Loading Icon Black

NEW XC ROMANIAN RECORD-345 KM

On July 8th, Igor Casu set a new Romanian distance record (345 Km) on his Enzo 3.

Flying with Igor was Stelian Popescu who flew 341.5 km on his Alpina 2.

Igor reports:

“The first climb was consistent and turbulent, but it was premature to say we cracked “The day-workflow”. After 2 thermals, all pilots split in 3 groups, our group consisted of 7 pilots with B/C/D/CCC wings. Due to shear turbulence the thermals were shreded and it paid off to stay glued in Gaggle. We cried of joy as we hit together the 100 km mark after 2,5h of flight and some tricky low saves for some of us.

As I was on my Enzo, I announced the “Gang” that I will search for the next climb and wait for them in the thermal. I headed to a good looking Cumulus but it died and I found myself low and alone. Still I cruised at 70km/h covering distance and hoping to find something on my way. Soon I hit a 6m/s “screamer” that catapulted me to cloudbase. The mark of 200km was reached in the vicinity of my wife’s parents house, I thought: should I land? I will be culinarily spoiled but the odds unfold in favour of further flying.

I lost sight of my friends but soon enough, 3 of them, caught me up, which is in fact amazing as the pilots remaining airborne together were flying lower class wing, which proves that “Collective thinking” pays off and the Gaggle outmatches a higher rated wing. We saluted and I switch to buddy-flying mode extending our thermal sniffing capabilities. The wind intensified to steady 43 km/h, thermals of 2-3 m/s were soft-edged  so we could touch the previous national record milestone of 284 km being still at 1.900 m. ASL. Burst of happiness kicked in and we shouted happily as beyond that it was only the new Romanian record flight.

After 6 hours of flight, the thermals got weaker and it was time to squeeze each thermal and to drift with wind. At some points it was wiser to circle in -0,5 m/s still covering the ground with an average of 40km/h. We decided to set on the final glide at 310km from 1.950 m ASL, and due to evening restitution we had a +30 kms glide landing with a bit of bar pushed against the wind.

With 7 pilots breaking the 300 km barrier we proved that with a good day and a likeminded group we can get further”

Congrats guys and cheers from all the Ozone Team.

For Igor’s flight track: 

https://www.xcontest.org/romania/zboruri/detalii:Ubitron/8.07.2022/08:40

Stelian Popescu’s flight track:

https://www.xcontest.org/romania/zboruri/detalii:Stelian/8.07.2022/08:56

Photos courtesy of Igor Casu

LUC, MERYL, AND THE FRENCH TEAM WIN EUROPEAN CHAMPIONSHIPS.

The 16th FAI European Championship in Nis, Serbia, has concluded with six valid tasks. It was a hotly contested event flown in challenging conditions. During the last task, Ozone designer, Luc Armant, crossed the speed section 1 min and 36 sec ahead of Maxime Pinot, who had led the race since day one. This gave Luc the necessary points to win the championship at the final moment.

Luc’s consistency along the competition was the key to his win. Maxime Pinot took second, followed by Ozone R&D pilot, Honorin Hamard, in third. All flew the Enzo 3. Luc and Honorin flew the new Ozone Submarine harness.  

In the women’s category, Ozone team pilot, Meryl Delferriere, took top honors. She also finished 7th in the Overall. 

France was the winning nation, followed by the Czech Republic and Italy.

The new European champion, Luc Armant reports: 

“This European championship in Serbia has been the best FAI competition I have participated in so far, both in term of flying and spirit. Great organizers, great spirit between pilots and between teams. Great tasks with high cloud base over mixt terrain of hills and flats, some of them tricky but still reasonably safe.

On a personal level, I did not try to win this comp but instead just wanted

to ensure points for the team without taking too much strategic risk. I’m

very cautious in this sort of terrain that I still struggle to predict.

