Loading Icon Black

オゾンからあけましておめでとう!

パイロットが知っているように、人生は私たちが空中で経験する浮き沈みをしばしば再現します。2021年はオゾンにとってまたしても低高度からの復活で高く上がることができました。オゾンのパイロットらはコンペではあらゆる賞を総なめし、地球上の最も高い場所に飛び上がりましたがパンデミックのおかげでベトナムの工場では厳しい状況に直面しました。これにより、当社の製品を提供し、新しいモデルをリリースする能力に影響を与えました。しかしながら現在、完全な生産体制に復帰し、納期が改善され始めていることをお知らせできることを喜んでいます。

私たちのチームは、研究開発チームがこれまで取り組んできたエキサイティングな製品をリリースできるように、受注残となっている注文をできるだけ早く処理するように努力しています。今後リリースされる製品の簡単な最新情報をお知らせします。

ゼノ2は完成まじかで夏ごろにリリース予定です。2022年は2ライナーのEN-Cクラスがデビューする年になる可能性が高く、当然ながらオゾンはエキサイティングなモデルを引っ提げて、この新世代のグライダーの最前線に立とうとしています。ご期待ください!Google 翻訳 Swift6は、大成功を収めたRush6の足跡をたどります。スイフト6は大成功を収めたラッシュ6に追随するでしょう。ハーネスの開発も急ピッチで進んでおり、すっかり見直されたフォルザ2ならびに新しい初心者用ハーネスが完成を待っています。これらの製品のリリースがいつになるかは工場の進捗状況によるところ大ですが、それらすべてが待つだけの価値があるものだということは保証します。

いつものように、私たちの焦点は、オゾンを飛ぶすべての人に笑顔を保ち続けようとすることです。何卒ご辛抱とご理解を賜りますようお願い申し上げますと同時に、2022年のご多幸をお祈り申し上げます。高く飛翔されますように!

画像:この9月にラッシュ6でモンブランツアーを飛んでいるトーマス・ジャンニオ。

写真提供は Olivier Laugero @olivierlaugerophoto

HERNAN AND MARCOS SET NEW ARGENTINIAN TRIANGLE RECORD

On Saturday the 4th December, Ozone Team pilot Hernan Pitocco and our friend Marcos Rosenkjer set a new Argentinian Record, flying a 217.9 Km FAI triangle in  Patagonia.

Hernan reports: 

Tuesday November 30th I received an audio from Manu Canale informing me that there were two good flying days coming ahead in the Bariloche-Bolson area: December 4 and 5th. 

I´d already asked Manu to keep me posted as soon as he detected a good flying window in the complicated meteorology of the place. Flying days do not abound in Patagonia, but when they happen, it is one of the most amazing places that I have ever flown. Asap, I spread the good news in one of the WhatsApp groups that I share with friends interested in doing triangles or vivac in that particular area.  

There was no time to lose because Patagonia is quite far from where I live, 1700 km South of La Cumbre. Meanwhile, the only pilot from the group able to cut himself loose from his obligations and be ready like a soldier for the adventure in such short notice was Justo Firpo. The same day he confirmed, we purchased the air tickets Buenos Aires-Bariloche in the only flight available. I still had to figure out how to do the 800 km that separate my house in Cordoba from the airport in Buenos Aires. Since there were no seats in the only Cordoba-Buenos Aires flight, I had no other option but to hop on a bus. I traveled all night and arrived the next day in the morning. Finally, as I was boarding the flight, I wondered if all the hassle would be worth it.  

We arrived to Bariloche Friday December 3rd in the afternoon. We were welcomed with a great vibe by Leonel who also accommodated us in one of his apartments. To our surprise, he also pulled out a huge vinyl printed map of the area. Immediately, we stretched it on the floor and started brainstorming our flight! 

Then came Hernán Dilonenzo and a bit later Ernesto Gutierrez, two old wolves of the air from Bariloche with ample experience in the area, and they finished frying our brains out with all the info of the place! We had skipped lunch, it was getting late and we were quite worn out by the long trip so we went for a bite to the first place we found a couple of blocks away from where we were staying. We came back, left all our gear ready for the next day and finally went to sleep.

