Loading Icon Black

PWC AKSARAY, TURKEY, 4TH -11TH SEPTEMBER

We got off to a flying start in Gemona, Italy in June, with an exciting 7-task competition. Followed by four tasks in Serbia, where some of the younger pilots proved that they are the new paragliding force to be reckoned with. The Super Final in Disentis exceeded all expectations, adding a further seven tasks to the tally so far.

Next stop Turkey. With strong thermals, Aksaray promises to be a very exciting competition and a great place to launch the 2022 season.

Aksaray is a truly stunning venue with take-off on the flanks of the spectacular Hasan Dagi, a 3270m high, dormant volcano. Apart from the rugged, conical mountain the take-off is on, the flying is mainly over hot, dry, arid flat plains, with small hills and some impressive gorges. Racing is technical, switching gears often being the key to success.

Keep up with all the highlights and low saves at https://pwca.org and on the Live App at https://live.pwca.org

Text and photos courtesy of PWCA.org

LUC AND SEIKO WIN 2021 PWC SUPERFINAL

The most important race of the year, and of the last several years due to Covid cancellations, has just wrapped up in Disentis, Switzerland, with Ozone designer, Luc Armant, winning overall gold.  Seiko Fukuoka Naville took the women’s gold medal (her 16th PWC gold and her third Superfinal champion title! #GOAT).

103 of the world’s top competition pilots were reunited in the heart of the Alps to fly seven tasks over the rocky peaks and glaciers of the Alpine main ridge. More than 500kms of task distances were set. 

Flying his new Submarine prototype harness, Luc Armant, won three tasks and the overall Superfinal Champion title. Despite a very competitive glider field, pilots reported that Luc’s innovative Submarine harness design delivered a significant edge to him and the other two pilots flying it. 

The top 10 overall:

1st  Luc ARMANT (Enzo 3, Submarine)

2nd Aaron DUROGATI

3rd Adrian HACHEN

4th Stephan MORGENTHALER (Enzo 3)

5th Baptiste LAMBERT (Enzo 3)

6th Christian MAURER 

7th Honorin HAMARD (Enzo 3, Submarine)

8th Joachim OBERHAUSER (Enzo 3, Exoceat)

9th Julien WIRTZ (Enzo 3, Submarine)

10th Ferdinand VOGEL (Enzo 3)

Out of the top 10 overall pilots, seven were flying Enzo 3s and all three Submarine protos in the event made the top 10. 

Top 5 ladies, all in Enzo 3:

1st  Seiko FUKUOKA NAVILLE

2nd Meryl DELFERRIERE

3rd Nanda WALLISER

4th Yael MARGELISCH

5th Constance METTETAL

Top 3 Teams

1st Ozone

2nd Gin Gliders  

3rd Niviuk 

For Full results visit: live.pwca.org/scores.php.

Congrats to all the pilots and to the PWC for such an amazing event.

Cheers from all the Ozone team.

Photos courtesy of Andy Busslinger / PWCA.org

オゾンからの新商品‐サブマリン

ワールドカップのスーパーファイナルがスイスのディセンティスで行われており、オゾンチームパイロットの3人が過激的に新しいハーネスデザイン:サブマリンで参戦しています。

オゾンの設計者であるルック・アーモンは、次のように述べています。「このプロジェクトの背後にあるアイデアは、安全性を損なうことなく、完全に膨らんだ囲いでパイロットを覆うことで抗力を大幅に減らすことでした。

最初のプロトを2006年に作りました。それはちょっと滑稽で黄色のハーネスで、いくつかのローカル大会で飛んでいました。いつしか人々は”イエローサブマリン”と呼び始めました。それは私がオゾンに入る前で、ブルース・ゴールドスミスにも一つデザインし、彼は2007年の世界選手権で使用しました。

2017年にプロジェクトを再開しましたが、プロジェクトを実行可能な製品にするためには、構造上および空力上の大きな問題を解決する必要がありました。開発しプロトをテストするために、共同開発者のフレッド・ピエリと膨大な量のコンピューター作業と造形が費やされました。

コロナにより工場を閉鎖する前に何とか3つのハーネスをスーパーファイナルに間に合わせることが出来ました。それらでトレーニングしてその性能を十分評価する時間はありませんでしたが、この新世代のハーネスを最高レベルの大会でテストするための準備は整ったと感じています。」

このプロジェクトの開発作業は、スーパーファイナル後の数か月にわたって継続されると予想しています。オゾンチーム全員から声援を送り、スーパーファイナルの全選手に幸運を祈ります。レースをフォローするのを楽しみにしています!

