilot quality in the Superfinal is so similar that on these strong and fast days the majority of pilots arrive within only a few minutes of each other at ESS. Even though the point gap is very tight every point matters for those fighting for the podium and finishing well in this field of talent is no easy feat. At the last climb pilots cranked up the intensity, trying to get into the best position to maximize the lift. While simultaneously watching other pilots in their periphery. One extra turn and you can go from 1st to 60th in this game. From the last climb it was a pulley to pulley drag race. The crowds at goal saw a pack of wings slowly coming into view. From the ground it may look slow and peaceful but from the air holding full speed on a competition paraglider through turbulence is like dropping in on class 5 rapids in a kayak with no paddle and your hands overhead flying a kite.

We had 9 days of racing here in Baixo. The competition started with difficult and light days that caused even the local vultures to stay in their roosts and yet even on these days pilots managed to make goal. By the end of the week conditions were so strong it was a mistake to stop in anything less than 5mps. The top pilots managed to navigate the technical conditions while still being able to out maneuver the entire gaggle on the fast pace days. Well earned!”

For full results click here.

Congrats to all the pilots and cheers from the OZONE team

Russ Finishes Top 10 at PWC Ager with the Mantra R07

Final results are in! Russ finished a very respectable 9th place, good job Russ! The R07 is working well and it’s great to see such a new wing doing so well on the PWC.

The Mantra R07 is Ozone’s Competition Research wing, which a select group of top XC pilots are flying this year in National and PWC Competition. The feedback from our team pilots is that the R07 has solid performance with a very comfortable ride, and comparatively agile and easy handling.

Dav Dagault, Ozone’s designer, is constantly experimenting with the countless variables in glider design to achieve maximum performance and feeling from each wing. Knowledge gained from the R07 competition prototypes is immediately applied to current prototypes of our serial class wings. You’ll have to wait until 2008 to see what this year’s research has yielded, but for now we can say that the research is paying off 😉

Cheers from all the team!

2018ワールドカップスーパーファイナル

第10回パラグライディングワールドカップ・スーパーファイナルは2019年3月19~30日の日程でブラジルのバイゾ・グワンデュで開催されます。

バイゾ・グワンデュは見事な黒御影石の山々と記録破りの空におけるタスクを試してみることでパラグライディングワールドカップのお気に入りの目的地です。

今回はワールドカップがこの地を訪れる4回目となります(これまでの開催は、2013、2015、2018年)。ワールドカップはまた、非常によく似た地形の、近隣のカステロに4回行っています(2006、2008、2012、2016年)。必要であれば、ジェラシックパークのような景色、巨大な竹林とパイロットの背丈もある草のある、ブラジルの南東に位置するエスピリト・サント州は、パラグライディングのメッカです。これはまた、記念すべき第10回スーパーファイナルには、これらの珍しいモノライトのような黒い岩盤の上空を飛ぶだけの経験豊富な多くのパイロットが参加していることを意味しています。

ワールドカップのホームページ PWCA.org でこのスーパーファイナルに参加する2018年のトップパイロットの情報を見ることができます。

このスーパーファイナルに参加するパイロットの質は驚くほどです。これまでのスーパーファイナル勝者8人のうち6人が参加します。

男子6人、女子2人の計8人の世界およびヨーロッパチャンピオンも参加します。

29人の選手はワールドカップ大会で優勝しており(男子20人、女子9人)、48人の選手がワールドカップのタスクで勝利しています!

スタンダードがこれほど高くなることはないでしょう!

PWCAアプリで参加している全選手と共にオゾンチームパイロットのオノラン・アマー、ラッセル・オグデン、シャルル・カゾー、メリル・デルフェリーに注視していてください。ライブのコメントを読んだり、トラック情報であなたの応援するパイロットをフォローしながらこの驚くような大会で誰がリードしているかに注目してください。

さらなる情報に期待していてください。

Mantra 7 Now Available.

The Mantra M7 is a completely new design incorporating the latest Zeno and Enzo 3 technology in a tight, compact, 3-line package. The profile, planform, and arc are all evolved from the Zeno, and the aspect ratio is a more moderate 6.5. The M7 offer a level of agility, comfort and safety closer to the Delta series, with near-Zeno glide performance. Most importantly, it is an incredibly fun wing to fly!