The alarm went off loud and clear 6 am that Saturday…Marcos Rosenkjer came to pick us up in his car and drove us to the base of the Cerro Catedral. The three of us trekked uphill for about half an hour with our backpacks to more or less half the height of the mountain. The idea was taking off as soon as the condition allowed it but it was mild, too mild, there was no sign of activity whatsoever, not even a single light breeze. It was like the air had altogether vanished. We watched a group of young pilots starting to take-off below us but no, nothing was going on. 

At around 11 am, the day seemed to get started. As soon as we were ready, we took off. It was 11 30 and the condition was good but the roof was still low and the thermal quite mild. We made good use of it and gradually began to ascend until we were mounted on the higher peaks behind, moving up with the topography.

We made one pass over the astounding needles that give the Cathedral Mountain its name. Then, we transitioned to the next mountain. The adventure had begun! There we were, Justo, Marcos and I, flying together as a team. The 3 of us were quite prudent at first but soon we started getting loose, together with our understanding of how the thermals worked. More or less, everything seemed to work. That is, were we looked, we found. Though nothing was very potent and we were always left with a final altitude between 2300 and 2700 meters. 

We started making our way ahead jumping from one mountain to the next. The valleys are very narrow, many of which have no access at all. We had to be careful to not be too low in any of them. They can be hard to escape.  

After three hours and forty five minutes, having passed an area of flight of unbelievable beauty that is also quite wild, we reached our first turning point. It was the farthest South we got in our route. We were over the Puelo Lake, in the watershed international border line. In fact, in those final kilometers before heading Northeast, we even crossed the border to Chile for couple of meters. That was a critical point in our flight. We were too low and were forced to drag ourselves across the Bolson Valley that is very wide in that part. That´s when we lost contact with Justo, who was a bit low over a hill trying to climb up again. 

Meanwhile, Marcos and I managed to reach the Southern tip of the Piltriquitrón Mountain, where we caught some nice bombs but they didn´t take us high enough. That rocky section of the Piltriquitrón was also the most turbulent part of the flight. I could see Marcos´ wing moving and feel mine, that´s when you are happy to be onboard such a safe paraglider as the Ozone Zeolite!    

From the mountains to the steppe, but first, we had to cross an area of almost unknown peaks. As far as I know, Marki Green is the person who most adventured himself into that area. Nevertheless, our route was way farther to the East than that.  

The topography had changed. The ground was becoming more and more arid, in all shades of brownish colors. Again I thought that being low and having to land anywhere in that section would be complicated. This was a recurring thought that I had. The best option, if worse came to worse, would be to spend the night in some hilltop and take off the next day. I was going over that thought, when all of the sudden, right when we thought that Justo had already landed in Bolson, we heard Justo´s voice on the VHF radio informing us that he was low in a complicated area and he was going to land. Immediately, we made sure to squeeze every drop of thermal we had to secure our height. It was getting late. The only indication that could lead us to close our triangle was a single line of clouds formed by a convergence that was even farther to the East than us. We rowed and rowed our boats until we finally reached it! That was where Windy had forecasted a 4300 m roof and so it was. We had reached that super roof at last! 

The temperature had dropped considerably. You could feel it in the hands, the nose and the forehead. But who cares! We just stepped on the speedbar and glided the straight 35 km line of pure bliss we had earned ourselves on that highway. A highway with awesome landscapes in the golden afternoon light. When we got off that street and looked back, we saw the clouds starting to dissolve. We had crossed in the brink of time!    

One final glide from an altitude of 4000 meters, where we could barely scratch the very last bubbles of the day and it was over. We landed on a nice set of fields with horses, a few kilometers South of the Nahuel Huapi lake. Before we could unbuckle ourselves from the harness, there was already an unknown pick-up truck waiting for us. Who immediately drove us back to town! 

For Marcos´ surprise, we had marked a new Argentine FAI record triangle! 

Justo´s story is worthy of a complete separate chapter. He spent the night in his sleeping bag on a hilltop, next to a lake, under a starlit sky. He admitted to hear feral sounds that night, and that in three opportunities, he turned his head hoping it wasn´t a puma! 