PWCスーパーファイナル、スイス

長いこと待ち望んだパラグライディング・ワールドカップ・スーパーファイナルが2021年8月7日~18日の日程でスイスのディセンティスで開催されます。

史上初のアルプス開催となるスーパーファイナルは、劇的な雪に覆われた山々の素晴らしい景色に覆われた、ディゼンティス上の牧草地からスタートします。

クロスアルプスのスーパースターから現世界並びにスーパーファイナルチャンピオンまで、この大会には2019年ブラジルのバイショグアンドュで開催された前スーパーファイナル以降の全ての大会のトップ中のトップが一堂に会します。

その後の8回のワールドカップのうち6回の優勝者もディセンティスに出場し、究極のタイトルを獲得しようと高くかつ速く飛行します。

しかし、おそらく最も印象的なのは、この大会に2014年以降のすべてのスーパーファイナルチャンピオンが参加していることです!

ディセンティスで開催された3つのワールドカップ(2015,2017,2020)の優勝者は全てスイスのパイロットでした。今回はエメンタール(スイスチーズ)、コンテ(フランスチーズ)あるいはパルメザン(イタリアチーズ)か、それとも全く違うキムチか?

フライトに関してディセンティスは氷河、ギザギザの山々、そして素晴らしいパラグライダーのイメージを思い起こさせます。フライトは極めて多様で、非常に戦術的に興味深いタスクを提供します。テイクオフの背後にあるハウスサーマルのリッジは、120 kmのトライアングルおよび多くの広大な眺めの飛行の出発点であり、そこで飛ぶすべての人に一生続く夢を残します。

23のワールドカップパートナーのいるチームコンペでは、空想にふける暇はありません。これまでで最も挑戦的なチームコンペでオゾンチームとして飛ぶ4人のパイロットをフォローしてください:https://pwca.org/events/2021-11th-world-cup-superfinal-switzerland-disentis/results?#content

パラグライディング大会が良く分からない向きにはライブの解説がサーマルごとの説明をしてくれます。解説同様、ここPWCAライブアプリ:https://live.pwca.org (現在はウエブアプリ)でトラッキングを見ることが出来ます。

テキストならびに写真はPWCA PWCA.org の好意によります。

シンクレート エピソード1

我々の友人でチームパイロットでもある、ニック・グリースが新たなフライトシリーズ”シンクレート”をスタートしました。最初のエピソードとして、ニックは新しいデルタ4を開梱する前に、パラグライダーチャンピオンの朝食について解説します。いただきます!

レーン・マティスによるビデオ

オゾン・シェランオープン

2021オゾン・シェランオープンは4本の驚くべきタスクを行って終了しました。

これはEN-C以下の大会で、何人かの米国のトップコンペパイロットのアドバイスが受けられるものでした。毎日、ニック・グリースジョシュ・コーンミッチ・ライリーおよびマシュー・ヘンジが知識と経験を分かち合い、タスクをよりよく飛ぶためのアドバイスを提供しました。

総合優勝はアルピナ4に乗るミッチ・ライリーで2位にジョシュ・コーン(アルピナ4)3位にニック・グリース(デルタ4)が続きました。

女子ククラスでの優勝はガレン・カークパトリックでアレクシア・フィッシャー(デルタ3)、アンニカ・ヘンドン(アルピナ4)が続きました。

オゾンチームパイロットで総合優勝のミッチ・ライリーのレポート:

