Loading Icon Black

オキシジェン2およびオキシジェン2+:安全勧告

全てのオキシジェン2およびオキシジェン2+に関して。

レスキューの引き出しシミュレーション時にベルクロアタッチメントからトグルを取り外すのが困難で、レスキューを正常に引き出すことができなかったことが報告されています。

時間の経過とともに、ベルクロのオスとメスが非常に強固に貼りつく可能性があることをパイロットに注意喚起したいと思います。このため、毎日および飛行前のチェックの一環として、またリザーブピンのチェックと同時に、ハーネスの側面にあるメスのベルクロアタッチメントからトグルを引きはがしてからまた貼り付けることを強くお勧めします。このプロセスを数回繰り返すと、結合効果が弱まり、レスキューの引き出しプロセスが容易になります。

さらに、パイロットは、図のように、トグルの前部をハーネスに固定しているメスのベルクロテープを切断する必要があります。 こうすることで、システム全体の摩擦レベルが低下します。

 

.wp-block-image figcaption { color: white; }
毎日のチェックの一環として、トグルを引きはがしては貼りつける動作を数回繰り返します。
ステッチの前にある余分なベ
ルクロテープを切り取ります。

ステッチはそのまま残しておきます。

レスキュートグルの取り付けまたは配置が不適切な場合、ピンが引き抜かれる前にトグルストラップに張力がかかり、ピンの引き抜きが制限される可能性があります。レスキューインナーの側面にある取り付けループにトグルを取り付け、トグルストラップが確実に正しく配置されていれば、このような事態が発生する可能性が低くなります。したがって、レスキューインナーの側面にある取り付けループ(ある場合)にトグルを取り付け、トグルストラップに張力がかかる前に確実にピンが引き抜かれることを確認することをお勧めします。

 

間違っています。。トグルストラップが小さなベルクロパッチの下側に配置されていることを確認してください。
正しい配置
レスキュートグルは、レスキューインナーの側面にあるループに取り付けることをお勧めします。

ハーネスとレスキューシステム全体を定期的に徹底的にチェックすることを忘れないでください。 システムが正しく機能していることを確認するために、定期的に引き出しテストを実施してください。

Download PDF