He managed to take off the next day and fly to an Estancia that happened to be owned by a Qatar prince. So the employees were ready to inform him that he could not be there and kindly helped him find a ride out, back to Bariloche with a Swiss guy who´s been living in Argentina for years buying sheep from all over Patagonia.  

Our buddy finally made it to Bariloche the next day at around 10 30 pm, with an interesting sheep stench. We got together in a bar to celebrate. We shared our experiences, ate and like it should, cheered with a well-deserved Patagonian draft beer”

To see Marco’s track click HERE 

 Congrats and cheers from all the team at OZONE!

ラス、オノ、ルックが世界選手権を総なめ!

ラス・オグデン、オノラン・アマー、ルック・アマン、全員オゾンの研究・開発チームのメンバーが世界選手権でそれぞれ総合1位、2位、3位を勝ち取りました。彼らは全員エンツオ3を新しいサブマリンハーネスで飛びました。

オゾンチームパイロットのヤエル・マルゲリッシュは世界の女王となり、われらの福岡聖子が2位、そしてクラウディア・ブルガコフが3位と続きました。全員エンツオ3に乗っていました。イギリスチームは初めて国別の表彰台の中央を獲得しました。

総合のトップ20位までの17人がエンツオ3に乗っていました!オゾンに乗っていたパイロットに感謝し、参加した全選手を祝福します。


ワールドカップ協会のラス・ジェソップのアルゼンチンでの最終タスクについてレポートしています:

「今日は青空と太陽の光で明けました。短く北にあがり、2つのターンポイントを経由して南に下る80kmのタスクが組まれました。

総合ランキングでは、全てがラッセル・オグデンとオノラン・アマーにかかっていました。女子ランキングではトップ10位までの誰もがタイトル争いが可能で、国別ランキングもまた多くの国にも勝利する可能性が残されていました。そのためテイクオフでの雰囲気はハラハラさせるものでした。

ステファン・モーゲンタラはレースの序盤をリードし、多くの選手が曇りベースのコンディションに苦しみランディングしている時にリッジ近辺で粘っていました。その後、コンディションが好転し彼はポジションを確たるものとしレースの最前線を支配しました。彼はリーディングポイントを100%ゲットしながらESを最初に切って、この日の勝利者となりました。

ラッセルとオノランは何度もランディングしそうになりながらコース中をお互いに抜きつ抜かれつ飛び続けました。

この日は風向が良く変わる、しばしば向かい風になるコンディションでした。ラッセルとオノランの息を飲むような低高度からの復活に記録的な選手軍団が群がりレースを続けました。最終的に彼らはESを1分32秒差で切りましたがオノランがタイトルを獲得するには十分ではありませんでした。

2007年に初めてブルース・ゴールドスミスがタイトルを獲得してから、新しいパラグライディング世界チャンピオン、ラッセル・オグデンがイギリスから生まれました。

初めてイギリスが国別パラグライディング世界チャンピオンになりました。ラッセル・オグデン、マーティン・ロング、イドリス・バーチ、セバスチャン・オスピナ、テオ・ワーデン(現ヨーロッパチャンピオン)そしてチームリーダーのジョッキー・サンダーソン、でかした。

素晴らしいレース展開をしゴールし総合でも18位となった新しい女子チャンピオン、ヤエル・マルゲリッシュ、良くやった。

レース前にヤエルは言っていました:波に乗ることは出来るけど、波は永遠には続かない。ここで良い結果を出して波の頂上に残りたいと望んでいた。非常に大きな波のおかげで任務は完了した!

この大会を組織し、そしてこのような成功に導いたすべての人々によくやったと言いたい。競技委員長のセルジオ・ブヤザ、大会委員長のマティアス・フォルティニはパンデミックの真っ只中で150人のパイロットを集めてパラグライディング世界選手権を実現してパラグライディングの歴史書に伝説的人物として記録されることでしょう!