「先週、ワシントン州東部の空でアルピナ4でレースするのは、とても楽しかったです!Racing the Alpina 4 around the skies of Eastern Washington for the last week was a blast!! オゾングライダーとこのアドバイスを含む大会を実現してくれた大会委員長のマット・シニアおよびすべてのボランティアに感謝します。多くの人にEN-Cのグライダーでレースをするのはどんなものですかと聞かれました。レース、決断、そして興奮は、どんなパラグライダーでレースするのと同じように感じました。来年も戻ってきます!アルピナ4/デルタ4の性能はそれ自体が物語っています;すべてのタスクで勝利し表彰台を独占しました。グライダーは最高です!!!」

全成績はここで: https://airtribune.com/ozone-chelan-open-2021/results

すべてのパイロットにおめでとう、オゾンチーム全員から祝福します。

来年またお会いしましょう!

空撮はドニゼタ・レモスの好意によるものです

2021 AEROBATIC WORLD CHAMPIONSHIPS

The 3rd FAI Paragliding Aerobatic World Championships, in Trasaghis, Italy: Ozone team pilot, Horacio Llorens, and his cousin, Raul Rodriguez, won the gold medal in the synchronized category, and Horacio took silver in the solo category.

Raul, the first ever World Champion in 2006, finished the event in a cast covering a broken fibula after a hard landing in the raft.

Six time World Tour Champion, Horacio Llorens, reports:
“These medals are really meaningful to me. Gold in Synchro with my cousin and master Raul Rodriguez who taught me everything in this sport. Silver in Solo, two years after my accident, I can’t be happier with this result. My country took bronze in the Nations ranking thanks to great team work with @pabloandreu89 , @alvacromr and @raul_rodriguez_acro. Congratulations to the Solo World Champion Bicho Carrera who gave his best and proved he has a bright future. A massive congrats to Luke De Weert, the best newcomer to join the most important podium, well done bro!

Thanks to all the pilots and the organizers for such a great event. I can’t forget my love @mariaduelo who supported me in such a difficult and long competition. And of course special thanks to Ozone Paragliders who prepared a new proto Session15m for me in a record time to be ready for this competition!
Now it’s time to go back to Organya, for what? To keep training of course!
-Va por ti Alejandro- 🥇🥈🥉

Congrats Horacio and cheers from all the Ozone Team!

Video by Allen Candela

PWC Kopaonik, Serbia

The second stop of the 2021 PWC in Kopaonik, Serbia has come to an end after four valid tasks.
Ozone R&D pilot, Honorin Hamard reports:

“The PWC in Serbia has finished with a really good score for the Ozone team, 1st place with Honorin Hamard, Stéphane Poulaine, Julien Wirtz and Meryl Delferriere .Eight Enzo 3s in the top 10, with 2 on the main podium with Julien Wirtz second and Honorin Hamard third.

One full Ozone girls podium with Marcella Uchoa in first followed by Méryl Delferrière in second and Constance Mettetal in third.4 very difficult tasks, not so many pilots in goal, amazing views on the plateau to go to A11 which was our 2 last tasks goal…

It was great to share with all the pilots a good race like this one, especially in these times. We played football together and fought for the thermals !”

For Full results go to: https://pwca.org/…/2021-world-cup-serbia-2021…/results

Congrats to all the pilots and cheers from the Ozone Team.

Next PWC stop: Disentis, SwitzerlandStay tuned!

Images courtesy of www.PWCA.org

Red Bull X-Alps 2021

The toughest adventure race on earth has come to an end. Athletes battled their way from Salzburg, Austria to Mt Blanc, France, and back to Zell am See, Austria, via 12 turn points in five countries.

At 1,238 km, it was the longest race in the X-Alps‘ history.

Ozone would like to congratulate all of the athletes who trained and committed to this grueling adventure, and a huge thanks to the pilots who chose Ozone for it. It was an honor for us to support Yael Margelisch , Laurie Genovese , Benoit Outters , Maxime Pinot , Michael Gierlach, and Cody Mittanck .

Images courtesy of Red Bull X-Alps

For more visit www.redbullxalps.com