This new design replaces the M6, and bridges the gap in our range between the Delta 3 and Zeno. It is a significant step up from the M6 in terms of performance, especially in accelerated flight, but with better collapse recovery characteristics, reduced pilot workload, and more cohesion in turbulent air. It is the ideal wing for experienced pilots stepping up to the D class who want the performance and pleasure of a modern 2-liner, but with more comfort, security, and confidence.

More info on the Mantra 7 product page

The Mantra 7 is ready to order from your local OZONE distributor

2019イギリスオープン、コロンビア

コロンビアのロルダニーヨで開催されていたイギリスオープンが終幕しました。

5タスクが成立し、勝利したのはイギリス選手として出ていた地元パイロットのユアン・セバスチャン・オスピナでした。2位にはポーランドパイロットのミハエル・ギエラッヒ、3位にはイギリスのマーチン・ロングが入りました。みんなエンツオ3に乗っていました。

イギリスパイロットのカースティ・キャメロンが女子クラスで優勝し、ハンガリーのアデル・ホンティが2位、スエーデンのヨハンナ・ハムネが3位と続きました。みんなゼノに乗っていました。

大会優勝者のユアン・セバスチャン・オスピナのレポート:

「多彩なコンディションの下、本当に強いパイロットが参加している中で5本の驚くべきタスクの後、イギリスウインターオープンで優勝できたことに大変興奮しています。私の2つの国、コロンビアとイギリスのトップパイロットの何人かを相手に私自身の真価を証明し、私が表彰台の立つのを皆が喜んでくれたことは本当に特別なことでした。

中でも最も良かったことは友人、家族そして妻のあふれるばかりのサポートでした。」

トップ10のうち9人がエンツオ3に乗っていました。全成績はここをクリック。

オゾンチーム全員から祝福します。

ラウル・ペンソが自国で勝利

オゾンチームパイロットのラウル・ペンソがヴェネズエラ北中部のプラシヴェルで優勝し2018年シーズンを終えました。

その後、彼は勢いを継続しメリダで開催されたオープン・アンデスで優勝し2019年をスタートしました。ラウルほどアンデスのこの地方を知っているパイロットはほとんどおらず、エンツオ3に乗り、言ってみれば彼の裏庭である場所で選手たちをリードしたことは何も驚くことではありません。

全成績はここをクリック。

オゾンチーム全員から祝福します。

ミッチ・ライリーがモナルカ2019で勝利

オゾンパイロットがメキシコのヴァジェ・デ・ブラヴォで開催されていた第15回モナルカ・パラグライディング・オープンを総なめ。

総合優勝のミッチ・ライリーのレポート:

「メキシコのヴァジェ・デ・ブラヴォは第15回モナルカパラグライディングオープンの開催地となりました。一週間を通して幅広いタスクとコンディションで飛びました。大会最終日の昨日、私は30点差で1位で、神経を落ち着かせ、プレッシャーを抑え、ただ単に楽しもうと努力していました。そしてそれはヴァジェエリアを回る92kmのタスクで素晴らしくうまくいきました。最初の1時間のレースは非常に速く、先頭のガーグルは強いリフトを速く上げてトランジットに移行しました。しかしモナルカに行く途中で、影が出始め、どんなに弱くても得られるリフトは利用し、上昇とグライドを最適化するモードになりました。最終日に栄光を探していたパイロットはコンバージェンスの端を突っ切り、絶望的になっていました。私はコンバージェンスに戻って、見つけられるどんなにわずかなリフトも捕まえ、ESSに向かって長いグライドに入りました。上手くいきました!日が遅くなるに合わせてスローモードに切り替えることでその日トップでゴールに入ることができ、大会での優勝を確実なものとしました。ハロルド・ウイルヘルム(2位、エンツオ3)、マシュー・ビーチノア(3位、ゼノ)、ビアンカ・ハインリッヒ(女子1位、ゼノ)そしてガンナー・サエブ(スポーツ1位)おめでとう。アラス・デ・ホンブレおよびニッキー・モスは進化する政治状況を上手く処理し、ガソリンが危機的状況であるにも関わらず、ヴァンに燃料を補給するという素晴らしい仕事をしました

全成績はここで。

オゾンチーム全員から祝福します。