ジャングルの地形と挑戦的な空のある素敵なロマボラに感謝します。近いうちにまた会えることを願っています。」

全成績は、ここをクリック。

オゾンチーム全員から全ての選手を祝福します。

オゾンはヨアヒム・オーベルハウザーをチームメンバーとして歓迎します

ヨアヒムは世界チャンピオン、ヨーロッパチャンピオンそして全国チャンピオンを獲得した世界でも数少ないパイロットの一人です。オゾンの長年の友人である彼は、カリスマ的で謙虚なパイロットであり、常に彼の周りのパイロットとアドバイスや前向きな雰囲気を共有することを好んでいます。

残念ながら母国イタリアの移動制限のため、ヨアヒムはアルゼンチンのロマボラで現在保有している世界チャンピオンタイトルを防衛することは出来ません。彼は2023年に世界の舞台に戻る準備ができているでしょう。

彼の今後のフライト使命ならびに大会において我々がサポートできることを期待しています。チーム全員から祝福します。

オゾン・コロンビア・オープン2022

1月15日から21日にかけて、ピエデチンチェにおいて最初のオゾン・コロンビア・オープンが開催されます。オゾン・シャーブル・オープンの遺産を引き継ぐ、この大会、過度に競争指向の強い環境のストレスやプレッシャーなしに、XCスキルを磨き、競技飛行の楽しさと興奮を体験したいパイロットにとって、楽しく教育的なイベントです。伝説的なXCコーチであるジョッキーサンダーソンが今後確定する師匠的パイロットと一緒に現場に出向き、毎日タスク前のアドバイスとタスク後の報告を行います。楽しさと学ぶことに集中して焦点を当てているので、これは飛行をレベルアップしたい中級パイロットにとって持って来いのイベントです。

エントリーはEN-C以下のグライダーに限られています。 

私たちが作成に協力した他の壮大なイベント(オゾンカリブ海オープン、オゾンクルシェヴォオープン)と同様に、これは地元の専門家が主催するプロが運営する大会です。エアノマッド・チームは2つのワールドカップ、2つのワールドカップ・スーパーファイナル、2つのイギリスオープン選手権、1つのFAI 世界選手権を含む数多くの国際大会をこの12年間に主催し成功させてきました。

この大会は平均的なイベントよりも小さく、参加人数が限られているため、できるだけ早く場所を確保することをお勧めします。エントリーは:  https://airtribune.com/ozone-open-colombia/

チーム全員から祝福します、熱帯地方でお会いしましょう!

コロンビアの冬:大会主催者のルチョからのアドバイス

この11年間で、コロンビアは冬の目的地として外国人パイロットの間でますます人気が高まっています。最大の理由はもちろん、北半球の冬の間、コロンビアはここ熱帯地方にある2つの夏の季節の中で最高のものを経験するということです。ここでパラグライダーのシーンが発展するにつれて、より重要な要素が浮かび上がってきました:カウカ渓谷の市民は、パラグライダーとその地域経済にとっての重要性を受け入れるようになりました。フリーフライトの訪問者の流入は経済を大幅に改善しました。市民当局と民間企業の間の協力は、インフラを強化し、地元の人々および訪問者の双方のために物事を改善しました。今日、コロンビアとカウカ渓谷地域は、優れた飛行条件だけでなく、安全で文化的に興味深い場所として認識されているため、良い旅行目的地となっています。

素晴らしい自然の風景、歓迎する地元の人々、そして繁栄する多民族社会は、ここを訪れるのに素晴らしい場所にしています:自然の驚異を探索し、多民族社会の幸福を交換することが出来ます。

コロンビアはパラグライダー旅行以上のものであり、あなたの快適ゾーンから抜け出し、どこへ行っても歓迎される本当の快適さを発見する良い機会でもありますーー空気を楽しむ場所ですが、もっと重要なのは、地上にいる間にシンプルな生活の意味を学ぶ場所であることです。

コロンビアは、一人で来ても、あなたの家族とあるいあなたの友人と来ても、大きく開いた腕であなたを歓迎します!もしあなたが他の活動に興味があるならエアのマッド・コロンビアにコンタクトを:

http://www.airnomadscolombia.com

第17回FAIパラグライディング世界選手権、トュクマン、アルゼンチン、11月2~12日

1991年、ロビー・ウイット―ルは史上初のパラグライディング世界チャンピオンに輝きました。

したがって、ここアルゼンチンで30年の世界選手権を祝うことができることを嬉しく思います。ほんの数週間前でさえ、誰もそれが開催できるとは思っていなかったので、この大会は特に特別です。競技委員長のセルジオ・ブジャザと実行委員長のマティアス・フォルティニは当時達成不可能と感じられた任務を主催してパラグライディングの歴史書に名を残しました。