Similar to my recent other victories, I was lucky that things aligned on the last day, to finally catch up the overall leader. On top of luck, I was also helped by a great team communication, a great coach,

a wing that I know very well (and has won all major events since 5 years)

and the extra glide given by the submarine”

For full results visit: https://civlcomps.org/event/ECHSerbia/results

Congrats to all the pilots and cheers from all the Ozone Team.

BAPTISTE, CHARLES AND THE OZONE TEAM WIN IN MACEDONIA

The PWC in Krushevo, Macedonia has come to an end after seven valid tasks.

Ozone team pilot, Baptiste Lambert , was the overall winner followed by his teammate Charles Cazaux in second. They flew the Enzo 3 & the Submarine. Third place went to Daniel Tyrkas, also flying the Enzo 3.

In the women’s category, Constance Mettetal took the win followed by Keiko Hiraki (Enzo 3) and Kirsty Cameron (Zeno 2) in third. 

The team winner was the OZONE Team. 

PWC’s Ruth Jessop reports:

With another day of blue skies and lots of sunshine a fast 85 km corridor task was set taking the pilots south, almost to Greece.

With initial climbs maxing out at 2600m, the day and subsequently today’s task started with a super gaggle all compressed tightly up against each other before the start opened and the mass of wings descended onto turn point one as one huge mass.

Ping-ponging between turn point one and two the group held its form well, but at the transition to the third turn point the flats appeared to be the crux and soon enough the gaggle became two and some scattered stragglers.

There were some great climbs in the flats up to 4.5ms and, while not all were as giving, there was an abundance of lift.

The lead gaggle had put some space between themselves and the second gaggle by the transition to the last turn point. True to form this week. the leaders got stuck just before the end of speed and were overtaken by the following gaggle, radically changing the scores. 

The final glide was buoyant and provided a lifty line in for many and a full bar ride to ESS before a glory glide to goal.

What an amazing week. This is only the second time we have had a seven-task competition in Europe. The pilots flew a cumulative 70618 km, more than 1.75 times around the world.

What a stunning performance from Baptiste Lambert winning his third World Cup here in Krushevo. He was in the top 2 in 5 out of the 7 tasks! This morning he knew that he could stay in bed and still win.

Charles Cazaux improved on his 3rd place, in the 2012 World Cup here in Krushevo, by coming 2nd this time.

Well done to Constance Mettetal winning her third World Cup, coming 5th overall in task 6.

Keiko Hiraki was 2nd lady here in 2014, and 2nd lady here again in 2022.

The pilots enjoyed an amazing variety of scenery from lakes, hills and mountains to the wide expanse of corn fields and sun flowers smiling up at them.

Thank you to the people of Krushevo for letting us share their beautiful village and their wonderful blue skies”

For Full results go to: https://live.pwca.org/scores

Congrats to all the pilots and cheers from the Ozone Team.

Photos courtesy of Paragliding World Cup – PWCA

パラグライディングワールドカップ、マケドニアのクルシェヴォ、2022年7月14-19日

2022年7月14~21日、マケドニアのクルシェヴォで開催されるパラグライディングワールドカップ。パラグライディングワールドカップの30周年を祝い続ける中で、私たちがお気に入りの会場の1つに戻ることは非常にふさわしいことです。山岳リゾートであるクルシェヴォはこれまで、2つのワールドカップ(2021年と2014年)、世界選手権、ヨーロッパ選手権そして数えきれないほど多くの国内戦を開催してきました。

手入れの行き届いたテイクオフエリアは、強風の中でも、多数の競技者が参加する国際的なイベントでのテイクオフを可能にしています。

クルシェヴォのメインの尾根は、平原でのタスクに最適な出発点となります。正面の広がる平原は、一見無限のルートの選択肢を提供する素晴らしいアリーナです。また、風に非常によく対応する大きく安全なパラグライダーの遊び場での同心円や回廊タスクにも最適です。