大会は11月2日に始まります。競技日は最大10日あり、表彰式は11月23日に行われます。

大会はブエノスアイレスの北西1,250kmに位置するアルゼンチン北部のサンミゲル・トュクマンの町の近郊で開催されます。パイロットは、平野がアンデスの丘陵地帯と出会う場所であるロマボラの高さ1350mのジャングルの尾根から離陸します。 パイロットは、正面の平らな農地、つる性の植物で覆われた斜面、北の乾燥した平らな土地の上を飛行します。

FAIパラグライディング世界選手権は2年ごとに開催され、国別および個人のタイトルが与えられます。

各国のチームは最大5人(1人の女子を含む)のパイロットから編成されベスト2の得点で競われます。各国チームのメンバーに選ばれなかった選手でも、FAIの参加資格に合致すれば参加することは可能です。

この世界選手権は、多くの新進気鋭の新しいパイロットが彼らの代表チームでの地位を証明するチャンスになるでしょう。37か国からの150人のパイロットが参戦します。

南米の3つのチームは、表彰台の候補として際立っています。アルゼンチンは非常に熱い選手と多くの地元の知識を持ち明らかな本命です。ブラジルとコロンビアも、非常に最新調子の良いパイロットが多数いるフルチームを擁立しています。

ヨーロッパからはオーストリア、チェコ、ハンガリー、ポーランドそしてスイスが男子4人、女子1人のフルチームで参戦しています。彼らは最近ヨーロッパで再スタートした多くのワールドカップに参戦しています。

小さいながらも完璧に形成されたチームがたくさんあり、北マケドニアとセルビアは一見の価値がある2つと言えます。

アジアからは日本チームが参戦し、もっとメダルを望んでいます。韓国はこれまでのところ、ここにたどり着くまでにほとんどの時間:それぞれ120時間、を空中で過ごしてすべてのメダルを獲得しました。望むべくは、航空機の変更後、彼らの次の停車地はチームの表彰台になることでしょう。

米国からのパイロットは、最もキャンセルされたフライトの記録を保持しています。次の2週間のフライトはすべて予定どおりに離陸することは約束されています。

フランスチームは本命ですが、ロマ・ボラは彼らのチームプレーヤーの多くが慣れているアルプスの条件とは大きく異なります。ドイツチームは、この大会で最も経験豊富なパイロットとベテランの何人かと言った必要不可欠な要素を持っています。チームの競争は、単に個人としてではなく、チームプレーヤーとしてどのようにすればよいかといった戦術と知識に依存することがよくあります。

個人の戦いにおいては数名の本命視されている選手が参戦しています;2018年ヨーロッパチャンピオンのテオ・ワルデン;2017年世界チャンピオンのピエール・レミ;2016年ヨーロッパ、2015年世界チャンピオンのオノラン・アマー;2014年ヨーロッパチャンピオンのトルステン・シーゲル;2012年ヨーロッパチャンピオンのヤッセン・サヴォヴ。

総合ランキングで上位を狙い、女子表彰台に立ちそうなのは、元女子ヨーロッパおよび世界チャンピオンの福岡聖子・ネヴィル;元女子世界チャンピオンのクラウディア・ブルガコウ;そして元女子ヨーロッパおよび世界チャンピオンのペトラ・スリヴォヴァ。

2020年パンアメリカンチャンピオンのブラジルのラファエル・サラディニそしてアルゼンチンのシャオイン・カオも2012年アジアチャンピオンの平木啓子とともに本命視されています。

スコアリングに関して言えば、各パイロットのスコアは距離得点、時間得点そしてリーディング得点の3部分から構成されています。毎日最大得点1000点に対するスコアが得られます。

さらなる情報は、ここへアクセス: https://airtribune.com/17th-world-paragliding-championship-tucuman-argent/blog

こうご期待!