寛大なリフト(3m/sから7m/sまで)と大きなコンバージェンスラインが出来るので、分析と活用が非常に興味深い飛行エリアになります。

したがって、クルシェヴォ2022が今年のカレンダーで最も人気のある会場の1つであることは当然のことです。参加するパイロットのほぼ半数が、可能な限り最高の資格である文字Aを持っています!詳細は、 www.pwca.org

文章提供ルス・ジェソップ

写真提供ウルリク・ジェソップ

オゾン・シャーブルオープン2022

楽しい4日間の飛行を終え、第15回オゾン・シャーブルオープンが終了しました。 

総合優勝はアルピナ3に乗るスティーブ・モンフォールでした。スティーブはまた大会Tシャツに採用されたデザイン提出したため、無料でのエントリーを獲得もしました。2位には二コラ・モエクリそして3位にはマット・ワイクス(スイフト5)が続きました。

女子クラスでの優勝はリサ・デイビス(デルタ4)となり、2位エヴァ・ヘネマン(スイフト5)3位アンナ・ヘイダース(アルピナ4)が続きました。

参加者と主催者は皆、それが素晴らしい飛行の1週間であり、シャーブルの真髄である南アルプスで多くの知識が共有され友情が築かれたことに同意しました。

全てのパイロットを祝福し、オゾンチームから称賛します。

全成績は: https://airtribune.com/oco2022/results

ヨアキムとオゾンチームがルーマニアワールドカップで勝利

5タスクが成立し、2022年の3戦目となるルーマニアのクロポティヴァで開催されたワールドカップが終了しました。

すべてのパイロットと主な受賞者、ヨアキム・オーベルハウザー、コンスタンス・メッテタル、OZONEチームを祝福します。

ユアキムはエンツオ3とサブマリンハーネスで飛んでいました。

全成績は: https://live.pwca.org/scores/

次なるワールドカップは:マケドニアのクルシェヴォです。こうご期待!

写真提供は www.PWCA.org / アンデュ・イヴァン / ルリア・ユルカ

ヨアキム、アルベルトそしてシルビアが2022イタリア選手権で勝利

オゾンチームパイロットのヨアキム・オーベルハウザーはイタリアのフェルトレで開催されていた2022イタリア選手権で優勝しました。

ヨアキムはエンツオ3/サブマリンで飛び、表彰台を2位のデニス・ソヴェリニ(エンツオ3)と3位のクリスチャン・ビアジ(エンツオ3)と分けあいました。

イタリアのチームリーダーのアルベルト・カスタナは新品のゼノ2に乗り、連続2回目となるシリアルクラスで優勝しました。

女子クラスの優勝はシルビア・ブッチ・フェラリ(エンツオ3)でした。

全成績は: https://airtribune.com/monteavena2022/results

オゾンチーム全員から祝福します。

クール・デュ・サヴォアでのプレ世界選手権でオノイランが優勝

「フランス選手権でツリーランをして2位になった後、私は跳ね返して、クール・デュ・サヴォワでのプレ世界選手権で良い戦いをしなければなりませんでした、特に精神面で。

それは成し遂げられました。この最新の大会で3ポイントの僅差で優勝しました!!!

今年のスタートはどうしたことか、5つの大会の内、3つで優勝、2つで2位でした。これほどとは期待していませんでしたが、私はそれをもちろん受け入れます!

この勝利により、私は次の大きなステップである7月末にセルビアで開催されるヨーロッパ選手権に向けて興奮させられました。

この素晴らしい大会を開催してくれた主催者並びに皆様に感謝します。2位と3位になったジュリアンとティム、そして女子で優勝したカプ、おめでとう!!!」

オノラン、おめでとう。チーム全員から祝福します。

オノランはゼノ2に乗っていました。

プレ第18回FAIパラグライディング世界選手権の成績は:

https://civlcomps.org/event/18th-pgworlds-test-event/results

オゾン・クルシェヴォ・オープン2022

第4回オゾン・クルシェヴォ・オープンは2022年9月3-9日の日程で開催されます。

このコンペティションは、ストレスのないパラグライダークロスカントリーコンペティションである伝説的なオゾン・シャーブル・オープンの精神とモデルに基づいてデザインされており、XCの詳細なコーチングと達成可能なタスクの設定を通して楽しみと学習に重点を置いています。