テキスト提供:ルス・ジェソップ

写真提供:ヴェソ・オフチャロフ

PWC LA RIOJA, ARGENTINA

The PWC in La Rioja, Argentina has come to an end after  four grueling tasks.

 French Pilot François Cormier (Enzo 3) was crowned a very worthy winner of the competition. He flew consistently well, always up with the leaders. He was in the top ten in all four tasks and fastest round the course in task 4.

Well done to the first lady, US pilot Violeta Jimenez (Zeno), flying in only her second ever World Cup. She was first lady in two tasks and 43rd overall.

Eight out of the top 10 overall flew the Enzo 3. 

For Full results go to: https://live.pwca.org/scores.php?comp=29

Congrats to all the pilots and cheers from the Ozone Team.

Images courtesy of Veso Ovcharov / PWCA.org

PWC AKSARAY, TURKEY, 4TH -11TH SEPTEMBER

We got off to a flying start in Gemona, Italy in June, with an exciting 7-task competition. Followed by four tasks in Serbia, where some of the younger pilots proved that they are the new paragliding force to be reckoned with. The Super Final in Disentis exceeded all expectations, adding a further seven tasks to the tally so far.

Next stop Turkey. With strong thermals, Aksaray promises to be a very exciting competition and a great place to launch the 2022 season.

Aksaray is a truly stunning venue with take-off on the flanks of the spectacular Hasan Dagi, a 3270m high, dormant volcano. Apart from the rugged, conical mountain the take-off is on, the flying is mainly over hot, dry, arid flat plains, with small hills and some impressive gorges. Racing is technical, switching gears often being the key to success.

Keep up with all the highlights and low saves at https://pwca.org and on the Live App at https://live.pwca.org

Text and photos courtesy of PWCA.org

ルックと聖子が2021ワールドカップ・スーパーファイナルで優勝

今年のレース並びにコロナによる中止によるためここ数年内での最も重要な大会がスイスのディセンティスで、オゾンのデザイナーであるルック・アーマンが総合で金メダルを獲得して閉幕しました。福岡聖子・ナヴィルが女子での金メダルを獲得しました(ワールドカップでの16個目、スーパーファイナルでの3度目のチャンピオン ! #GOAT)。

世界のトップコンペパイロット103人がアルプスの中心部に集合し、アルプスのメインリッジの岩だらけの山頂と氷河上空で7本のタスクを競いました。タスク距離の合計は500kmを超えました。

新たに作成したサブマリンハーネスのプロトを使用したルック・アーマンは3タスクでトップとなりスーパーファイナル総合チャンピオンタイトルを獲得しました。参加したグライダー間では、非常に競争が激しいものでしたが、パイロット達は、リュックの革新的なサブマリン・ハーネスのデザインが彼およびほかの2人のパイロットに重要な優位性をもたらしたと報告しています。

総合トップ10位:

1st  ルック・アーマン (エンツオ3, サブマリン)

2nd アーロン・デュロガッティ

3rd アドリアン・ハッヘン

4th ステファン・モーゲンタラ (エンツオ3)

5th バプテイスト・ランバート (エンツオ3)

6th クリスティアン・マウラー 

7th オノラン・アマー (エンツオ3, サブマリン)

8th ヨアヒム・オーベルハウザー (エンツオ3, エグゾシート)

9thジュリアン・ヴィルツ (エンツオ3, サブマリン)

10th フェルディナンド・フォーゲル (エンツオ3)

総合トップ10位までに7人がエンツオ3に乗り、今大会で使用されたサブマリンプロトの3人全員がトップ10に入りました。

女子トップ5人、全員がエンツオ3:

1st 福岡聖子・ナヴィル

2nd メリル・デルフェリエール

3rd ナンダ・ワリサー

4th ヤエル・マルゲリッシュ

5th コンスタンス・メテタル

トップ3チーム:

1st Ozone

2nd Gin Gliders  

3rd Niviuk 

全成績は: live.pwca.org/scores.php.

全パイロット並びに、これほどの驚くべき大会を開催したPWCを称賛します。

オゾンチーム全員から祝福します。

写真提供 Andy Busslinger / PWCA.org