このイベントは、シャーブルと同様に、主としてXCの経験が少々あり、もっと大会に参加したり、XCスキルをさらに磨いたりしたいパイロットを対象としています。ジョッキー・サンダーソンによる毎日のブリーフィングとデブリーフィングは、楽しいXC飛行に最適な場所で、1週間にわたる集中的な学習の舞台を提供します。

グライダーのアスペクト比によるクラス分けは、ファン、リクレーションそしてスポーツが含まれます。また、ルーキー並びに女子クラスもあります。

クルシェヴォ地域には、成功した大会タスクの長い歴史があります。9月初旬はXCフライト気象として理想的で、この場所の歴史は多くのkmにわたるフライトを示唆しています―ぜひ参加してください!

エントリーはすでにオープンしています: https://airtribune.com/ozone-krusevo-open-2022/info

写真提供、ジョッキー・サンダーソン

ラファがホームで勝利

オゾンチームパイロットのラファ・サラディーニは、ブラジルのゴヴェルナドー・ヴァラダレスで祝われたパンアメリカン選手権で2回連続して優勝しました。

彼のレポートです:

「パンアメリカンを2020年と2022年と2回続けて獲得するというこの贈り物を受け取ることに本当に興奮しています。

私は、より精神的および感情的に忍耐力を強くするために自分自身を訓練してきました。技術的にどれだけ上手になっても、精神的に強くなければ、卓越したパフォーマンスと精神的/感情的な忍耐力の融合された概念に近づくことはできません。そして私にとって、それがパラグライダー競技のすべてです。

ロルダニリョの7日間のワールドカップの後、共に驚くような7タスクが成立したブラジル選手権とバイショグアンデュでのワールドカップがありました。私の家族は、私が何日も離れていることに疲れ果てていました。私の妻と2人の子供はひどく病気で私の存在が必要でした。妻が私に行っても良いと言ったのはパンアメリカンのたった2日前でした。

4歳の娘のエヴァは、私が出かける前に叫びました!「また出かけるなら、勝って来なさい!!!」

その瞬間から、プレッシャーがかかりました!!

私が最初のタスクで2番だったことを伝えると彼女はひどく動揺しました。「パパ、勝てるようにロケットに変身して。」

そして2番目のタスクに勝ち、彼女を満足させるために選手権にも勝ちました。エヴァは私が金メダルを取ったことを知った今、やっと私が家に帰ること許してくれました。

1週間を通して、私は本当に具合が悪かったので、いつもの運動を続けることができませんでした。それを補うために、毎朝朝食前に15分間瞑想し、チェスアプリのレベルマスターであるナオムとの約束を義務付けました。毎朝、頭の体操としてタスクの前に6から8ゲームをしました。もちろん毎回負けました。

何回もナオムに話しかけようとしました。

しかし残酷にも彼は無言です。

彼の手は、非情な教え方です。

コミュニケーションの唯一の方法はゲームをすることです。

対戦相手にはチャンスがなく、彼はゲームを支配しています。

決してナオムに勝つことはありませんでした。おそらく400回以上対戦したと思います。負けるたびに、学習します。”もう少し”と言う結果のたびに勝てる可能性が沸きます。数えきれない無言のトライと苦い”もう少しで勝利”の後、前日のタスクに勝利したこの最後の水曜日の朝、大声で叫びました:

チェックメイト!!

初めてナオムに勝ちました。偶然かどうかは別として、チェスのレベルが上がるにつれて私のパラグライディングのレベルも上がります。私はそれについて本当に満足しています…」

ラファおめでとう、オゾンチーム全員から祝福します!

全成績は: https://civlcomps.org/event/5th-fai-pan-american-paragliding-championship/results

写真提供ラファ・サラディニおよびニック・グリース